開田高原の煮込みそば2018年10月20日 21:47

先日の「開田高原そば祭り」で買った煮込みそばを
いただきました。
発売元の開田高原振興公社のHPを見ると、全く同じ
品が税込530円なので税込400円はかなりお買い得
でした。

                     内容は二人前のそばと濃縮のめんつゆです。
                     平打ちで蒸した半生そばは一人前125g、つゆは
                     一袋25gです。

                                         近くのお店で出汁取り用としてチャナメツムタケ
                                         150gを買いました。(540円 税込)
                                         本当はハナイグチ(ジコボウ)が欲しかったのです
                                         が、生憎と入荷が無かったのでこちらで我慢しま
                                         した。

流水で表面のゴミを洗い流し茎を切り取ります。
料理本には(茸の汚れは拭き取り、茎には旨味が
有るので捨てないで)とありますが・・・。

                     冷蔵庫に有った鶏むね肉を一口大に切り、ネギを
                     適当な長さに切ります。
                     ネギはもっと太い方が良かったのですが、これしか
                     無かったのでしょうが無い。

                                         美味しくなる具材が揃いました。

二人前の濃縮のめんつゆを水800ccで薄めて火に
掛けます。

                     つゆが沸騰したら具材を入れ、約3分煮込みます。

                                         沸騰したつゆにそばを入れます。
   
そばは芯が無くなり、柔らかくなるまで煮込みます。
芯が無くなるまで約6分、好みの固さになるまで約8分
でした。
そばがしっかりとしているので、煮込んでも煮崩れし
ません。

                     丼に盛り、

                                         ネギと一味唐辛子でいただきます。


      打ち粉がそばつゆに溶け込むので、とろみを増したつゆに具材
        とそばの旨味が加わり、とても美味しいそばに仕上がりました。
        そば粉に含まれる植物性タンパク質は、半分近くがゆで汁に流れ
        出ているとも言われています。
        その栄養分を無駄にすることなく美味しく食べるとは、そばの
        産地「開田高原」ならではの食べ方と言えます。


開田高原振興公社のHP http://kaidasoba.jp/


コメント

トラックバック