草間彌生「松本から未来へ」ライトアップ@松本市美術館2016年11月05日 22:08

世界的な前衛芸術家、草間彌生作「幻の華」。






10月22日に松本市美術館に草間彌生さんの印象的
な作品がお目見えしました。
高さ14m・幅46mの壁に赤い水玉模様のシートを
張り付けた「松本から未来へ」と名付けられた大作
です。
赤い水玉模様の右下には水玉模様の犬、左上には蝶
があしらわれています。






晴れの昼間なので日光が反射して蝶の水玉模様が
綺麗に見えないのは残念!






草間彌生さんの文化勲章受章を祝い、11月1日~6日
まで壁面の大作「松本から未来へ」がライトアップ
されています。






ライトアップされた蝶が「幻の華」の花たちと
戯れているように見えます。






               「松本から未来へ」は耐久素材で作られ、2018年夏ごろまで
                展示予定だそうです。
                これからも四季折々にライトアップして楽しませてくれると
                嬉しいですね。