第29回 道祖神と新そば祭り@山形村2018年11月11日 22:23

第29回 道祖神と新そば祭り。

                      山形村名産「やまっちそば」の定義と「新そば味わい週間」の
                      案内。

                                         主会場は山形村ミラ・フード館。

隣の駐車場では「産業フェア」が開催されています。



恒例の「伊豆河津町海産物市」も準備中です。

                     これは名物の「磯ガニ汁」の具材。

                                         開店を待って早速いただきました。

河津町は早咲きの桜「河津桜」でも有名です。

                     行列に並びなおして二杯目をいただきました。
                                        
                                        伊豆名産の魚の干物を買いました。
                                        エボダイ(170円×2)  真アジ(100円×2)
                                        金目鯛(1尾600円)で合計1,140円です。

磯ガニ汁をいただいている間にそばの行列は長く伸びて
いました。
行列に並びながら開会の挨拶や表彰式の様子を聞きます。

                     約30分で券売場に到着です。お品書きは↓。

                                         「やまっちそば」券(600円)を買いました。 
                                          100円割引券と、山雅グッズ抽選会応募券を
                                          いただきました。

やまっちそば。
村内産のそば粉を使用した八二の手打ちそばで、量
もイベント用の小盛りではなく、しっかりと一人前
あります。
長芋はソバと同じ太さに千切りされ、ソバと一体化
しています。

                     卓上のワサビとネギをのせて、マゼマゼして
                   いただきます。

                                       〆には濃厚なそば湯。

食事処の風景。
二階にも食事処があるのでかなり混んでも対応でき
ます。

                    JA松本ハイランド山形支所提供の「とろろご飯」と
                    山形村商工会青年部提供の「豚汁」をいただきました。

                                         雲一つない秋晴れの中、11時頃の会場は激込み 
                                         状態です。

隣接する「ふれあいドーム」では、松本山雅FC
鐵戸アンバサダーのトークショーが始まりました。
ガンズ君も愛嬌を振りまいています。
(この日に行われた試合では栃木FCを相手に勝ち点
3をもぎ取り首位を確保しました)

                                         ガンズ君とやまっちちゃん。

フジゲンのスタッフさん一同による「龍昇太鼓」。

                    山形村の「彌磨(やま)太鼓」の皆さんの力強い演奏。

                                         三歳の男の子も横や後ろのお兄達さんの様子を
                                         伺いながら巧みに演奏しています。

       
               秋晴れの一日、美味しくて楽しいそば祭りを堪能しました。
               関係者の皆さま、ありがとうございました。





コメント

トラックバック