アサギマダラ@長野市七二会2015年09月30日 20:20

長野市郊外の七二会 塩地区にある「塩 フジバカマ園」に
長距離の渡りで知られる蝶、アサギマダラが飛来していま
す。
園は400mの距離を置いて西園(約30㌃)と東園(約15㌃)が
あり、合計で約600株のフジバカマが花を咲かせています
が、なぜかアサギマダラは大きな西園の方に集中していま
した。
   (写真は全部西園で撮影したものです)


日当たりの良い傾斜地に広がる西園。


                    ご案内。


                                        来園者の記録簿と道順の案内。


フジバカマの花から吸蜜するアサギマダラ。


                    吸蜜する時は翅を閉じています。




花から花へひらひらと。








                    吸蜜を終え飛び立つ用意に翅を広げた瞬間。






















西園駐車場横に七二会塩荒廃地防止美化組合が設置
した休憩スペース。
茶を飲みながら来園者と地元の方がお話しています。


                    アサギマダラの写真展。


                                        東園には2~3頭くらいしか見えませんでした。


               2011年、一人の住民の方が親戚からもらったフジバカマの
               苗50株を植えた処、花が咲いた秋にアサギマダラが飛来。
               アサギマダラの飛来を受け、塩地区の住民の皆さん約10人が
               2013年に「七二会塩荒廃地防止美化組合」を結成。
               栽培面積を少しずつ増やし、昨年「塩フジバカマ園」として
               開園しました。
             現在はフジバカマの植え替えと共に、遊歩道やベンチを整備
               してより良い環境を整えつつあります。
               なお、フジバカマの花とアサギマダラは10月上旬まで楽しめ
               そうです。






コメント

トラックバック