弘法山古墳公園と千鹿頭池の桜が満開@松本市2017年04月17日 21:05

   弘法山古墳は松本市街の南東にあり、東日本最古級と言われる古墳です。
   桜のシーズンには前方後方墳の山全体がオオヤマザクラ、コヒガンザクラ、
   シダレザクラを中心とした約4000本もの桜で白とピンク色に包まれます。
 また、山頂からの眺望も抜群で、松本市街と北アルプスを桜とともに一望
   できます。

                                                                 画像提供:松本市


                   22日(土)まで「桜まつり」が行われています。


古墳への登り口。








                    遠く北アルプスを望みます。中央は常念岳。 


                                        濃いピンクのシダレザクラ。
















                    ピンクと白の共演。




        開花宣言からしばらくの間、気温が上がらず満開をためらっていた
        桜もここ2~3日の20℃越えで一気に満開になりました。
        天気予報よると午後から曇り、夕方には雨風が強くなりそうなので
        午前中に見てきました。
        (満開を迎えたばかりなので少々の風で散るとは思えませんが・・・)
        近年では、マスコミ報道と口コミで人気が出てきて県外ナンバーの車
        も上って来ます。

        公園入口の駐車場は狭いうえ、半分は物品販売のキッチンカーに占め
        られているので更に狭くなり、偶然に空きが出来て駐車できれば幸運
        としか言いようがありません。
        ですので狭い道の片側を占めた「路上駐車」が常態的となり、自然に
      片側一車線の上り専用の一方通行状態になっています。

キッチンカー。


                                        満開の桜の下、路上駐車の車の列。


千鹿頭池の桜も満開。
鳥居の右の三本の小彼岸桜は別名「十月桜」と云い、
10月半ば頃に小さなピンク色の花をつけます。

                     小彼岸桜、別名「十月桜」。












   弘法山古墳から千鹿頭の池までの移動で薄川の堤防道路を走り
         ましたが堤防の桜も満開でした。
   


桜 H29年のトピ
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/04/14/8480645(松本城夜桜会)