ひまわりの花が満開@松本市島内2019年07月03日 21:21

場所は平成28年の信州まつもと大歌舞伎にちなみ、
「二人桃太郎」の田んぼアートを行った畑です。
梅雨の真っただ中に、夏の象徴のヒマワリを見られる
なんて不思議な事ですが、さすがに北アルプスは厚い
雲の中です。





直径20㎝前後の大きな花が、今を盛りと咲き誇って
います。





迫力がありますね。







                     10日までは切り取り自由との事なので、「ヒマワリの
                     元気」を持ち帰りました。

                                         ゴッホさん出番です。


松本市島内のヒマワリ畑が満開
https://www.shimintimes.co.jp/news/2019/07/post-5710.php


      近いうちに「信濃あじさい寺」のひとつ、法船寺の紫陽花を見に
      行く予定です。
      弘長寺と法船寺の紫陽花の間に向日葵が入るなんて不思議ですね。



2017年のひまわり
安曇野市豊科「ほりがねの里」南側の休耕田
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/08/10/8644163
松本大学ひまわり祭り
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/08/05/8640736
池田町クラフトパーク入口
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/08/03/8639435

2016年のひまわり
国道158号線、新村交差点
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/08/25/8162719
安曇野市豊科「ほりがねの里」南側の休耕田
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/08/11/8149988
松本大学ひまわり祭り
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/08/06/8147136
信州スカイパーク「野と花のゾーン」
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/07/28/8141277

2015年のひまわり
安曇野市豊科「ほりがねの里」南側の休耕田
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/08/18/7736858

2014年のひまわり
国道158号線、新村交差点
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/09/04/7428426
安曇野市豊科「ほりがねの里」南側の休耕田
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/08/23/7420332
松本大学の西側休耕田
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/08/06/7407884


法船寺の紫陽花@松本市内田2019年07月06日 15:04

塩澤山法船寺山門。

                    六地蔵。

                                         信濃あじさい寺。











                                        白い紫陽花は法船寺の特徴。



















小さいながら赤い紫陽花が彩りを添えています。







場     所      松本市内田2946番地
T   E  L       0263-58-6040
駐 車 場      有り(駐車料・入園料無料)




法船寺のブログ http://hosenji.naganoblog.jp/

七夕人形づくり@松本市内田 馬場家住宅2019年07月07日 22:17

重要文化財 馬場家住宅。

                    馬場家住宅の主屋。

                                        主屋の七夕飾り。


松本地方では、七夕行事を月遅れで行い、七夕人形を軒先に
飾るという全国でも珍しい風習が江戸時代から続いています。
今日は七夕人形づくりの第一回目の講習会で、会場入口には
見本が飾られています。

       七夕人形てづくりキット (1,100円 税込)

                                         キットの内容。

作り方の説明。

                                         講師の学芸員さんの手をお借りして、悪戦苦闘の
                                         末に完成した彦星と織姫です。

色紙を利用した簡単な七夕人形づくりです。

                                         織姫が裏返しになっているのはご愛敬。

記念に講師の学芸員さん手作りの「カータリ」を
いただきました。
*カータリのお話は後日、暇な時にいたします。
今日の講習会の中で一番嬉しかった出来事です。
お顔はシールが貼ってありますが、8月7日の本番
までには立派なお顔を描いてあげようと思います。

                家にはこんな状態で飾りました。


     手順に従って作成過程を撮影するつもりでしたが、講師の学芸員さん
     に付いて行けず撮影どころではありません。
     ですので、初めの気負いとは裏腹で途中経過はありません。
     特に、袴の折り方が複雑で完全にギブアップ!集中力も切れ、学芸員
   さんに頼り切りでした。
     頭の固さ、理解力の無さ、想像力の貧困、手先の不器用さには、今更
     ながらガッカリです。



場      所       松本市内田357-6
電話番号       0263-85-5070
開館時間       9:00~17:00(入館は16:30まで)
会      期       平成30年7月1日(日)~8月12日(日)
休  館 日       月曜日(祝日の場合は翌日) 年末年始(12月29日~1月3日)
観  覧 料       大人300円(松本市内在住70歳以上・中学生以下無料)
駐  車 場       有り (バス・大型車可)



馬場家住宅のHP
http://matsu-haku.com/babake/


室山池の紫陽花と睡蓮@安曇野市三郷2019年07月18日 21:51

そば処 白山で「九一そばと天ぷら」@松本市寿2019年07月26日 22:18

お店。

                     自然木のテーブル席。

                                         卓上の調味料など。

そばの量のレクチャー。

                                         十割そばの案内。

サラメシ用の九一そばの案内。

                                        サイドメニューなど。
                                        お子様にはラーメンがあります。

九一そば200g(600円 税込)とハーフサイズ天ぷら(400円 税込)

                     国内産のそば粉で手打ちした九一のそば。

                                         挽きぐるみで風味が高いおそばです。

ハーフサイズの天ぷら。

       ハーフサイズながら、天タネはエビ、キヌサヤ、
                    ナス、ピーマン、カボチャ、サツマイモ、シメジ、
                    エノキと豊富です。

                                         〆のそば湯。


                    美味しくてリーズナブルなおそばでした。


場     所       松本市寿豊丘532
電話番号      0263-57-6267
営業時間      11:00~14:00
定  休 日      1月1日・2日
席      数      テーブル席・小上がり席
駐  車 場      あり





松本七夕フェスティバル2019@信毎メディアガーデン2019年07月31日 22:50

会場の信毎メディアガーデン。

                     今日は松本七夕フェスティバル2019。

                                        松本七夕フェスティバル2019の内容。
                                    プラネタリウムといろいろなワークショップ。

会場を飾る松本七夕人形のいろいろ。

                     着物姿の人形、紙人形と七夕人形は様々。

                                          子供たちの作った可愛い七夕人形。

兵庫県姫路市の七夕人形の飾り付けを紹介。

                     会場の全景。
                     中央の丸いドームはプラネタリウム。

                                         クラフトコーナーの風景。

カータリづくり (500円 税込)
部品と用具の一部。

                     設計図と、

                                         見本を見ながらも指導員さんに頼り切りで、

悪戦苦闘の末に仕上げたカータリ。


        協賛の人形店さんやスタッフさんが関わり、松本の伝統行事を
          紹介するのに一日だけの企画では勿体ないですね。
          夏休みに県外から訪れる親子連れさんに、松本の七夕まつりを
          体験していただく絶好の機会です。


信毎メディアガーデンのHP
https://www.shinmai-mediagarden.jp/