根曲がり竹の味噌汁2018年06月29日 20:57

産直市場に行ったところ、根曲がり竹を売っていた
のでサバの水煮缶と一緒に買ってきました。


                     新潟県産で約450g、648円(税込)            
                     過去トピ(6月15日)で3束で900gと書きましたが、
                     税抜価格300円を300gと勘違いしてしまいました。
                                                     (過去トピは訂正しました)
       生産者さんは7~8本を1束にして200g以上、230g
                   前後で利用者が求め易くしている感じです。


                                         いつもの通りに頭を斜めにカットして切り込みを
                                         入れます。


皮むきはかなり面倒で時間がかかります。


                     左の2本は虫が食っていますが食べられる部分は
                 使いましょう。  
                     根元の切り口を見れば虫の入った穴があるのに、
                     うかつでした。           
 

                     左から2本目の根元に虫食いの穴があります。       


                                        虫食いの部分、根元や節などの固い部分を切り
                                        落としたら約半分の200gになりました。


サバの水煮缶200g、248円(税込)



                 サバ缶と竹の子から美味しいダシ出るので、昆布や
                 鰹ダシは必要ありません。

鍋のお湯が沸騰したら・・


                    サバの水煮缶を汁ごと入れて身を適当な大きさに
                    崩します。


                                         沸騰したら、


竹の子を入れて・・


                     ひと煮立ちしたら、


                                         火を止めて味噌を溶かし入れます。


再度火をつけてひと煮立ちしたら出来上ががりです
がしばらく置いて味が馴染むまで待ちます。


                    美味しく出来ましたが何かが足りません。


                                         このままでも十分に美味しいのですが、甘味の
                                         ある玉ネギが入っていません。


玉ネギの買い置きが無かったので、冷蔵庫に有った
豆腐を入れることにしました。


                     口当たりが滑らかな絹ごし豆腐です。


                                         1パック(90g)をスプーンですくいながら鍋に
                                         戻した味噌汁に入れます。


火をつけて、


                     ひと煮立ちしたら出来上がり。


                                        豆腐の柔らかさと、竹の子のシャキシャキ感の
                                        バランスが良いですね。
                                        木綿豆腐だともっと素朴な味になる感じがしま
                                        した。


   根曲がり竹のシーズンも、もう終盤となりました。
   美味しいといってもコスパはかなり悪いので頻繁にはいただけません。
   サバ水煮缶の代わりにサバ味噌煮缶だったらどんな味になるのでしょうか。
   その他にツナ缶やサンマ缶、イワシ缶だったらどんな味になるのか興味津々 
   です。
   北信の産地ではフライが一番美味しいそうですがどんな味なのでしょうか。
   いずれにしても来年を楽しみに待ちましょう。








コメント

トラックバック