草間彌生 ALL ABOUT MY LOVE(私の愛のすべて)@松本市美術館2018年07月21日 21:45

松本市の生んだ偉大な前衛芸術家、草間彌生の
企画展 ALL ABOUT MY LOVE(私の愛のすべて)
が終了まで二日となりました。

『幼少期から強迫性障害を患い、水玉や網目の幻覚
や動植物が話しかけてくるなどの幻聴の恐怖から逃
れるために描き始めた絵』だそうですが、その障害
を昇華し、世界的な前衛芸術家となられたそうです。

入場券 (一般1,200円のところ市民割引で1,000円)


                     「彌生ワールド」満載の松本市美術館。


                                       入口。


前庭のオブジェ「幻の華」






入口左側の巨大オブジェは「トコトン」と「やよいちゃん」


                     チケット売り場の「考えるかぼちゃ」


                                        第2会場入口の「真夜中に咲く花」


第2会場の撮影可能の作品群。
明るい照明の中でも「彌生ワールド」の一端を見る
事ができます。


















                     祝 来場者15万人達成!と休憩コーナー。
       企画展は好評のうちに22日に閉幕しましたが、期間中の来場者は
       延べ166,942人に達し、市美術館による企画・特別展で最多記録
       を更新しました。


中庭の「大いなる巨大な南瓜」




自販機も水玉模様。


                     ベンチとゴミ箱も水玉模様。


                                         常設の作品「水玉強迫」


館外特別展示、イオンモール松本空庭のアルミの
オブジェ「宇宙にとどけ、水玉かぼちゃ」。




            3Fが第1会場、2Fが第2会場となっていて、真っ暗な空間に
            不思議な水玉模様と光と影。
            そして、鏡を駆使した彌生ワールドが無限の広さをもって
            展開しています。
            見る者を時空を超えて不思議な世界へ誘う、不思議な空間
            を堪能しました。

            90歳に近づいた今でも、創作意欲は衰えるところを知らず、
            今回のイベントでも作品の配置や追加展示についてもご自身
            で指揮を取られたそうです。




コメント

トラックバック