食堂四季で「すんきとうじそば」@ふるさと体験館きそふくしま2018年12月01日 20:34

昨日の「すんき漬け講習会」が終わった後、併設の
食堂四季で「すんきとうじそば」をいただきました。
お店。

                     入り口のおすすめメニュー。

                                         店内風景。

お品書き。

                                         名物「すんきとうじそば」もはじまりました。

すんきとうじそば  (一人前1,300円 税込)
最初にカセットコンロをセットします。

                    次ぎに、出汁と自家製すんきの入った鉄鍋をセット。
                                                        (写真は二人前です)

                                         火を着けておそばの到着を待ちます。

とうじそば一式がセットされました。
                                        (写真は一人前です)

                                        開田高原産のそば粉で打った八二の手打ちそば。
                                        とうじ篭に入れ易い様に、ボッチ盛りになって
                               います。

地元産の白菜の漬け物。

                                         地元特産の赤かぶの甘酢漬け。

出汁が沸騰したらボッチ盛りのそばをとうじ篭に
入れてシャブシャブします。

                                         お椀に盛ってお玉ですんきを掬ってのせます。

一椀ごとにシャブシャブを繰り返します。
シャブシャブの長さによって、そばの温かさを変え
られるので好みの温かさでいただけます。

                                         七味唐辛子を掛ければ美味しさアップ。

出汁がかなり減ってきました。

                                         最後の一杯です、美味しくいただきました。

併設の売店には地域の特産品がお安い値段で売られて
います。
開田高原産のそば。

                     手作りの猫つぐら。

                                        そば打ち道具など。


        仕上げのそば湯をお願いするのを忘れてしまいました、残念。
        「とうじそば」は二人前から受けるお店が多い中、一人前でも
        注文可能なのは嬉しいですね。
        身体が温まる美味しい一杯でした。







コメント

トラックバック