第13回 新そば祭りと湯めぐり@松本市美ケ原温泉郷2019年11月21日 14:37

第13回 新そば祭りと湯めぐり

                     会場はふれあい山辺館2階。

                              元気の出る色紙。

新そば祭り会場入口。

                 新そば食事券 一枚800円(税込)
                     今年は湯めぐりを遠慮しました。

                                        新そば一枚。
                                        県産そば粉を使用、八二の手打ち。

                 そばつゆに薬味を入れて。

                     細く角の立った新そば。

                                         〆のそば湯。


                  今年も香り高い新そばを美味しくいただきました。



第30回 道祖神と新そば祭り@山形村2019年11月10日 17:23

第30回 道祖神と新そば祭り。



                                        会場は山形村ミラ・フード館周辺。
                                        9時40分頃の到着でしたが、すでに長い行列で
                                        30回記念先着50名の長芋プレゼントは絶望的
                                      です。                                        

チケット売り場。

                     屋外の食事処。

                                         天気が良いので屋外の食事処も人気です。

                     同時開催の山形村産業フェアの入口ゲート。

今年も伊豆河津町から海産物市が出店しています。

                     美味しいカニ汁をいただきました。

                                         お土産に金目鯛の味噌漬け(800円 税込)と
              真アジの開き(100円(税込)×2)を購入。

キノコで有名なホクト産業のブース。

                     台風19号でエリンギ栽培の長野工場が大きな被害に
                     遭ったそうですが負けずに頑張ってください!。

                                         美味しいキノコ汁をいただきました。

会場中央のテーブル席。

                     JA婦人部提供の山形村名産、長芋のとろろ汁。

                                        美味しくいただきました。

今日の一番の目的はここです。
「日本のそばの里を創る会」の「信州やまがた伝承そば」は、
200食限定で正午より販売開始です。
“”山形伝統のそばの食文化復刻へ 焼きみそメニュー固まる“”
https://www.shimintimes.co.jp/news/2019/08/post-6323.php

                     試行錯誤の末、昔の焼き味噌そばを現代風にアレンジした
                     山形「伝承そば」が完成しました。
                                         MGプレス 2019-10-26(土)より

                                 「信州やまがた伝承そば」を提供するそば屋さん(表面)
                                  の紹介とスタンプラリー(裏面)のカード。

信州やまがた伝承そば。

                     山形村産、八二で細打ちの手打ちそば。

               つけ汁は焼き味噌ととろろ汁をベースに、大根おろしを加えて出汁で
               割ってあり、濃厚でコクがあって甘めで口当たり良く仕上がっていま
               す。
               そばの薬味として味噌と大根おろしを使うのは、高価な鰹節や昆布を
               買えなかった当時の庶民がが手軽にそばを美味しく食べるための苦肉
               の策で、今では伊那の「行者そば」や「高遠そば」が有名です。
               それ等に比べると「伝承そば」はより洗練された味に仕上がっている
               感じがします。
               試食品のため薬味と出汁はあらかじめ混ぜ合わせて提供されています
             が、お店では一品ずつ別皿で提供する予定だそうです。
               また、残ったつけ汁はそば湯で割れば最高の〆になると思われますが
               残念ながらそば湯の提供はありませんした。

村産の野菜の即売。

                     山形村名産の長芋。
                     左側が一本500円(税込)、右側が600円(税込)。       

                                         600円の長芋(長さ約62㎝、重さ約1.5㎏)を一本
                                         購入。

チケット売り場。

             やまっちそば券を購入、割引券をいただきました。
                     残念ながら松本山雅の抽選券は締め切った後でした。

     
                                        オリジナルのトッピングはカイワレ大根、麺状に
                                        切った長芋と鰹節です。
               追加で卓上のワサビとネギをのせて、一味唐辛子
                                        を掛けました。

「やまっちそば」の定義とは
一、 蕎麦は手打であること。
一、 麺状に切った山形村産の長芋を付けること。
一、 二種類以上の薬味を付けること。
一、 温・冷は問わないが、冷製はぶっかけで食べられるよう、皿そばとする。
 以上の四項目です。

                    細長く千切りにされた長芋はシャキシャキとした
                    食感が特長ですが、喉ごしはツルッとして違和感
                    は有りません。

                                         最後は濃厚なそば湯で〆ました。


        今回試供された「信州やまがた伝承そば」には、より高い完成度と
        更なる発展を期待しています。
        秋晴れの下、楽しいそば祭りでした。


「道祖神と新そば祭り」の過去トピ

第12回 新そば祭りと湯めぐり@松本市美ケ原温泉郷2018年11月13日 21:15

第12回 新そば祭りと湯めぐり。

       湯めぐりと買い物など、スタンプ3個で地酒を
                     プレゼント。

                                         特設会場は「ふれあい山辺館」の二階。

チケット売り場。

                     新そば一皿と湯めぐりのセットで千円。

                                         会場入口のウェルカムボード。
                                         そば打ち名人の実演が無いのが残念です。

セルフのそば茶。

                    卓上の薬味とそば湯。
                    ワサビはイベント用のチューブ入りや粉ワサビを
                    練ったものではなく、安曇野産のワサビを摺り下
                    ろした本ワサビです。

                                        会場の所々に飾ってある相田みつを風の言の葉と
                                        仏画。

新そば祭りの会場。


県内産の新そば粉を使用した八二の手打ちそば。

                     なめらかな口当たりで風味豊かです。

                                         初めはワサビでいただきます。

〆は濃厚なそば湯。


そば粉のおやきのブース。

                   「切り干し大根」と「なす味噌」のおやきを買って
                スタンプ一個をGET 。 (200円×2)

                                         スタンプの二個目は米粉のワッフルメープル味を
                                         買いました。(220円)

スタンプ三個目はホテル翔峰のお風呂です。
浴室は広く開放的で、アメニティーも充実している
のでお気に入りのお風呂です。
ホテル翔峰のお風呂
http://www.hotel-shoho.jp/hotspring/
湯めぐりで利用出来るのは「露天風呂」「露天ジャグジー」と
「大浴場内湯」の三種類です

                                        スタンプ三個で地酒をGETしました。

       一皿目をいただいた後「もう一皿」と思ったら、そば券が無くても
       会場でスタッフさんにお願いして500円を支払えば追加でいただけ
     ます。

        私にとっては今年最後のそば祭りとなりますが、美味しいおそばと
    快適な湯めぐりでした。
        関係者の方々、スタッフの皆さま、ありがとうございました。





第29回 道祖神と新そば祭り@山形村2018年11月11日 22:23

第29回 道祖神と新そば祭り。

                      山形村名産「やまっちそば」の定義と「新そば味わい週間」の
                      案内。

                                         主会場は山形村ミラ・フード館。

隣の駐車場では「産業フェア」が開催されています。



恒例の「伊豆河津町海産物市」も準備中です。

                     これは名物の「磯ガニ汁」の具材。

                                         開店を待って早速いただきました。

河津町は早咲きの桜「河津桜」でも有名です。

                     行列に並びなおして二杯目をいただきました。
                                        
                                        伊豆名産の魚の干物を買いました。
                                        エボダイ(170円×2)  真アジ(100円×2)
                                        金目鯛(1尾600円)で合計1,140円です。

磯ガニ汁をいただいている間にそばの行列は長く伸びて
いました。
行列に並びながら開会の挨拶や表彰式の様子を聞きます。

                     約30分で券売場に到着です。お品書きは↓。

                                         「やまっちそば」券(600円)を買いました。 
                                          100円割引券と、山雅グッズ抽選会応募券を
                                          いただきました。

やまっちそば。
村内産のそば粉を使用した八二の手打ちそばで、量
もイベント用の小盛りではなく、しっかりと一人前
あります。
長芋はソバと同じ太さに千切りされ、ソバと一体化
しています。

                     卓上のワサビとネギをのせて、マゼマゼして
                   いただきます。

                                       〆には濃厚なそば湯。

食事処の風景。
二階にも食事処があるのでかなり混んでも対応でき
ます。

                    JA松本ハイランド山形支所提供の「とろろご飯」と
                    山形村商工会青年部提供の「豚汁」をいただきました。

                                         雲一つない秋晴れの中、11時頃の会場は激込み 
                                         状態です。

隣接する「ふれあいドーム」では、松本山雅FC
鐵戸アンバサダーのトークショーが始まりました。
ガンズ君も愛嬌を振りまいています。
(この日に行われた試合では栃木FCを相手に勝ち点
3をもぎ取り首位を確保しました)

                                         ガンズ君とやまっちちゃん。

フジゲンのスタッフさん一同による「龍昇太鼓」。

                    山形村の「彌磨(やま)太鼓」の皆さんの力強い演奏。

                                         三歳の男の子も横や後ろのお兄達さんの様子を
                                         伺いながら巧みに演奏しています。

       
               秋晴れの一日、美味しくて楽しいそば祭りを堪能しました。
               関係者の皆さま、ありがとうございました。





第14回 浅間温泉新そば祭り@松本市浅間温泉温泉広場2018年11月04日 22:55

昨日から浅間温泉新そば祭りが始まりました。
昨日は町内の文化祭のお手伝いで来られなかった
ので二日目の今日に来ました。


                                         子供向けのミステリーウォーク受付。

チケット売り場。

                  基本は麺量120gで500円のもりかけですが、80gの
                    小盛りが四枚綴りで1,500円の「そばめぐり券」も
                    あります。
                    少量でより多くのそばを味わいたい方には人気です。
                    私もそばめぐり券と400円の入浴券を買いました。
                    なお、「そばめぐり券」は小盛りざるそば専用で、
                    他のそばには使用できません。

                                         10時頃の会場風景。
                                       お店も開店準備中で、お客さまもまばらです




              開店は11時ですが、10時半頃からお客さまの要望により
              フライング気味に開店するブースもあります。

一杯目は飯山市から参加でそば祭りではお馴染みの
ぼくち蕎麦の「石田屋一徹」

                                          飯山名物で上杉謙信の陣中食の「笹ずし」も
                                          あります。

つなぎにおやまぼくちで打った十割ぼくち蕎麦。
薬味はワサビとネギ。

                     つるつると流れるような喉ごしが良いです。

                                         そば湯。

二杯目は坂井村から参加の「そば処さかい」

                     地粉で打った八二の手打ち。
                     白菜の漬物とデザートの柿が付いています。
                     薬味は大根おろしとネギ。

                                         田舎風でコシが強いそば。           

三杯目は信州ひすいそばの「信州そばアカデミーゆかり庵」
「信州ひすいそば」とは。
https://www.pref.nagano.lg.jp/nogi/soba/hisuisoba.html

                     そば打ち名人のそば打ち実演。


信州ひすいそば。
薬味はネギと大根おろし。

                                         八二の手打ちそばには独特の甘味があります。

11月4日の中央ステージイベント。

                     オープニングはトリオ・デ・ふるさとの皆さん。

                                         次は「翔の会」の皆さんの日本舞踊と琉球舞踊。

四杯目はお膝元の「浅間温泉そば打ち倶楽部」

                     100円で野菜のかき揚げ天をいただきました。
                     薬味は大根おろしとネギ。

                                         地粉を使用した八二の手打ちそば。

野菜のかき揚げ天。
揚げたての熱々だったら嬉しいのですが・・・。

                      そば湯。

                                         店頭ではそば打ち名人の実演。

浅間温泉火炎太鼓の演奏。
長野県では岡谷の「お諏訪太鼓」に次ぐ伝統のある
太鼓連です。

                     伝統に相応しく、演奏者同士の息の会った力強い
                     演奏が会場に響き渡ります。

               ステージを降りて観客の目の前で演奏を繰り広げ
                                        ます。

ダイナミックな演奏は会場を巻き込んで最高潮に
達しました。


                     新そばとステージイベントを楽しんだ後は、一番
                     近い「ホットプラザ浅間」のお風呂に入りました。

                                         お風呂に入っている間に天候が急変して、雨が 
                                         降ったようです。
                                         また、来年を楽しみにしています。

      今年は薬味にワサビの代わりに「大根おろし」を使用しているお店が
      目立ちました、経費節約でしょうか。





第11回 新そば祭りと湯めぐり@松本市美ケ原温泉郷2017年11月15日 22:17

第11回 新そば祭りと湯めぐり。


                     湯めぐりスタンプラリーの案内。


                                        会場は「ふれあい山辺館」の二階。


受付。


                    スタンプラリーと新そば券 (1,000円)


                                        新そばまつり会場。


 新そばまつり会場。
スタッフさんがテキパキと対応しています。


                    卓上の薬味はワサビ、ネギと七味唐辛子。
                    今年は大根おろしがありません。


                                        信州産そば粉を100%使用した八二の手打ち。


昨年まで付いていた紅葉などの飾りはありません。
手数が掛かって面倒なことは分かりますが、雰囲気
づくりも大切な事ですね・・・。


                                        細打ちのそばは香りが高く、喉ごしも良かった
                                        ですよ。
                                        手打ちのそばは透き通っていて角が立ち、最近
                                      では一番美味しいおそばでした。


濃厚なそば湯。




そば粉のおやきのお店。


                     「切干大根」と「なす味噌」をget   (400円)
                                                                 スタンプ1個目


                                       向かいのお店で米粉のワッフルアップル味(200円)
                                                                                      スタンプ2個目


「湯めぐり」は大浴場と広い露天風呂のある
ホテル翔峰へ。
アメニティーも充実していて快適なお風呂でした。
                                               スタンプ3個目


                                        スタンプ3個をゲットしたので景品の地酒と引き
                                        換えました。


          




第28回 道祖神と新そば祭り@山形村2017年11月12日 21:02

第28回 道祖神と新そば祭り。

                    同時開催の「山形村産業フェア」会場風景。


                                        開会前の9時頃なので会場は未だ空いています。


海産物の販売は静岡県伊豆の河津町商工会。
磯ガニの試食があります。


                    毎年、大人気の磯ガニのカニ汁。


                                        準備が整いました。


良いダシがしっかりと出ていて美味しかったですよ。
カニ味噌が入っているなんてラッキー!。


                    干物の販売。


                                        エボダイ、カマス、アジをゲット (880円 税込)


そば祭り会場のミラ・フード館。
11時頃、長い行列が出来ました。


                    そば券売り場。


                                        屋外の食事処は少し寒かったです。


屋内の会場、二階もあります。


                     山形村の名産、長芋をふんだんに使った
                                                やまっちそば (600円 税込)
                     やまっちそばの長芋は「とろろ」と違い、摺りおろ
                     していません。
                     麺状に切った長芋が載っていて、そばとつゆとよく
                     絡み、ツルッとしたのど越しとシャキッとした食感
                     が本当に美味しいですよ。

                                        濃厚なそば湯。


会場風景。


                    フジゲンによる「龍昇太鼓」の演奏。




                    ソバ一杯につき一枚のサービス券が配られました。

                    期間中、下記のお店で利用できます。


         磯ガニ試食の他に、温かい豚汁のサービスや卵かけご飯の
         試食があって賑わっていました。
         風が少し寒かったのですが、晴天に恵まれ楽しいそば祭り
         でした。





第13回 浅間温泉新そば祭り@松本市浅間温泉温泉広場2017年11月05日 20:15

第13回 浅間温泉新そば祭り。




                                        ミステリー・ウォークの受付。


会場風景。
午前10時頃の会場はまだ空いています。








                     アジアンダイニング・ターメリック。


                                        ターメリックで、生クリームとカシューナッツに 
                                        漬け込んだ鶏肉を焼いたマラティッカ(500円)と
                                        ホットワイン(500円)をいただきました。


会場風景。






ホープ会 そば処。


                    かけそば(500円)とサービスのそばぜんざい。


                                        そば湯。


中央ステージの野外コンサートスケジュール。


                    安曇野で活躍したフォークグループ「わさびーず」
                    の流れをくむ「トリオ・デ・ふるさと」の三人。


                                      「翔の会」の踊りをバックに「信州そば切り音頭」
                                        を熱唱。
                                      「信州そば切り音頭」は「トリオ・デ・ふるさと」
                                        の作詞作曲だそうです。


優雅に舞うのは「翔の会」の皆さん。




 「浅間温泉火炎太鼓保存会」の太鼓の演奏。
ダイナミックな太鼓の音が会場に響き渡ります。                                    


                    三人の息が合うリズミカルな三人打ち。


                                        ソロの大太鼓打ちは会場を揺るがしました。
                                        強弱の巧みな打ちわけとリズム感が抜群でした。
                                        さらに、演奏者が中学三年生とはビックリです。


                    全員による演奏。


お昼を過ぎ会場はますます混んで、どのブースでも
長い行列が出来ていました。


                    入浴券  (400円)


                                        温泉街の旅館も利用できますが、会場から一番
                                      近い「ホットプラザ浅間」を利用しました。
                                        大浴場にはジェットバスとサウナが有り、爽やか
                                        な風き抜ける露天風呂もあります。







奈川寒中とうじそばまつり@松本市奈川2017年02月05日 21:20

「奈川寒中とうじそばまつり」のお知らせ。
今日は初日の「メインイベント」の日。  


                会場の渋沢温泉「ウッディ・もっく」、雪が舞い
                    降り積もっていました。


                                        外は寒いけれど、ロビーでは暖かい薪ストーブが
                                        燃えています。


三種のとうじそばと入浴券付で1,800円(税込)


        準備中の会場。


                                        そば打ち名人の実演。


とうじ篭とお椀。
テーブル上には「奈川風」と「木曽風」の二種類の
とうじ篭がセットされていました。


                    そばは地粉100パーセントで打った八二の手打ち。


                                         とうじ易いようにボッチ盛りになっていて、
                                         2ボッチ200円で追加注文も出来ます。


        保平カブ・山ウド・花豆など、奈川産の山菜や野菜
                    をふんだんに使った一品料理盛り合わせ。                   


とうじのダシ汁は三種類。薬味はネギ・ワサビ・
七味唐辛子と一般的。
味噌味の具材は油揚げ・鶏肉・根菜類とキノコ。


                    雉汁は醤油味で具材は雉肉・ネギ・山菜類とキノコ。


                                        醤油味の具材は山ウドとワラビなどの山菜類と
                                        キノコ。


味噌味。


                     雉汁。


                                        醤油味。


そば湯。


                    売店ではおやき・エゴマ・保平カブの漬物などを
                    販売中。


                                        お土産はPRのパンフレットと手拭。


 昨日までは晴れた穏やかな日が続いていましたが、今日は打って変わって雪降りとなりました。
車で行けば時間的には自由が利きますが、迷った末に万が一を考えて無料のシャトルバスを利用して正解でした。
松本駅西口を出発して波田に入ると降りだし、奈川渡ダム辺りでは道が真っ白で奈川地区では除雪車が出動していました。

 三種類のとうじそばはそれぞれに個性が有って、どれも美味しかったです。
味噌味は味噌の風味は感じるものの、味噌そのものは控えめで意外と食べやすかったです。
 2時間以内で三種類のとうじそばをいただいてから、ゆっくりと温泉に浸かるのは時間的にかなりきついですね。
座る場所によってはそばの提供が遅れる場合があるので、尚更そんな感じがしました。
 車で行けば問題ありませんが、時期的に迷うところですね。

 











第10回 新そば祭りと湯めぐり@松本市美ケ原温泉郷2016年11月16日 23:00

第10回 新そば祭りと湯めぐり。


                    新そば祭りの会場は「ふれあい山辺館」の二階です。


                                        新そば一枚と湯めぐり券 (1,000円)


北信、中信、南信のそば粉を取り寄せ、ブレンド
した八二の手打ちそばを提供。




                   やや固めで太めの八二の手打ちそば。


そば湯。


                    卓上のそば湯・ワサビ・七味・大根おろし・ネギ。


                                        会場の色紙。


湯めぐりの最初は「ホテル翔峰」
美ケ原温泉郷を代表する観光ホテルです。
低温・高温の二種類の内風呂と、秋風の吹き渡る
露天風呂が快適です。
また、タオル・バスタオル・休み処の冷水などの
アメニティーも充実しています。




二番目は「和泉屋善兵衛」
内風呂の入口の坪庭に黄色の銀杏の葉が降り積もり、
秋の気配が一杯でした。
素晴らしい景色の露天風呂が修理中で、利用でき
なかったのは残念でした。


                     坪庭の飲泉処。




三番目は「すぎもと」
民芸調の旅館で料理が評判の都会のお客様に人気
の旅館です。
ホールを出てからお風呂に行くまでのアプローチ
の景色が素晴らしいです。






                    スタンプ三個で日本酒をゲット。
                   岩波酒造 http://www.mcci.or.jp/www/iwanami/  


          説明によると県産のそば粉が出揃うまで待って、美味しいそば粉を
          厳選してから開催するので県下で一番遅いそば祭りとなるそうです。
          温泉巡りとセットになっているのも嬉しいですね。