木曽路名物 ほう葉巻2016年06月01日 22:00

5月も半ばを過ぎると、木曽路にはぼう葉巻の季節が
やってきます。
大きな朴(ほお)の葉に包まれたほう葉巻は月遅れの
端午の節句には欠かせない餅菓子で、木曽地方では昔
から各家庭で作られてきました。

これは、木曽町福島の老舗菓子舗からお取り寄せした
ほう葉巻で、餡は「つぶあん」「こしあん」「そば」
「白みそくるみ」の四種類です。


                    かしわ餅とは異なり、野趣にあふれたその形と
                    ほうの葉の香りのしみ込んだ独特の風味は山国
            でなくては味わえない季節の餅菓子です。


                                     葉は芳香があり殺菌作用があるため食材を包んで、
                                     ほう葉巻を始めほうば寿司、ほう葉味噌などに使
                                     われています。


餅は上新粉を使用しているので、粘りやまろやかさ
よりも歯ごたえの強さを感じます。
これは、「白みそくるみ」なので白生餡に白味噌と
細かく砕いたクルミが入っています。


                    ほうの葉は枝先に5~7枚の葉が輪状に束生します。
                    「ほう葉巻」は枝に付いたままの大きさ20~30㎝
                    の若葉で餅を包み、セイロで蒸し上げます。


    製造期間は、ほうの葉が固くなる7月末ころまでです。


     ○ 賞味期間は常温で三日間です。
     ○ 冷凍保存の場合はビニール袋に葉ごと入れ冷凍し、
         食べる時は自然解凍します。
     ○ 固くなったら軽く蒸しあげるか電子レンジで温めます。