「古民家で楽しむ七夕さま」重要文化財 馬場家住宅2019年08月07日 22:42

松本地方では、七夕行事を月遅れで行い、七夕人形を軒先に
飾るという全国でも珍しい風習が江戸時代から続いています。
また、ほうとうが七夕の行事食として今も受け継がれている
など、松本地方独特の七夕の情景を紹介します。

馬場家住宅長屋門。

                    七夕の飾り付け。

                                         人気のカータリもお出迎え。

主屋の七夕飾り。

                     式台の七夕人形。

                                         土間の七夕飾り。

主屋の軒下には学芸員さん手作りの七夕人形。
肝っ玉母さんのカータリが控えているので、彦星と
織姫は天の川が増水しても会えますよ。

                     来館記念の缶バッチと楊子入れ。

                                         冷たい麦茶とほうとうの振る舞いは、粒あんと
                                         きな粉の二種類で美味しくいただきました。

ご供物と七夕人形。

                     七夕人形。



川渡し人足を形取ったカータリ(川渡し)人形。

                      七夕ロマン カータリ人形の由来。

                                       七夕人形、流し雛形式の説明。

今日は中門が解放されて庭園に入られたので、庭園
からの七夕人形。

                     庭園からの七夕飾りと人形。







                                         松本の七夕まつりの紹介。


      長屋門のカータリ、センスあふれる楊子入れ、軒先の七夕人形など
      小さなオブジェにも拘りが感じられました。
      カータリが肝っ玉かあさんだったなんて新しい発想ですね。


場      所       松本市内田357-6
電話番号       0263-85-5070
開館時間       9:00~17:00(入館は16:30まで)
会      期       平成30年7月1日(日)~8月12日(日)
休  館 日       月曜日(祝日の場合は翌日) 年末年始(12月29日~1月3日)
観  覧 料       大人300円(松本市内在住70歳以上・中学生以下無料)
駐  車 場       有り (バス・大型車可)




馬場家住宅のHP
http://matsu-haku.com/babake/


七夕人形づくり@松本市内田 馬場家住宅2019年07月07日 22:17

重要文化財 馬場家住宅。

                    馬場家住宅の主屋。

                                        主屋の七夕飾り。


松本地方では、七夕行事を月遅れで行い、七夕人形を軒先に
飾るという全国でも珍しい風習が江戸時代から続いています。
今日は七夕人形づくりの第一回目の講習会で、会場入口には
見本が飾られています。

       七夕人形てづくりキット (1,100円 税込)

                                         キットの内容。

作り方の説明。

                                         講師の学芸員さんの手をお借りして、悪戦苦闘の
                                         末に完成した彦星と織姫です。

色紙を利用した簡単な七夕人形づくりです。

                                         織姫が裏返しになっているのはご愛敬。

記念に講師の学芸員さん手作りの「カータリ」を
いただきました。
*カータリのお話は後日、暇な時にいたします。
今日の講習会の中で一番嬉しかった出来事です。
お顔はシールが貼ってありますが、8月7日の本番
までには立派なお顔を描いてあげようと思います。

                家にはこんな状態で飾りました。


     手順に従って作成過程を撮影するつもりでしたが、講師の学芸員さん
     に付いて行けず撮影どころではありません。
     ですので、初めの気負いとは裏腹で途中経過はありません。
     特に、袴の折り方が複雑で完全にギブアップ!集中力も切れ、学芸員
   さんに頼り切りでした。
     頭の固さ、理解力の無さ、想像力の貧困、手先の不器用さには、今更
     ながらガッカリです。



場      所       松本市内田357-6
電話番号       0263-85-5070
開館時間       9:00~17:00(入館は16:30まで)
会      期       平成30年7月1日(日)~8月12日(日)
休  館 日       月曜日(祝日の場合は翌日) 年末年始(12月29日~1月3日)
観  覧 料       大人300円(松本市内在住70歳以上・中学生以下無料)
駐  車 場       有り (バス・大型車可)



馬場家住宅のHP
http://matsu-haku.com/babake/


古民家で楽しむひな祭り~押絵雛~@松本市内田 馬場家住宅2019年04月03日 17:25

馬場家住宅長屋門。

                 馬場家住宅主屋。

                                         月遅れの雛祭りを祝い、甘酒の振る舞いがあり
                                         ました。

押絵雛の由来。





















                                         押絵雛の作成過程紹介  (ベラミ人形店提供)



                     押絵の雛人形。

                                         現代の雛人形。

                     馬場家所蔵の内裏雛。

     押絵雛とは厚紙を切った型に綿を挟んで布で包み、貼り合わせた
         立体感のある絵で作られた雛人形です。
         江戸時代の旅行書「善光寺道名所図会」に紹介されている、松本
       名産の「ひいな」は押絵雛を指しているとも言われています。


場      所       松本市内田357-6
電話番号       0263-85-5070
開館時間       9:00~17:00(入館は16:30まで)
会      期       平成31年3月1日(金)~4月7日(日)
休  館 日       月曜日(祝日の場合は翌日) 年末年始(12月29日~1月3日)
観  覧 料       大人300円(松本市内在住70歳以上・中学生以下無料)
駐  車 場       有り (バス・大型車可)



馬場家住宅のHP
http://matsu-haku.com/babake/


古民家で楽しむ七夕さま@松本市内田 馬場家住宅2018年08月07日 21:18

松本地方では、七夕行事を月遅れで行い、七夕人形を
軒先に飾るという全国でも珍しい風習が江戸時代から
続いています。
また、ほうとうが七夕の行事食として今も受け継がれ
ているなど、松本地方独特の七夕情景を紹介します。

馬場家住宅長屋門。


                   「古民家で楽しむ七夕さま」重要文化財 馬場家住宅


                                         門前の竿飾り。


まつもとの七夕。


                     馬場家住宅主屋。



                                         七夕人形。
                                         今年は盥に浮かべた梶の葉と、式台上の古式に
                                         則った七夕飾りが無くなり質素になりました。






                                         彦星、織姫、カータリ(川渡り)


今日は午前10時より「ほうとうサービス」


                     冷たい麦茶とほうとう。


                                         巾広のほうとうはキナ粉と餡子でいただきます。


今年は中門が特別公開となりました。


                      右側が中門。



中門。




軒先に飾られた七夕人形のいろいろ。






                    竿飾りと七夕人形。


       昨年までは中庭に降りる事が禁止されていたので、軒先に吊るされた
       人形たちを古民家の座敷をバックに角度を探りながら撮影しました。
       また、風の流れによって変化する人形の向きを捉えてベストショット
       を撮影するのに苦心しました。
       今年は中門が解放され中庭から人形たちが撮影できたのは有難かった
       のですが、人形たちが綺麗に整列されていて、生き生き感が感じられ
       なかったのは残念な思いがしました。
                                                         
                  
                                        村の外れの道祖神。




場      所       松本市内田357-6
電話番号       0263-85-5070
開館時間       9:00~17:00(入館は16:30まで)
会      期       平成30年7月1日(日)~8月12日(日)
休  館 日       月曜日(祝日の場合は翌日)  年末年始 (12月29日~1月3日)
観  覧 料       大人300円(松本市内在住70歳以上・中学生以下無料)
駐  車 場       有り (バス・大型車可)





馬場家住宅のHP
http://matsu-haku.com/babake/


信州安曇野そばの郷で「天ざるそば」@安曇野市三郷2018年05月26日 20:43

県内でそばとお寿司のチェーン店を展開している王滝グループ
が中心となり、4月27日に 市有形文化財 旧小穴家住宅と併設
してそば処「信州安曇野そばの郷」をオープンしました。
場所は以前にレストランこむぎ亭やMisatoなごみ庵が開店して
いた所です。

お店全体の風景。


                     入口を中心に右側には売店とレストラン。


                                        左側には旧小穴家住宅。


旧小穴家住宅内部。


                    旧小穴家住宅内部。


                                        旧小穴家住宅内部、お座敷席(要予約)


そば畑も隣接しています。
そばの白い花はまだ咲いていません。


                                        ウッドデッキもあります。


入口を入ると右手に売店からレストラン入口へ。


                    そば打ち場。
                    戸隠そばの打ち方「一本棒・丸延し」で打っています。
                    こま板を使わない「手コマなん」だと完璧ですが・・。


                                        入口には達磨さん、薬味皿とそば猪口。
                                        そば猪口は2~3千円で販売しています。


4人用テーブル席。


                    2人用テーブル席と奥の小上がり席。
                    小上がり席は炬燵形式なので足を落として座れます。


                                        2人用テーブル席。
                                        移動できるのでグループ客にも対応できます。


卓上の調味料などはアッサリとしています。


                                        おしぼり、そば茶と箸。


おしながき


                    御膳 (代金はすべて税込表示)


                                        「とうじそば」は二人前より。
                                         値段が高くなっても一人前からオーダー出来ると
                                         嬉しいんですが・・・。


手打ちそば (冷・温)


                    逸品。
                    信州の逸品が満載です。


                                        名物と甘未。


そばのコース料理。


                    お飲み物。


                                        季節限定「すんきそば」残り僅かだそうです。


天ざるそば (1,580円 税込)
そばを中心に左下から時計回りに、天ツユ・天ぷら・
別皿で刻みノリ・キュウリと長芋の漬け物・そばつゆ
と薬味。
ビジュアル的にも綺麗ですね。


                    安曇野産のそば粉を使用、八二の手打ちそば。
                    そばの盛り方が独特ですが、箸の先にに引っ掛けて
                    食べるには最適の盛り方です。


                                        サクッと揚がった天ぷら。
                                        天タネはエビ・エリンギ・エノキ・アスパラ・
                                        カボチャ・ナスとコシアブラ。


そばつゆのそば湯割り。


                                        そば湯。


                美味しいおそばと天ぷらでした。
                周囲のそば畑に白い花が咲く頃には、都会からのお客様に
                大人気になる事でしょう。



場      所       安曇野市三郷6725-1 (広域農道沿い)
電話番号       0263-31-5412
開館時間     10:00~17:00
営業時間
朝カフェ       8:00~11:00(土・日・祝・大型連休中)
  食事       11:00〜15:00(Lo14:30)
 カフェ     15:00~17:00(Lo16:30)
                   17時以降は要予約にて宴会も可
売      店       10:00~17:00
定  休 日       冬期(12月〜3月)休業 (4月~11月)無休
席      数       テーブル席4人用3卓・2人用7卓
         小上がり席6人用2卓・4人用1卓・お座敷席12席(要予約)
駐  車 場       有り 22台   裏に観光バス用も有り



県宝 山下家住宅@木曽町開田高原西野2017年09月24日 21:05

木曽町開田高原の山下家は江戸時代から昭和初期まで
大馬主として栄え、その住宅は馬と人の深い関わりを
物語っています。
山下家は木曽に三人いた大馬主の一人。
先祖は飛騨高山の馬奉行に仕えて「伯楽」と呼ばれた
馬医者で旧西野村(現開田高原西野)に移住して漢方薬の
製造と販売を営みながら、馬小作(農民に馬を育てさせ
売却益の一部を手数料として支払う)で財をなしました。
最盛期には親馬300頭を所有した山下家の馬の売り上げ
が旧開田村の年間予算を上回る時代もあったそうです。
昭和の時代になり、農業が機械化されて馬の需要が減る
と民宿を営みましたが跡継ぎが無く、家は1999年に絶
えたそうです。
1994年(平成6年)に古民家研究の権威である工学博士、
大川直躬氏の鑑定を受けて県教育委員会が県宝に指定し、
旧開田村が復元工事をして現在に至っています。

県宝 山下家住宅。


       山下家住宅由来。


                                      本棟造りの母屋。
                                      屋根の雀おどし(雀おどり)と懸魚が特徴。
                                      これだけ立派な建物にも関わらず、それに相応しい
                                      門や塀が無いのは何故でしょう。
                                      尾張藩の支配下だった木曽では、資産家であっても
                                      飛騨から移住してきた山下家は家格が低く長屋門な
                                      どの設置が許されなかったのでしょうか。


深い軒と玄関式台。
軒が深いのは雪の深さと関係があるのでは。

                   
                    土間を掘り下げ、周りを石垣で囲った約60㎡の馬屋(まや)
          (画像は木曽地域文化遺産活性化協議会のHPより)


                    馬屋は母屋の中で一番陽当りの良い南側にあります。
                    木曽の人々が如何に馬を大切にしていたかが分かりますね。
                    冬の間に敷き藁と馬の糞尿で作る堆肥が貴重な現金収入と
                    なりました。
                    生活の場所、大広間とは土間を挟んだだけなので臭いが
                    きつかった事でしょうが、馬が家族の一員だった木曽では
                    それが当たり前で気にもならなかった事でしょう。
                    また、土間を掘り下げたのは堆肥が積もっても、馬の頭が
                    天井に当たらないため。
                    周囲の石垣は糞尿が外に流れ出ないためのようです。


                                        馬屋の前には馬専用の釜があり、極寒期には凍っ
                                        た水を沸かして飲ませたほか、二歳になり馬市に
                                        出す時は穀物を炊いた「にしゃんこ」を食べさせ 
                                      て送り出したそうです。
                                        ここにも「馬は家族の一員」という思いが溢れて
                                        います。
                                        二年の間、手塩に掛けて育てた仔馬との別れは辛
                                        かった事でしょう。


土間を挟んで馬屋の北側にある大広間。


                    客間の細かい細工の雪見障子と欄間。


                                        裏側の濡れ縁。
                                        奥は厠(便所)と風呂場でしょうか?。
                                        江戸時代から明治初期の古民家はどんな豪邸でも
                                        厠(便所)と風呂場は今の水準から見ると、意外な
                                        ほど貧弱です。
                                        ここにも外に対しては豪華な造りで威厳を示しな
                                        がらも、内向きには質素な生活をしていた当時の
                                        資産家の生き方が垣間見えます。


中門と石を載せた板葺きの屋根。
建築当時の屋根は全体がこんな葺き方だったようです。
また、高度成長期に入る前の昭和30年代初めまでの
木曽路の民家の屋根は皆こんな屋根でした。


                    中庭に通じる中門。


                                        土蔵は博物館として活用。
                                        旧石器時代から縄文時代の開田高原を舞台に、
                                        当時の人たちがどんな生活を営んでいたかを
                                        模型やジオラマで分かり易く展示しています。


       「馬は家族の一員」であっても、今のように猫かわいがりをする
        だけのペットではありません。
        農耕や山からの木出しなどの使役に使い、繁殖させて現金収入を
        得る大切な動物でした。
        だから、馬は家族の一員以上の存在であって馬屋は家の中で一番
        陽当りの良い南側に在りました。

        また、木曽では馬の飼育は直接に現金収入に繋がる女性の大切な
        副業の一つでした。     
       「木曽馬の穏やかな性格は女性に育てられたから」という説もあり
        ます。
        当時の木曽の女性は幼少期から馬と触れ合い、自然に飼育の方法を
        学んだのでしょう。
        馬主から預かった大切な馬を病気で死なせたために借金を背負い、
        離縁された女性もいたそうです。
       
        「身体が丈夫で働き者」は当たり前のうえ、「馬の世話が上手」、
        「そば打ちが上手」、「スンキ漬けが上手」は木曽での嫁入りの
       三大条件だったようです。
       男は農耕と山仕事の肉体労働。
       女は馬の世話・そば打ち・スンキ漬けと子育て。
       木曽は標高が高く気温が低いので稲作には適しません。
       採れる作物は蕎麦と赤カブと少しの雑穀。
       男も女も厳しい生活を強いられながら逞しく生きた寒村の話です。

          
   

県宝 山下家住宅 
              (木曽地域文化遺産活性化協議会のHPより)
http://www.kisoji-isan.com/s/heritage/14.html




県宝 山下家住宅
 所  在 地    木曽郡木曽町開田高原西野2730-5
 電    話    0264-44-2007
   開館時間        午前9時~午後4:30
 休  館 日        月曜日(祝日の場合は開館し、翌日休館)
                       12月~3月まで冬季閉館
 入  館 料        個人・大人400円、子供(小・中学生)200円
         団体(20人以上)・大人300円、子供150円





古民家で楽しむ七夕さま(ほうとう振舞い)@松本市 馬場家住宅2017年08月06日 17:55

馬場家住宅長屋門。


                    門前の笹の葉飾り。


                                        本棟造りの母屋。
               屋根の特徴的な雀おどし(雀おどり)と懸魚。


玄関式台上の七夕飾り。


                    盥に浮かべた梶の葉。
                    七夕飾りと梶の葉の由来。
                    http://www.kamisuwa-shinyu.com/blog/?p=4344


                                        軒先の七夕人形。


七夕人形のいろいろ。

       










江戸時代から続く七夕飾りの様式。


                    裏側から見た七夕飾り。


                                        表側から見た七夕飾り。


今日は「ほうとう振舞い」の日。


                    ほうとうに粒アンとキナ粉をまぶしてあります。


                                        甘さ控えめで冷たい麦茶との相性はバッチリ。
                                        使い捨てのプラ容器ではなく、本物の陶器の皿を 
                                        用いています。                                     



              由緒ある古民家で、月遅れの伝統ある七夕行事を味わいました。



「古民家で楽しむ七夕さま」重要文化財 馬場家住宅
場      所       松本市内田357-6
電話番号       0263-85-5070
開館時間       9:00~17:00(入館は16:30まで)
会      期       平成29年7月1日(土)~8月20日(日)
休  館 日       月曜日(祝日の場合は翌日)
観  覧 料       大人300円(松本市内在住70歳以上・中学生以下無料)
駐  車 場       有り (バス・大型車可)





古民家で楽しむ七夕さま@松本市 馬場家住宅2017年07月07日 16:46

今日は七月七日、七夕の日です。
松本地方には七夕人形を軒先に飾り、ほうとうや
饅頭を供えて祝う全国でも珍しい風習が江戸時代
から続いています。
その珍しい行事の様子が馬場家住宅をはじめ市内
四ヶ所で同時に開催中です。

馬場家住宅長屋門。


                    本棟造りの母屋。


                                        玄関の式台の前と上の七夕飾り。


「古民家で楽しむ七夕さま」


                    七夕飾り。


                                        盥の水と梶の葉。
                                        「彦星が梶の葉に乗って天の川を渡る」という
                                    言い伝えがあります。         


「まつもとの七夕」が市内四ヶ所で同時開催中です。


                    七夕紙人形。




古式に則った七夕飾り。






彦星と織姫。


                    左の小さな人形はカータリ(川渡り)といい、彦星が
                    天の川を渡る時の案内人です。


                                        足が長く、着物の裾をからげています。


七夕人形。
























■関連行事(いずれも通常観覧料が必要)
     七夕人形作り講座
     7月9日(日) 午後1時30分~3時30分
     料金 1,100円
     「七夕人形作りキット」で本格的な七夕人形を作成

      ほうとうサービス
      8月6日(日) 午前10時~  (ほうとうが無くなり次第終了)
  



「古民家で楽しむ七夕さま」重要文化財 馬場家住宅

場     所      松本市内田357-6
T   E  L       0263-85-5070
開館時間      9:00~17:00(入館は16:30まで)
会      期      平成29年7月1日(土)~8月20日(日)
休  館 日      月曜日(祝日の場合は翌日)
観  覧 料      大人300円(松本市内在住70歳以上・中学生以下無料)
駐  車 場      有り (バス・大型車可)






朝日そば ふじもりで「にしんそばとやさい天ぷら」@朝日村西洗馬2016年11月23日 22:45

秋景色のお店。


                    店先では自家栽培の無農薬野菜を販売。


                                       朝日村産の玄そばを自家製粉し、十割で打った
                                       手打ちそば。


            「ふじもり」のそば畑              (2015年9月1日)



玄関を上がるとウェイティングスペースがあります。


                    店内。
                    薪ストーブの上には南瓜型のヤカン。

                                   


お品書きの一部分。






そば茶と、お通しの切り干し大根と油揚げの煮物。
お手拭きは自家製の豆絞りの木綿の半手拭。


                    七味唐辛子・藻塩と玄そばの見本。


                                        やさい天プラ (650円 税込)
                                        タネは牛蒡・葱・山芋・さつま芋・椎茸など。
                                        サクッと揚がった天プラは藻塩でいただきます。


にしんそば (1,550円 税込)
五日間かけて軟らかく煮られたニシンの甘露煮は、
丼からはみ出すほど大きくて身が厚いです。


                    挽きぐるみのそば粉十割の細打ちそば。


                                        デザートは甘いそば寒天。


           軟らかく煮られた身欠きニシンは、しっかりしていながら
           箸で簡単にくずれる程で骨も全く気になりません。
           食べ進めるほどにニシンの脂と出汁がそばつゆに溶け出し、
           さっぱりしながらもコクのある味へと変化していきます。



場      所       朝日村西洗馬828-1
TEL/FAX       0263-87-3981
営業時間       11:30~15:00 (Lo14:30  但し、売り切れ次第終了) 
定  休 日       水曜日・木曜日 (祝日は営業)
席      数       テーブル席4人用1卓, 2人用2卓・座卓席4人用2卓,2人用2卓・
                   お座敷席4人用2卓
駐  車 場       有り (10台)








そば処 唐松で「天ざる」@東筑摩郡山形村2016年07月27日 21:00

入り口の長屋門。


                    「そば処 唐松」


                                        「そば処 唐松」の看板と営業時間、定休日。


第2駐車場の案内。


                    築130年の古民家をリノベーション。


                          本棟造りの堂々とした母屋。
                    

入り口左側の式台。


                    そば処への入り口周辺。


                                        大戸は閉め切りなので、小さな潜り戸から店内に
                                        入ります。


店内の土間と天井。古木を組んだ吹き抜けの天井が
綺麗です。
右側の小部屋がそば打ちスペースで、室内へは履物
を脱いで上がります。


                    待合スペース。


                                        お手洗いの入り口。


左側の座敷は飾り物のスペース。


                  テーブル席。








                                        和室の4人用座卓。


縁側。


                    テーブル上の七味、抹茶塩、つま楊枝。


                                        つま楊枝。


漬け物三点盛りと麦茶。


                                        お品書き。


天ざる  (1,600円 税込)


                     辛口のつゆに、薬味はネギ・ワサビと大根おろし。


                             そばは八ヶ岳高原産のそば粉で八二の手打ち。


サクッと揚がった天ぷら。


                    天ぷらのタネは、エリンギ・オクラ・カボチャ・
                    ピーマン・ナスとエビの6種類。


                                        デザートのスイカとそば湯。


甘いスイカ。


                    そばつゆとそば湯。


                                        濃厚なそば湯。


母屋の左側の中門を潜ると、綺麗に手入れされた
日本庭園があります。








                    庭園の奥には小さな社があります。


                                        池を泳ぐ錦鯉。


                    店主さんのご挨拶と、お店への道順案内。



              味わいのある落ち着いた古民家と手入れの行き届いた庭園、
              美味しいおそばと3拍子揃った隠れ家的なそば屋です。




場     所       長野県東筑摩郡山形村小坂2926
T E L       0263-97-4321
営業時間      11:30~14:30 但しそば売り切れ次第終了
席      数      テーブル席4人用4卓・6人用1卓・和室4人用座卓1卓
定  休 日      毎週月曜日(但し祝祭日は営業、翌日休み)
駐  車 場      有り (第1駐車場6台・第2駐車場10台)