千鹿頭池の小彼岸桜@松本市神田2018年10月24日 22:42

千鹿頭池の小彼岸桜(別名十月桜)が花を付けたとの
ニュースを聞き見にいきました。
小彼岸桜は鳥居の右側の三本で、そのうち真ん中の
桜が一番花付きが良かったです。





薄いピンク色の可憐な花。






      今年は台風24号の運んだ海水の飛沫による塩害の影響で、日本各地で
      季節外れの桜の花が咲いたというニュースを聞きました。
      ところが千鹿頭池の小彼岸桜は十月桜とも云い、春のシーズンの他に、
      その年の気候によりますが10月~12月にかけて花を咲かせます。
      雪景色と共に楽しめる年も有りますが、今年は早く咲き、花付きも良い
    ようです。



桜 H30年のトピ
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/04/12/8824283(安養寺の枝垂れ桜)







かかしあげ@池田町堀之内2018年10月27日 21:59

今日は「かかしあげ」の日です。

                     南安曇地方の「かかしあげ」とは、「かかしが田の
                     守りを終えて山の神になる日」との伝承があります。
                     午前中に山の神になる神事が執り行われました。



本部には売店と休憩所があり、売店では地元の
新鮮野菜などを売っています。

                     かかし村の子供たち。

                                         有明山に向かってオルガンの演奏。

画伯も晴天の有明山を描いています。

                     かかし村の太鼓連の演奏。

                                         ドンドコ!ドコドン!!ドンドンドン!!!

農作業に疲れてトラクター上で居眠り。

                     露天風呂の美女。
                    「 撮影のためタオルを使用しています」。

                                         安曇野米は美味しいヨ!

立ち小便はいけません!。

                     かかし村の住民たち。

                                         かかし村の子供たち。





                     かかし村の恋人たち。

                                        また会いましょう、来年までお元気で。




七色大カエデ@池田町大峰高原2018年10月28日 20:48

入口。

                     地元の農業生産組合もお店を出しています。

                                         今年のひろつ大根の出来はイマイチのようです。
                                         農産物は生産者の努力も有りますが、自然の気候
                                         天候に左右される要素が大きいので、出来不出来
                はやむを得ないことです。

              これが昨年のひろつ大根です。
                                         コンテナは同じなので今年は少し小さいですね。

最盛期を迎え、お店も出揃いました。

                     晴天に恵まれ観光客やカメラマンで賑わっています。

                                         大カエデは赤が綺麗に冴えています。
                                         七色のグラデーションも綺麗ですが、紅葉も
                                         綺麗ですね。

パネルで大カエデの四季を紹介。







                     逞しい根元。



根元の周囲は赤絨毯。



                                         今日は「新カエデ→」の案内板がありました。

新カエデ。
今年は大カエデと同時に紅葉が始ったようなのですが、
今ではかなり遅れています。



                                         大峰高原小鳥の森の中カエデ。
                                         中カエデの案内板。

中カエデの手前の「名もなきカエデ」も綺麗に
紅葉しています。

                     中カエデ。

               お土産のひろつ大根。
                                          昨年と比べると少し小さいですが、味は例年
                                          通り美味しいそうです。(150円 税込)






常念フェスティバル@安曇野市堀金中央公園2018年10月29日 21:20

昨日、池田町の七色大カエデに行く前に駆け足で
見て回りました。
会場は「道の駅アルプス安曇野ほりがねの里」の
西側にある通称「常念ドーム」周辺です。

                     イベント内容の案内。

                                        キッチンカーもスタンバイしています。

フリーマーケット。

                     クラフト製品の制作と販売。

                                         不用品の交換市もあります。

屋外会場はドームに隣接する堀金中央公園。
シンボルは少し不気味な「常念坊」のオブジェ。

                     屋外の物販と飲食のブース。



この看板は何なんでしょうか?

                                         ぬかくどの実演と体験会場。
                                         籾殻は火力が強いので、ご飯はふっくらとして
                                         美味しく炊きあがります。
                                         炊いたご飯は「こども食堂」で試食されます。

南安曇農業高校の生徒による「ふれあい動物広場」

                     ウサギさんは抱くこともできます。

                                         こちらは山羊さん。
                                         奥の茶色の丸いお尻は羊さんです。


安曇野発動機倶楽部主催の発動機運転会。
今日の目的はこれです!。

            大正から昭和30年代ころまで、農作業などの原動力として
            活躍していた石油発動機。
            灯油を燃料とし、主に農作業や土木工事現場などの動力源
            として使用されました。
            発動機と脱穀機などの作業機械とをベルトで繋ぎ、回転に
            より動力を伝えます。
            昭和30年代後半に入るとディーゼルやガソリンエンジンの
            登場で急速に姿を消しましたが、安曇野市在住の愛好家が
            自慢の愛機を持ち寄り、半世紀以上前の農村に響いた音や
            匂いを楽しむ会が開催されました。

                                         只今、調整中。

軽快に回るクボタ機。

          圧倒的に多いクボタ機の中でこれは珍しいシバウラ機。
                    機能一辺倒のクボタ機に比べ、スマートな遊び心が感じ
                    られます。
                    表側には巾広ベルトを掛けるプーリーがあります。

                                       シバウラ機の後ろ側。
                                       後ろ側にはVベルトを掛けるプーリーがあります。

独特の乾いた音と煙の臭い。











発動機の魅力は「パンパンパン」という乾いた
破裂音と灯油の燃える独特の匂いにあります。

第1回 安曇野発動機運転会(安曇野発動機倶楽部) H23-4-29の様子。
https://www.youtube.com/watch?v=PBeoEetM1Cw

         発動機の運転ばかりではなく、発動機の動力で作業する脱穀機や
         縄ない機などが有れば具体的な使い方が見えて面白いですね。
         また、子供たちに昔の安曇野の農作業の風景を再現して見せれば
         社会勉強になると思います。
         馬を使った馬耕や馬搬の作業を子供たちに見せて、昔の農山村の
         生活を経験する体験教室も有りますので、発動機の様々な利用を
         実際に見せるのも良いですね。

                                         安曇野のシンボル常念岳。


                七色大カエデに急いでいたので中途半端になりましたが、
                来年も実施されたらゆっくりと見たい行事です。