三九郎2015年01月10日 21:06

竹の芯に萱を巻きつけます。


                    家庭や企業から集めた門松や松飾りなど。


                                       萱に門松や松飾りなどを組み込み、書初めなどを
                                       飾って組立終了。


夕方になりました。


                    万一に備え消防車も待機して準備完了。


                                        午後5時、北側の三九郎に点火。


乾いた萱が燃え上がります。


                    炎で発生した気流で激しく燃え上がります。


                                        南側にも点火。


二基が燃えています。






炎が小さくなったら熾きを広げます。






繭玉を焼きます。












三九郎の火で焼いた繭玉を食べると風邪を引かず、無病息災で一年を送れます。


 

コメント

トラックバック