都道府県対抗 全国男子駅伝2019@広島市2019年01月20日 22:33

長野県は8度目の優勝を目指しましたが、健闘およばず
3位でした。

選手の皆さま、関係者の皆さまお疲れ様でした。

都道府県対抗 全国男子駅伝 の過去トピ
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/01/22/8331668


第37回 都道府県対抗全国女子駅伝@京都市2019年01月13日 21:02

第37回 都道府県対抗全国女子駅伝。
今日は絶好の駅伝日和で好記録が期待されます。
                            (画像はNHK総合テレビより)

                     6入賞おめでとう!
                                                (画像はNHK総合テレビより)
                                                  
                               笑顔でゴールするアンカー細田あい選手。
                                                                        (画像は信毎webより) 
                                                   

      年末の高校駅伝で大活躍した長野東高校の先輩後輩と、有望中学生で
        編成された長野県はチームワーク良く、県としては過去最高の6位に
        入賞しました。
       

長野の個人成績
敬称略、丸数字は通過順位、末尾は区間順位。
1区(6km) ⑰高松いずみ(長野東高) 19分58秒 17位
2区(4km) ⑧和田有菜(名城大・長野東高出) 12分44秒 3位
3区(3km)   ⑩村岡美玖(波田中) 9分49秒 24位
4区(4km) ⑤小林成美(長野東高) 12分50秒 1位(区間賞)
5区(4,1075km) ⓻玉城かんな (名城大・長野東高出) 13分51秒 10位
6区(4,0875km) ⑤佐々木文華(第一生命・長野東高-玉川大出) 12分56秒 4位
7区(4km) ⓻小原茉莉(長野東高) 12分45秒 7位
8区(3km)   ⑥麦島彩夏(南木曽中) 10分30秒 11位
9区(10km) ⑥細田あい(ダイハツ・長野東高-日体大出)  32分24秒  9位

               選手のみなさま、関係者のみなさまお疲れ様でした。
               そして 、感動をありがとうございました!。




都道府県対抗 全国女子駅伝@京都市2018年01月14日 21:43

                    今年の目標は8位以上の入賞。
                    タイムは過去最高の2時間17分47秒、順位は昨年
                    より一つ上げたが3秒差で入賞ならず9位。




都道府県対抗 全国女子駅伝 の過去トピ
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/01/15/8325124

全国都道府県対抗駅伝 2017 男子@広島市2017年01月22日 21:47

           広島市平和記念公園前発着、7区間48キロで行われた
           全国都道府県対抗男子駅伝で長野が2時間19分9秒で
           3年ぶりに頂点に立ち、大会最多記録を更新する7度目
           の優勝を飾りました。


正午現在の気象条件。


                    長野のメンバー、佐久長聖高の現役とOBが中心。


                                        注目のチーム、群馬。

愛知。

                    福島。

                                        静岡。

広島。


                    スタート。


                                        1区(7km) 中谷雄飛選手(佐久長聖高)


1区終盤、他のチームからマークされる中谷選手。


                    トップと3秒差の20分17秒の2位で2区の石川晃大
                    選手(墨坂中)にリレー。 


                                        2区(3km)を力走する石川晃大選手。
                                        自己ベストタイの8分52秒は区間23位、総合で
                                        7位。


3区(8.5km)の春日千速選手(東海大)へリレー。


                    実力を発揮し徐々に順位を上げる春日選手。
                    24分29秒の区間8位で総合4位に上げる。


                                        4区(5km)は本間敬大選手(佐久長聖高)


高校駅伝の失敗を生かし、集団の中で我慢し力を
温存する本間選手。


        残り500m地点で一気にスパート!
                    記録は14分25秒の区間賞で総合1位に押し上げる。


                                        5区(8.5km) は名取燎太選手(佐久長聖高)


24分19秒で区間賞を獲得、総合で1位を譲らず。


                    6区(3km)は真田稜生選手(上田四中)
                    自己ベストに近い8分58秒ながら区間20位、総合
                    では2位に下がる。


                                       2位に下がるも健闘しトップと2秒差で7区へ。
                                       7区(13km)はベテラン上野裕一郎選手(DeNA)


余裕を持って先頭を追う上野選手。


                    2km手前で一気にスパートし先頭に立つ。
                    その後は実力通りの走りで2位以下を徐々に引き離す。


                                      「先頭から20秒以内なら逆転できる」の言葉通り
                                       危なげなく逃げ切り、雄叫びを上げてゴールイン
                                       する上野選手。記録は37分49秒で区間2位。
              7度の優勝のうち3度のアンカーを務めた上野選手
                                       その信頼性と貢献度は抜群です。


総合順位。


         順位の変動。


                                        4区と5区で区間賞を獲得。


             今年は中学生区間がやや弱いと言われていたが自己ベストに近い
             タイムで大健闘、先頭に近い位置で繋いだのは立派でした。
             高校生が充実、大学と社会人も強いので優勝候補の筆頭。
     注目の中、それぞれが実力を発揮しライバルの福岡と愛知を
             抑えて見事に優勝。





全国都道府県対抗駅伝 2017 女子
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/01/15/8325124


都道府県対抗女子駅伝@京都市2017年01月15日 23:13

前日より日本列島に襲来した寒冷前線が今日も居座
り、朝方より雪が降り積もる最悪のコンディション
となりました。


                    スタート!


                                        1区(6km)は松沢彩音選手(長野東高)
               19分56秒で16位。


先頭から29秒遅れで2区和田優菜選手(長野東高)に
リレー。


                    2区(4km)和田優菜選手。
                    年末の高校駅伝の好調さを維持し12分34秒の
                    好記録で区間3位、総合では6位に押し上げる。
 

                                        3区(3km)は小原茉莉選手(赤穂中) 9分55秒で
                                        区間24位、総合では13位となる。 


第3中継所、3区から4区(4km)へリレー。
4区は細田あい選手(日体大)


       降りしきる雪の中を力走する細田あい選手。
                     13分22秒は区間7位、総合で9位に上げる。


                                        4区で大活躍した長崎の廣中選手(長崎商高1年)。
                                        首を振りながら走る独特のスタイルで、悪コン
                                        ディションにもめげずに大学生や社会人を抑えて
                                        12分47秒で区間賞を獲得。11人抜きでトップに  
                                      立つ。
               解説の金哲彦さん曰く「和製ラドクリフだ~!」


5区(4.1075km)は佐々木文華選手(第一生命)


        雪の中を力走する佐々木文華選手。
                    13分30秒の区間2位、総合で5位に押し上げる。



                                        6区(4.0875km)は小林成美選手(長野東高)


降りしきる雪の中を力走する小林成美選手。
13分21秒で区間9位、総合で3位に上げる。


                    7区(4km)は村上愛華選手(長野東高)


               京都と3位グループを走る村上愛華選手。
                                        12分57秒で区間10位、総合で8位。


8区(3km)を走る高松いずみ選手(開田中)にリレー。


                    7位グループを力走する高松いずみ選手。
                    この後、得意の上り坂で抜け出し14分04秒で
                  区間賞を獲得し総合で3位に押し上げる。


                                        最終9区(10km)は玉城かんな選手(名城大)
                                        アンカー区間は10秒の中に1~6位までがひしめく
                                        大混戦。


本命の湯沢ほのか選手(名城大)の故障欠場のため、
急きょアンカーとなり力走する玉城選手。


        8位から追い上げた岡山をかわし、2秒差で京都が
                   優勝。


                                       玉城かんな選手、33分53秒で区間27 位、総合10
                                       位でゴールイン!


                    目標は8位以内の入賞でしたが、わずかに及ばず10位。


         常に先頭が見える位置でレースを進め、一時は3位につけた時も
   あったがエース不在という長年の課題は今回も克服できずに残念。
         長野東高とそのOBを中心に若い選手が順調に育っているので今後
         に期待しましょう。

        最近に無い悪条件の中、会場整備に力を尽くしたスタッフの方々。
        そして、感謝の気持ちを忘れずに力いっぱい走った選手の皆さん
        本当にお疲れ様でした。


全国高校駅伝大会@京都市2016年12月25日 22:34

全国高校駅伝 男子は第67回、女子は第28回大会。

京都市西京極陸上競技場、正午現在のコンディション。


                    男子はフルマラソンと同じ42.195kmを7人でリレー。
                    長野県代表は佐久長聖高校、目標はメダル獲得の
                    3位以内。


               スタート。


                1区(10km)、名取燎太選手(3年)はラスト200m手前
                    で力強くスパート。

29分22秒で区間賞を獲得。


                    2区(3km)、松崎咲人選手(1年)も8分6秒で区間賞。


                                        3区(8.1075km)、中谷雄飛選手(2年) 23分28秒
                                        区間3位。一時は留学生に抜かれたが粘って抜き
                                        返し首位を譲らず総合1位。


4区(8.0875km)、本間敬大選手(2年) 24分7秒で
区間12位、総合2位。


                    5区(3km)、内田光選手(3年) 8分44秒の区間賞で
                    総合2位。


                                        6区(5km)、相馬崇史選手(3年) 14分51秒で
                                        区間2位、総合2位。


7区(5km)、丸山幸輝選手(2年) 14分38秒で区間3位。
総合では2時間3分16秒で2位入賞!銀メダル獲得。


                    上位10位までの順位と時間。             


                                        1区から7区まで安定した力で上位をキープ。



女子はハーフマラソンと同じ21.0975kmを5人でリレー。
午前10時現在のコンディション。


                                      長野県代表は長野東高校、目標は入賞の八位以内。
                                       スタート。


                    1区(6km)、和田有菜選手(2年)は始めから先頭集団に
                     付け、満を持して残り500m手前からロングスパート。


昨年のリベンジを果たし、19分14秒で区間賞を獲得。


                    2区(4.0975km)、松沢綾音選手(2年)
       13分20秒で区間6位、総合2位。


                                        3区(3km) 高安結衣選手(1年) 9分45秒で区間5位
                                        総合2位。


4区(3km) 村上愛華選手(3年) 9分30秒で区間6位、
総合2位。


                    5区(5km) 岡村未歩選手(3年) 17分5秒で区間28位。
                    総合では1時間8分54秒で6位入賞!。


                                       女子も終始安定した力で上位をキープ。
                                       公立の普通科高校なので生徒は県内中学の出身者
                                       ばかり、その陣容で6位入賞は立派!。


               男女ともエースが築いた良い流れを生かして佐久長聖は
               2013年から4年連続入賞し、長野東は8位に入った11年
               以来となる二度目の入賞を果たしました。




全国高校駅伝大会の過去トピ
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/12/20/7956074


全国高校駅伝大会@京都市2015年12月20日 22:55

                          全国高校駅伝大会 女子第27回。
                   
                    無風快晴、絶好の駅伝日和。

今回は会場が京都市に移ってから50回を記念して、
都道府県代表47校・地域代表校11校・主催地京都
から府大会2位のチーム1校の計59校が出走。

長野県代表は長野東高校、目標は8位以内入賞。

スタート!


                    1区(6.0km) 
                    和田有菜(1年)  19分58秒 区間17位 総合17位


                                        1区→2区(4.0975km)
                                        久保田里菜(3年) 13分34秒 区間18位 総合20位。


2区→3区(3.0km)
松沢綾音(1年) 10分05秒 区間22位 総合18位。


                    3区→4区(3.0km)
                    今井 萌(2年) 9分50秒 区間18位 総合18位。


                                        4区→5区(5.0km) 
                                        岡村未歩(2年) 16分26秒 区間9位 総合15位。


ゴール前 山梨学園大付属と激しい競り合い!


                    ゴ~ル!!、 1時間9分53秒で山梨学園大付属と同
                    タイムながら残念の15位。


                                        順位発表


                    長野東高校 1時間9分53秒で15位。


    それぞれが持てる力を十分に発揮してくれました。
    若いチームなので来年に期待しましょう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                               全国高校駅伝大会 男子第66回。

       午前に続き絶好の駅伝日和。      
   

長野県代表は都大路常連の佐久長聖高校。
目標は控えめに8位以内入賞。


                    スタート!


                                        1区(10.0km)を力走する關 颯人選手(3年)。
                                                              29分08秒 区間1位 総合1位。

1区→2区(3.0km)
中谷雄飛(1年) 8分32秒 区間19位 総合2位。


                   
                    2区→3区(8.1075km)
                    井上 錬(3年)  24分28秒 区間17位 総合5位。


                                       
                                        3区→4区(8.0875km)
                                        名取燎太(2年)  23分31秒 区間6位 総合5位。


4区→5区(3.0km)
本間敬大(1年)  8分47秒 区間5位 総合4位。


                    5区→6区(5.0km)
                    築館陽介(3年)  14分51秒 区間9位 総合4位。

                                       
                                        力走する築館陽介選手。


6区→7区(5.0km)
日野志朗(3年)  14分48秒 区間19位 総合4位。


                    ゴールイン!タイムは2時間04分05秒で総合4位。


                                        おつかれさま。


総合順位。


                    北信越地域代表の長野日大高校は2時間08分37秒で37位。
                    健闘しました。


                                        入賞チームの順位変動。


               女子同様、それぞれが持てる力を十分に発揮してくれました。
               来年も楽しみですね。