信州麺友会サテライトショップ@塩尻市2018年10月01日 21:23

                    残念な事に10月のサテライトショップはお休みと
                    なりました。


信州麺友会サテライトショップの過去トピ
第70弾は、山形県新庄市鶏中華「山形新旬屋 麺」(つけ鶏中華)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/09/11/8959199
第69弾 麺匠文蔵 (中華そば)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/08/24/8949299
第68弾  ハルピンの味噌  (元祖たれ味噌らーめん)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/07/13/8915209
第67弾  麺匠うえ田  (醤油つけめん)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/06/10/8891573
第66弾 この道×寸八コラボ (闘魂炙り長州らーめん)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/05/11/8849076
第65弾 この道らーめん (この道らーめん)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/04/13/8824975
第64弾  麺匠文蔵 (辛さがあとひく豚骨味玉らぁめん(赤))
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/03/02/8796735
第63弾 寸八堀江の研究結果2018春 (スパイスが効いてる煮干し担々麺)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/02/03/8781520
第62弾 寸八×どん八  (中華そば)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/01/12/8768229
第61弾 三代目 紀守 (らあめん (黒))
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/12/01/8738247
第60弾 中華そば 箍弥 (煮干しそば)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/11/04/8720937
第59弾 海鮮丼どん八 (未食)
第58弾 S.S.しろがね  (あっさりとした中華そば)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/09/07/8672227
第57弾 とんこつ家ZUN  (豚骨醤油らあめん)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/08/30/8662344
第56弾 海鮮丼どん八 (未食)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/07/31/8636287
第55弾 気まぐれ食堂 (醤油らーめん)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/06/08/8588890
第54弾 海鮮丼どん八 (未食)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/05/31/8581679
第53弾  さくら食堂 (醤油ラーメン)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/04/06/8446911
第52弾 らーめん天火 (豚骨醤油らーめん)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/03/28/8424354
第51弾 らーめん天火 (酢・山椒らーめん)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/02/10/8356722
第50弾 とんこつ家 然(ZEN)  (豚骨醤油らあめん)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/01/06/8306072
第49弾  山形村の「ひげ農場 ご飯屋」
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/12/02/8267149
第48弾 麺匠うえ田 (港の中華そば)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/11/04/8241931
第47弾 凌駕イベント部  (煮干し醤油ラーメン)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/10/01/8206730
第46弾 寸八プロデュース神童(kappa)  (らあめん)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/09/09/8176599
第45弾  おお✩ぼし G系-山王軒 (つけ)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/08/20/8156472
第44弾 麺奏 弥栄(いやさか) (ヒヤニボつけ麺)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/07/08/8127534
第43弾 まぜそば専門店 まぜ王  (じゃぽん)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/06/14/8111407
第42弾 燕黒 (ごくにぼしぼり)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/05/06/8084515
第41弾  助屋 (白らぅめん) 
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/04/02/8063667
第40弾  寸八 (ホタテ豚骨)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/03/12/8047186
第39弾  寸八 (横浜豚骨醬油)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/02/12/8016752
第38弾 ラーメンバル凌駕ドロップス (凌駕とハルピン混ぜちゃいました!) 
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/01/08/7982196
第37弾  ラーメンバル凌駕ドロップス (鴨脂と白トリュフオイルの醤油ラーメン)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/12/06/7938370
第36弾  麺屋MURO  (豚骨らーめん(白))
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/11/07/7894910
第35弾  助屋  (黒らぅめん)  
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/10/03/7824543
第34弾  麺屋一秀  (安養寺ら~めん)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/09/02/7771105
第33弾  雷槌  (あっさり中華そば)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/08/04/7724319
第32弾 1日限定コラボ (素材たっぷり原価の出汁塩)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/07/30/7720260
第32弾 第四週・麺処 じゅんき (さば節鶏白湯麺)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/07/24/7715551
第32弾 第三週・中華そば白金 (中華そば)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/07/20/7712882
第32弾 第二週・初代上條祐樹商店 (未食)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/07/10/7705035
第32弾 第一週・麺処 世界の岡部 (豚骨ラーメン)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/07/01/7694762
第31弾 七代目助屋 (白らーめん)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/06/01/7660338
第30弾 とりはち (鶏そば)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/05/09/7630587
第29弾 麺肴ひづき湯きりや (鶏コク醤油) 
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/04/01/7602143
第28弾 創作あってりめん (らーめん(醤油))  
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/03/03/7583685
第27弾 あってりめんこうじ (あってり麺しょうゆ) 
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/02/01/7562410
第25弾 にぼにぼ食堂 (あっさり煮干し中華そば)  
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/12/01/7507984
第24弾 まるもも食堂 (鶏そば)  
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/11/01/7480336
第23弾 極味噌らうめん吟屋 (牛骨生油らうめん) 
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/10/02/7448145
第22弾 麺 うちぼ利 (しょうゆ味) 
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/09/03/7427773
第20弾 麺匠佐蔵 FUBUKI (FUBUKI JUNK)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/07/01/7375778
第19弾 傾奇家本舗 前田慶次朗(濃厚トンコツ醤油お松)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/06/02/7333790
第18弾 にぼにぼ食堂 (あっさり煮干し中華そば) 
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/05/02/7300136
第17弾 青空食堂 (醬油ラーメン)  
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/04/02/7264883
第16弾 麺賊 無我夢中 (豚骨醤油) 
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/03/04/7237505
第15弾 七代目助屋 (安養寺ら~めん) 
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/02/02/7210490
第14弾 らあめんはち (あっさりエビ塩らあめん)    
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/01/22/7201698
第14弾 らあめんはち (支那そば(並))     
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/01/20/7199257
第13弾 麺屋よしつぐ (豚骨魚介あご)  
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2013/12/03/7090273
第12弾 扶桑 (宗田坦々麺)  
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2013/11/22/7065570
第12弾 扶桑 (宗田中華そば) 
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2013/11/06/7045357
第11弾 燕黒 (燕黒らあめん)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2013/10/03/6999580
第10弾 梅の家 燕 (基本(鶏ガラ+豚ガラの醤油味))   
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2013/09/03/6970481
第9弾 666 (鶏ダシの醤油そば)  
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2013/08/21/6953686
第9弾 666 (666の煮干醬油ラーメン)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2013/08/01/6930791
第8弾 あかつきNEO (王様中華そば)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2013/07/24/6917478
第8弾 あかつきNEO (冷やし中華) 
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2013/07/06/6891512
第7弾 江口家菊太郎 (濃厚鶏白湯つけそば)  
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2013/06/01/6831829
第6弾 寸八.怒寸屋流 炎の炒麺屋(炎の炒麺つけ卵付き) 
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2013/05/10/6806093
第5弾 麺喰野郎(ハルピンラーメン)(だしそば中盛り)  
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2013/04/07/6770929
第4弾 七代目助屋 (安養寺ラーメン) 
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2013/03/03/6736406
第3弾 よしつぐ亭一門 (上越とんこつらーめん)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2013/02/02/6710406
第2弾 ゆいが蔵六 (中華そば) 
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2013/01/19/6695641
第1弾 きむずかし家 (鶏白湯ラーメン) 
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2012/12/22/6667293  


そば処 二代目竹渕で「もりそば」@松本市寿北2018年10月02日 18:50

お店。

       カウンター席。

                                         御品書き。

セルフコーナーから寒干し大根の漬け物とそば茶。

                     もりそば (800円 税込)
                     御品書きには有りませんが、ざるそばから海苔を
                     省いていただきました。

                                       乗鞍在来種を八二で手打ちにした細打ちのそば。

サービスでいただいた自家製の秋の味覚の梨と
キュウリの漬け物。

       美味しいそば湯。

              〆にセルフのコーヒー。


                   美味しいおそばをありがとうございました。


場      所      松本市寿北7-1-10
電話番号      0263-86-6231
営業時間    11:00~15:00/18:00~21:00
定  休 日      木曜日
席      数      カウンター8席・テーブル4人用5卓
駐  車 場      有り (10台)



そば処 二代目竹渕の過去トピ
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/06/30/8906692 (もりそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/05/29/8862080 (もりそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/02/23/8792989 (ざるそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/12/22/8753110 (温すんき)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/09/29/8687588 (天ざる)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/07/11/8618697 (もりそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/06/23/8602924 (天ざる)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/05/22/8571754 (山菜ぶっかけ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/08/10/8149422 (天ざる)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/07/22/8136070 (山菜ぶっかけ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/05/13/8089036 (長芋シャキシャキ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/03/25/8057185 (天ざる)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/01/22/7998007 (温すんき)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/12/23/7959490 (天ぷらそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/10/06/7828609 (天ざる)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/06/30/7692725 (天ざる)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/05/15/7634675 (山菜ぶっかけ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/05/07/7629216 (天ざる)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/03/25/7597602 (天ざる)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/02/21/7576736 (天ざる)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/12/03/7509360 (十割そば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/07/09/7384304 (天ざる)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/05/26/7324133 (上天ぷらそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/03/24/7252968 (天ざる)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/01/24/7203426 (そばセット)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2013/12/16/7111315 (そばセット)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2013/09/30/6996733 (竹渕三昧そば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2013/06/26/6877567 (天ざる)


万引き家族2018年10月03日 23:15

                    6月にロングランで上映されましたが、残念ながら
                    都合が付かず気になりながらも観られませんでした。
                    でもこの度、樹木希林さんがお亡くなりになり追悼
                    で再上映となったので観てきました。



第15回 信州・松本そば祭り@松本城公園2018年10月06日 20:42

                    第15回 信州・松本そば祭りが始まりました。

                     会場マップ。

                    全国そば祭りゾーンは19ブース。
                    そばの量は生麺状態で120gは従来通りですが、
                    価格は今年から値上がりして「もり・かけ」の
                    基本状態で600円となりました。
                    来年の10月は消費税が10%となるので値上げが
                    心配ですね。

                   スローフード.スローライフ信州地場産市は48ブース。

会場の入口。

                     台風25号が接近中なので暖かい南風が吹き込み、
                     蒸し暑いものの幸いな事に晴天となりました。

                                         メイン会場は開会式の準備中。


一杯目は「やつおそば大楽」

                    
                    今年は会場の奥の片隅のブースでしたが、相変わらず
                    の一番人気で長い行列が出来ていました。
                    10時開店のはずがフライング気味に9時頃に開店した
                    そうです
                    ちなみに、9時半頃に並んで30分待ちでした。                   

                                        メニューは4種類ですが名物の「白えび天ざる
                                          そば」(冷)と、「白えび天ぷらそば」(温)の人気
                                          が断トツです。
                                          今日は蒸し暑かったので9割りくらいのお客様が
                                         「白えび天ざるそば」をオーダーしていました。

カウンター上の揚げ玉と七味唐辛子。

                    「白えび天ぷらそば」(温)   (800円)
                    揚げ玉をたっぷりと入れ、七味を掛けていただき
        ます。

                                        揚げ玉に白えびの旨味と風味が溶け出して、そば
                                        つゆがまろやかな味に変化しています。
                                        これが暑い日なのに敢えて(温)にした理由です。  

そばブースのいろいろ。











木曽開田高原の「霧しな」

                     今年の試食のそばは本当に一口です。

                                         いろいろな商品。

信州地場産市のブースのいろいろ。









                                         松本城。

二杯目は「出石皿そば」
昨年は出店が無かったので二年振りとなります。

                    敢えて「出石皿そば」一種のみで勝負です。
                    各ブースが今年から100円ほど値上げしたのに、
                    初出店当時の800円を維持しているのは嬉しい
                    ですね。

                                         五皿の小皿に盛られたそばに薬味とそばつゆ。

一皿目はそばにワサビを付けていただき、二皿目は
そばつゆでいただき、三皿目はネギと大根おろしで
いただきます。

                     四皿目はトロロを入れてていただきます。

                                         最後の五皿目は玉子を加えていただきます。

                         最期まで美味しい「出石皿そば」でした。

明日の桝形広場での催し物。

                                         特設テントの組み立て中。


       台風25号の影響はそれほどでは無く、近年増えてきた外国人観光客も
       加わり結構な賑わいでした。



第13回 松本そば祭りの過去トピ
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/10/10/8220305






第15回 信州・松本そば祭り二日目@松本城公園2018年10月07日 22:13

今日の大名町は歩行者天国です。

                     お城を模した古書店は観光客に人気です。

                                         ハロウィン仕様のお店も出ています。

会場は好天に恵まれ今日も激込みでした。
地元タウン誌によると今日は約65,000人の人出
だったそうです。

       初参加の「宝の山のそば処 いわはし館 」(福島県)
                     手書きのチョーク看板が新鮮です。
         お店の紹介は「野口英世のふるさと猪苗代町」で
                     した。

                                         初参加なので昨日は空いていましたが、今日は
                                         かなりの人気店になりました。

スローフードのお店。

                    タン塩専門店さんとスモーク屋さん。
                    看板は並んでいて中は繋がっているのに別々の
                    お店で会計も別々でした。

                                         スモーク屋さんで腸づめソーセージ(300円)と
                                         タン塩専門店さんで缶ビール(350円)

いばらき蕎麦の会 (茨城県)


                     御品書き。
                     昨年までは「十割そば」が売りだったのですが、
                     今年は一般的な八二になったようです。

                                        IHヒーターで常に温められている「そば湯」も
                                        あります。

つけ鴨せいろ (800円)
イベント用のプラ容器ではなく、本物の竹ザルと
お椀が良い感じです。
八二になってもそばの風味と味は落ちていません。

                     歯応えのある厚い鴨肉が二枚と焼きネギが二切れ。
                     卓上の刻みネギと七味唐辛子を加えていただきます。
                     常陸秋そばと鴨汁の相性は抜群で美味しかったです。

                                         残った鴨汁はそば湯割りにしていただきます。

スローフードのお店いろいろ。





そば打ち名人によるそば打ちの実演会場。

                    打ち手は第7代名人 田中崇喜さん。
                    解説は第8代名人 野々山美樹さん 。

                                         そば粉800g、小麦粉200g。
                                         俗に言う二八そばの打ち方で、打ち棒を4本使う
                                         江戸流です。(私はそば粉の割合を優先して八二
                                         と言ったり書いたりしますが・・・)
                                         自然の条件に合わせて、使う水の量にも気を使う
                                         そうですが今日は暖かい南風が吹いて乾きやすく
                                         そば打ちにとっては最悪の条件です。

そば打ちの基本となる「水まわし」
水の量も量りに乗せて正確に測っておられました。
基本の作業なので丁寧な仕事ぶりです。

       「延し」に入ります。





       切る時に無駄が出ないように四角に整える「角出し」

                                最後の仕上げの「切り」
                                        「切り」には包丁への質問が多かったです。
                                         包丁の重さ、刃先の厚みと鋭さ、持ち手の仕様
                  など。
                                         名人はそれらの質問にご自分の経験を交えながら
                                         丁寧に答えていました。

約35分間で八二の手打ちそばの完成です。
お客さまの質問に応えたり、途中の状態を見せながら
なので実質は30分以内でしょう。
意外な事に田中名人のお話によると、歴代名人は県内
よりも県外の方の方が多いそうです。
ちなみに、今年の名人は京都から参加のそば打ち歴
18年の男性の方でした。
また、個性的な打ち方の「戸隠流」を見学した感想は
「水まわし」に独自の手法を感じられたそうです。

                                     蓮の堀超しに見える松本城です。

桝形広場では夕方の公演に備えてリハーサル中
でした。

                     テントの中の踊り子さん。

                                         リズム感あふれる楽器の演奏。


    台風25号の置き土産で10月とは思えない程の暑さで、アイスクリームや
    冷たいビールと、ザル系の冷たいおそばの売り上げが好調のようでした。



第15回 松本そば祭りの過去トピ
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/10/06/8969415


第13回 松本そば祭りの過去トピ
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/10/10/8220305






開田高原そば祭り@木曽町開田高原2018年10月14日 23:01

今日は「第35回開田高原そば祭り」です。
信州では新そばの時季となり、各地でそば祭りが開催されています。
今日も開田高原そば祭りの他に「奈川秋の新そばまつり」(松本市奈川)と
「行者そば祭り」(伊那市内の萱)が開催されています。
奈川も行者も何回か行ったことがありますので、昨年は行ったことの無い
開田に行く予定でしたが生憎の雨だったので残念ながら見送りとしました。

今年も天気予報によると雨模様との事だったのですが、徐々に回復して午後
には晴れ間も見えるとの事だったので期待して出かけて来ました。
メイン会場は木曽町開田高原の「木曽馬の里ふれあい広場」です。

                     駐車場では地元の生産者さんが、朝採れの野菜
                     などを軽トラの荷台に積んで売っています。

                                        メイン会場の「木曽馬の里ふれあい広場」です。
                                        正面に雄大な御嶽山が見えるはずですが、生憎の
                                        曇り空で厚い雲の中に隠れています。

準備中の会場風景。
手前のオレンジのテントが「そば券」の売り場、
真ん中のグリーンのテントが「そば茶屋」、奥の
イエローのテントが本部席と売店となります。
開店早々「かけそば」と「もりそば」のそば券を
買いました。(麺量は約150gで各500円)

       木造の建物はお土産とお食事の「一本木亭」です。

                                        グリーンのテントの中ではスタッフさんが準備に
                                        大忙しです。

小雨が降り寒かったので、10時の開店早々に
温かい「かけそば」をいただきました。

                    木曽馬の「木曽っ子」ちゃんは子供たちに大人気です。

                                         クラフトフェアのブースには手作りの小物や
                                         木工芸品が並んでいます。

こちらは地元の飲食品と農産物の販売ブースです。
高原のイベントなので車で来るお客様に配慮して、
ビールやワインのブースはありません。




                    すんき漬けのカブ菜(約1.5kg)も売られていました。
 
                                        木曽名物の「栗子もち」のお店もあります。

ステージでは篠笛を中心にした太鼓とキーボードの
アンサンブル。

                      そばの早食い競争、小学生以下の部。
                ルールは「制限時間は3分で一椀のそばの量は50g、
                      つゆは飲まなくても良い」です。

                                        中学生以上、成年男子の部。
                                        「早食いを大食いと勘違いした」とおっしゃって
                                        いた8番さんが20杯で優勝です。
                                        20杯なら約1Kgですネ!、3分で完食とは凄すぎ  
                                        ます!!。

女性の部はさすがに優雅でユックリです。

                     人気のペアの部。

                                         ご夫婦をはじめ、恋人、親子、兄妹など男女の
                                         組み合わせだったら何でもありです。
                                         ルールは「ペアの相手に食べさせる」です。
                                         インスタ映えを狙って食べさせるよりもスマホで
                                         ご自分達を写す事に忙しいペアもいらっしゃいま
                                         した。
                                         また、親子ペアでは娘さんがお父さんに食べさせ
                                         ながら「介護の練習で~す」と笑いを誘っていま
                                         した。
                                         司会者の巧みな進行で会場は笑いの渦に包まれ、
                                         楽しいそばの早食い競争でした。

天候も回復し、暖かくなってきたので「もりそば」
をいただきました。
木曽馬さんに会って腹ごなしをした後でゆっくりと
いただくつもりだったのですが、「もしや?」と思
い、グリーンのテントを覗いたのが正解でした。
もう少し遅かったら売り切れになるところでした。
用意された千食の他に売れ行きの良かったかけそば
を二百食を追加したそうですが、12時少し前に完売
となりました。



そばつゆのそば湯割り。

                                         濃厚なそば湯。

会場の風景。


もりそばをいただいた後に、木曽馬さんに会いに
行きました。
天候は徐々に回復し、青空が見えますが御嶽山の
頂上は相変わらず雲の中です。

                    木曽馬さんは子どもたちと仲良しです。


牧場の木曽馬さん。

                     デカ顔に胴長短足、お腹ポッコリ。


傍らには刈り取ったそばが独特の形で干してありま
す。
天気が良いと上のポスターのような風景が見えるの
に今日は残念でした。
天日干しでお日さまの光をたっぷりと受けたそばは
風味豊かで美味くなります。

                    昔懐かしいそばの脱穀風景。
                                               (信濃毎日新聞 2018-10-17)

                            広場では「木曽義仲火牛太鼓」の演奏。

 開田中学校吹奏楽部の演奏。

                     お土産は木曽伝統の煮込みそば(400円 税込)と、
                     木曽伝統の栗子餅と栗きんとん(190円 税込×4個)

                                   「栗きんとん」は栗の産地なら一般的なお菓子でが、
                                   「栗子餅」は餅を栗餡で包んだ木曽地方独自の栗菓子
                                     で、甘さ控えめで栗の風味が豊かな美味いお菓子で
                                     す。


   雄大な御嶽山が見えなかったのは残念でしたが、美味しいそばをいただき
   楽しいイベントを拝見させていただきました。
   場所柄、長野県よりも愛知県をはじめとし、中京圏からのお客さまの方が
   多かったような気がします。
   ちなみに、地元紙によると今日の人出は約六千五百人程だったそうです。
   また、新しい試みとして会場での販売数を少なくし、無料のシャトルバス
   で周囲のそば屋を巡るスタンプラリーを実施しました。
   スタンプの数によって抽選により「ペア宿泊券」をはじめ、様々な商品が
   当たる企画が好評だったようです。

   イベントに関わって下さった大勢のスタッフさんには感謝々々です。
   特に開田中学校の皆さんは早食い競争のお手伝いや、吹奏楽の演奏に大活躍
   でした。
   関係者の皆様、本当にありがとうございました!!。


七色大カエデ@池田町大峰高原2018年10月18日 22:48

大峰高原の七色大カエデが見頃を迎えたという
ニュースを聞いたので早速行ってきました。

                    入口には環境整備協力金として200円以上を入れる
                    箱があります。 (強制ではありません)

                                         手前のブースに入る地元の農産物直売所は生憎と
                                         お休みでした。
              今年は特産の「ひろつ大根」の出来があまり良く
                                         なかったようなので、土曜日と日曜日だけの開店
                                         にしたようです。

カメラマンや観光客の方はかなりおいでになって
いましたが全体の色づきは未だ早い感じがします。

                    樹齢は推定250年以上、高さは約13m、幹回りは
                  約3.25mだそうです。

                                         開拓者によって中心の幹を切られたまま放置
                                         されたので、周りに生えた枝が切られた幹を
                                         囲んで成長して今の姿になったようです。

今年は土壌改良や害虫対策の効果が出て、例年より
樹勢を増しているそうです。

                     大地に踏ん張る力強い根元。


大カエデから少し下ったところの「新カエデ」。
例年は大カエデから遅れて紅葉が始まるのですが、
今年は同時進行で新カエデの紅葉が始まりました。

                     以前は「新カエデ→」の案内板が出ていて道も
                     整備されてされていたのでかなりのお客さまが
                     訪れていました。
                     今は案内板も無く、道も封鎖されているので
                 知っている人しか行きません。

                                        枝は伸び葉は茂っているのに、いまひとつ迫力に
                                        欠けるのは根元が細いからでしょうか?。





開田高原の煮込みそば2018年10月20日 21:47

先日の「開田高原そば祭り」で買った煮込みそばを
いただきました。
発売元の開田高原振興公社のHPを見ると、全く同じ
品が税込530円なので税込400円はかなりお買い得
でした。

                     内容は二人前のそばと濃縮のめんつゆです。
                     平打ちで蒸した半生そばは一人前125g、つゆは
                     一袋25gです。

                                         近くのお店で出汁取り用としてチャナメツムタケ
                                         150gを買いました。(540円 税込)
                                         本当はハナイグチ(ジコボウ)が欲しかったのです
                                         が、生憎と入荷が無かったのでこちらで我慢しま
                                         した。

流水で表面のゴミを洗い流し茎を切り取ります。
料理本には(茸の汚れは拭き取り、茎には旨味が
有るので捨てないで)とありますが・・・。

                     冷蔵庫に有った鶏むね肉を一口大に切り、ネギを
                     適当な長さに切ります。
                     ネギはもっと太い方が良かったのですが、これしか
                     無かったのでしょうが無い。

                                         美味しくなる具材が揃いました。

二人前の濃縮のめんつゆを水800ccで薄めて火に
掛けます。

                     つゆが沸騰したら具材を入れ、約3分煮込みます。

                                         沸騰したつゆにそばを入れます。
   
そばは芯が無くなり、柔らかくなるまで煮込みます。
芯が無くなるまで約6分、好みの固さになるまで約8分
でした。
そばがしっかりとしているので、煮込んでも煮崩れし
ません。

                     丼に盛り、

                                         ネギと一味唐辛子でいただきます。


      打ち粉がそばつゆに溶け込むので、とろみを増したつゆに具材
        とそばの旨味が加わり、とても美味しいそばに仕上がりました。
        そば粉に含まれる植物性タンパク質は、半分近くがゆで汁に流れ
        出ているとも言われています。
        その栄養分を無駄にすることなく美味しく食べるとは、そばの
        産地「開田高原」ならではの食べ方と言えます。


開田高原振興公社のHP http://kaidasoba.jp/


信州カーフェスin松本浅間温泉@松本市本郷小学校2018年10月21日 21:00

  国内外の往年の名車、約100台が集う「信州カーフェスin松本浅間温泉」は
 「松本元気づくり隊」が実行委員会を結成、「浅間温泉街づくり協議会」の
  協力を得て実行の運びとなりました。

雲一つない秋晴れの下、実行委員の開会の挨拶。

                     トヨタS800。
                     ライバルだったホンダS800の参加がないのは残念。

                                         ロータスヨーロッパ。

ジープのウィリスMBも参加。
軍事用なので贅肉をそぎ落とした機能美が美しい。

                      ミニジープ、助手席には機関銃があります。

                                         ミニジープの試乗は子供たちに大人気。

フェラーリ。

                     マセラッティ。

                                         イスズベレットGT-R。

スバルサンバートラック。
特徴あるフロントグリルから1972年頃の、俗にいう
ストロングサンバーでしょうか。

                     かって浅間温泉の菓子店で使われていた商用車、
                     スバルサンバーバン(1970年式)はお菓子の名前
                     が入り、当時の雰囲気そのままです。
                     後部の荷物スペースには昔懐かしい水原弘や、
                     美空ひばりの宣伝ポスターが無造作に積まれて
                     いました。
                     浪花千栄子さんの宣伝ポスターもありました。

                                         フィアット500 チンクチェント。
                         柄に似合わぬオーバーフェンダーと太いタイヤ、 
                                         黒いキャンバストックが可愛いですね。
                                         近年は最新の可愛いフィアットが人気で、街で
                                     良く見かけますが、発売当時のチンクチェント
                                         に会えて嬉しいです。

トヨタパブリカコンバーチブル。

                     少し遅れてランボルギーニも登場。

                                         ステージイベント。

物販のコーナー。

                     そばだんごの売り場。

                                         安曇野放牧豚のキッチンカー。


        オーナー自ら手入れをして大切にしている車ばかりなので、旧車にも
        拘わらず驚くほど綺麗で、ベストコンディションに保たれていました。
        特にエンジンルームは油汚れひとつ無く、快適なエンジン音を響かせ
      ていました。
        その傍らではオーナーさんが発売当時のカタログや自動車誌を片手に、
        手に入れた当時の様子を楽しそうに語る姿も見られました。

        午後2時からは希望者によるビーナスラインのツーリング、3時半から
        の閉会式後には松本市内の名所を車で回る企画もあるそうです。




ちゃーしゅうや武蔵で「醤油らーめん」@イオン南松本店2018年10月22日 21:16

お店。
店頭のペッパー君はお疲れの様子でただいま休憩中。

                    店長お勧めの醤油らーめん(630円税抜が500円税込)

                                        醤油らーめん  (500円 税込)

醤油味のダブルスープ。
トッピングはチャーシュー、ノリ、ホウレンソウ、
メンマとナルト。

                     自社製の中細チヂレ麺は多加水で最後までヘタリ
                     ません。

                                        ポイントカードを作っていただきました。
                                        有効期間は一年、ラーメン一杯につきスタンプ
                                        1個ですが、サービスで3個も押してくれました。


                           リーズナブルで美味しい一杯でした。


場  所   松本市双葉 イオン南松本店1Fフードコート
電話番号   0263-87-6347
営業時間       10:00~21:00 (Lo20:30)
定  休 日       イオン南松本店に準ずる
駐  車 場       イオン南松本店と共用





ちゃーしゅうや武蔵のHP
http://cha-syuyamusashi.com/