赤そば(2)2012年08月07日 21:03

が出た~

       朝は小さかったのに夕方にはこんなに大きくなって
                       おお~茎が赤くて太い! 元気に育ってネ
赤そばの芽

 
       
       アップで見ると
 
      
赤そばの芽
 
 

       鉢植えにも芽が出た             
赤そばの芽
      
   

いちばん雑に蒔いたプランターのがいちばん早く芽が出ました。
他のプランターも土が盛り上がっているので明日には発芽か?
植物も自然の力と本来の生命力にまかせ、人がやたらに手を加
えてはいけませんネ。

昔からの格言で、「そばは土用の土を3日かぶればいい」と言
われています。
つまり、どんなに暑くなって乾燥していても土用のころに種を
蒔くと3日もすれば芽が出て成長します。
貧しい農民は米を作っても領主や地主に収奪され、自分の口に
は美味しい米は入らない。
で、肥料も要らず乾燥した土地で手間をかけなくても自然に実
を付けて霜が来る前に収穫できる蕎麦を栽培しました。
ほったらかしにしてもそれなりに収穫できて、食べると美味し
い。
これが本来の味の良い「秋そば」となります。
地球温暖化が進んだ今では、種まきから70日で収穫できる蕎麦
の性質を利用し「春蕎麦」・「夏蕎麦」・「秋蕎麦」などと季節
毎の蕎麦を売りにしている産地やお店がありますが、信州そばが
本当に美味しい時期は11月です。

「赤そば」の過去レポ
            http://ahoodori.asablo.jp/blog/2012/08/05/6532074

コメント

トラックバック