ほう葉巻2020年06月17日 17:50

今年も木曽路にふるさとの味、ほう葉巻の季節が
やって来ました。
今年は、こしあん、つぶあん、白みそくるみ、の
三種類をお取り寄せしました。

                     餡を包んだ皮は上新粉を使用し、大きな朴の葉で
                     包んで蒸篭で蒸し上げてあります。

                                         かしわ餅とは異なり、野趣に富んだその形と朴の
                                         葉の香りのしみこんだ独特の風味は、山国でなく
                                         ては味わえない季節の餅菓子です。

上新粉を使用した外皮は歯ごたえの強さを感じ、
こしあんは甘さ控えめで美味しいです。

                       葉は芳香があるうえ殺菌作用があり、大きく
                       柔らかいため、野趣に富んだ自然の包装材と
         して利用されています。

                                        朴の葉は枝先に5~7枚の葉が輪状に束生します。
                                      「ほう葉巻」は枝を付けたままの大きさ20~30㎝
                                        の若葉で餅を包んであります。

                今年も野趣豊かなほお葉巻を美味しくいただきました。




根曲がり竹の味噌汁2020年06月08日 22:15

今年も信州の旬の山菜、根曲がり竹の季節がやってまいりました。
今年は残念ながら新型コロナウィルスの影響で、一部産地で3密を
避けるため入山禁止としたところがあるようです。

産直市場で地元産の根曲がり竹と、さばの水煮缶、
木綿豆腐を買いました。
根曲がり竹2把776円(税込)、サバ水煮缶200g.298円(税込)
木綿豆腐500g.280円(税込)。
新玉ねぎは自宅で買い置きした物を使います。

                    2把で600g、100g約130円なのでで値段は例年並み
                    でしょうか?。

                                         皮を剥き易いように頭を3㎝くらい斜めに切り
                落とし、縦に1mmくらいの深さで切り込みを
                                         入れます。

皮を剥き始めた状態です。

                     全部皮を剥いた状態です。

                                         この状態で400g弱になりました。

さらに、根元や節の固い部分を切り落とします。

       食べられる部分は200g強となり、皮付き状態から
                     3分の1になりました。

                玉ねぎは皮を剥いた状態で約250gくらいです。

ザクザクと適当な大きさに切ります。

       鍋に適量の水を入れ、タケノコと玉ネギを入れて火をつけます。

                                         アクを取りながら適度に煮て火を止めます。

木綿豆腐はあらかじめ水切りをしておき、スプーンなどで
適当な大きさにすくい入れます。
使用した量は約200gくらいです。

       ひと煮立ちさせて火を止めます。

                                       さば水煮缶200g。

小鉢に入れて食べやすい大きさに崩しておきます。

                     汁ごと鍋に入れます。

              ひと煮立ちしたら火を止めます。

家庭用の味噌。

       適量の味噌を溶かし込みます。

              ひと煮立ちしたら、

火を止めます。

                    今日も美味しく出来上がりました。

                                         一味を振った味噌汁を肴に、一杯いただきます。




「根曲がり竹の竹の子ご飯」の過去トピ
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2019/06/21/9090139

そば処 木鶏で「裏メニューが表に」@東筑摩郡山形村2020年01月10日 17:25

               昨年の年末に裏メニューだった「やまっちすんき」が
               「冬のやまっちそば」としてデビューしました。

                    裏メニューだった「やまっちすんき」の過去トピ

               麺状の長芋とすんきの酸味が絶妙のバランスで、冬に
                   相応しい美味しい一杯です。


場      所         長野県東筑摩郡山形村5511-7
電話番号     0263-98-2099
営業時間         昼のみ営業:(火~日)  11:30~14:30 (Lo14:00)
                     昼夜営業:(木~土)18:00~21:00 (Lo20:30)
定  休 日        毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
                       (臨時休業あり、詳しくはHPをご覧ください)
席      数        カウンター4席・テーブル席4人用3卓・6人用1卓
                    個室(お座敷)6人用1卓
駐  車 場        有り(2ヶ所 11台)
 
                                   
そば処 木鶏のHP  
http://ichigoichienococoro.com/

そば処 木鶏のfacebook   
https://ja-jp.facebook.com/sobadokoro.mokkei


そば処 木鶏の過去トピ
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2019/12/11/9188190(やまっちすんきそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2019/11/28/9182566(やまがた伝承そば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2019/08/29/9147072(鈴ヶ沢なすと信州吟)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2019/08/17/9142116(蕎麦屋のかつ丼)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2019/08/09/9139299(しゃもつけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2019/06/22/9090523(トムヤム風つけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2019/05/19/9074509(三店コラボこってり)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2019/05/18/9074147(三店コラボあっさり)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2019/04/19/9061710(玄挽き田舎+アス天)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/12/31/9019545(年越しそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/12/08/9010055(長野朝日放送出演)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/12/07/9009287(玄挽き卵とじすんき)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/11/15/8999123(もりそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/09/05/8956918(信州サーモンと・)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/06/24/8902457(グリングラス×木鶏)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/04/27/8834482(アスパラ天そば(冷))
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/04/11/8823691(三店舗食べ比べ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/01/31/8779870(あいもり)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/12/31/8759029(年越しそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/12/26/8755548(とうじそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/12/21/8752466(卵とじすんきそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/12/12/8747028(すんきそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/12/05/8742604(牡蠣つけそばと一味)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/11/10/8724760(セロリの豚巻き)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/09/22/8681594(鈴ヶ沢なす天そば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/07/29/8629385(トマトみぞれそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/07/09/8617435(トマトみぞれそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/06/06/8586979(鰯のつみれつけ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/04/15/8482656(アスパラ天そば(冷))
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/03/10/8399732(ふきみそかけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/02/24/8373970(キタワセ寒風晒し)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/12/30/8298762(年越しそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/12/09/8271260(明太子あんかけ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/10/05/8214232(なすの肉みそあん)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/08/26/8163483(シャモつけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/06/23/8117533(塩だれシャモかけ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/06/10/8108725(塩だれシャモつけ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/05/26/8096365(もりそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/04/10/8068798(アスパラ天そば(冷))
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/03/08/8042697(もりそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/12/12/7947963(ぎたろう軍鶏 水炊)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/11/10/7899010(セロリ豚かけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/10/26/7870377 9月の当選者発表
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/10/21/7859519(シャモつけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/10/07/7830397(木鶏丼と小盛そば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/09/16/7794981(さんまのつみれ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/08/27/7752570(もりそばと木鶏丼)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/08/19/7736998(夏の彩り香味そば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/07/15/7708085(トマトみぞれそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/06/12/7667621(夏カレーつけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/04/29/7623168(アスパラ天そば(冷))
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/04/12/7609923(もりそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/03/12/7589347(青のりかけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/02/19/7575796(シャモ卵とじ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/01/21/7545810(かけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/12/31/7528437(年越しそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/12/18/7519342(温しぐれシャモ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/10/08/7453316(大あさりつけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/10/01/7447587(もりそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/08/30/7424960(木鶏丼)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/06/08/7339771(シャモつけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/04/22/7292022(もりそば


丸亀製麺松本村井店で「牡蠣づくし玉子あんかけうどん」@松本市村井2019年12月13日 17:20

お店。

                     メニュー。

                                         丸亀製麺の純正小麦粉、北海道産100%使用。

旬のお勧め、「牡蠣づくし玉子あんかけ」。

                     店内風景。

                                        牡蠣づくし玉子あんかけ(並盛)  (690円税込)

プリプリと言いたいが、やや固めの牡蠣が7個に
ふわとろと言いたいが、固まった玉子あんかけ。
つゆもぬるく、昨年の美味しさと比べると少し
期待外れの感じがしました。

                     薬味でもっと美味しく。

                                         センターテーブルの追加の薬味。
                                         ネギ、揚げ玉、おろし生姜、摺り胡麻。

おろし生姜、摺り胡麻とネギを追加。

                    ずっと美味しくなりました。

                                         七味唐辛子を掛けていただきます。


              少し期待外れの感じでしたが、寒い冬にジャストの美味しく
              温まる一杯でした。


場      所      松本市村井町北2-1-73
T   E   L       0263-58-3866
営業時間      11:00-22:00(ラストオーダー21:30)
休      日      無し
席      数      カウンター席・テーブル席
駐  車 場      あり





そば処 木鶏で「やまっちすんきそば(温)」@東筑摩郡山形村2019年12月11日 20:15

お店。

                     ウェルカムメッセージ。

                                         卓上の調味料など。

名物のやまっちそばは冬バージョンを準備中です。

                     一品料理もお勧めです。

                                         釜前の店主さん。

長芋を麺状に切る野菜カッター。

                長芋をセットし、ハンドルを回して長芋を麺状に
                切ります。

                                        「玉子とじ」には新鮮な卵を二個使います。
              左、ぎたろう軍鶏の卵。
                                         右、山形村産地鶏の卵(ノニ卵)。

やまっちすんきそば(温)
                      (裏メニューのため値段は非公開)

                   熱々のかけそばにすんきを入れ、二個の玉子でとじて

                                      赤かぶの甘酢漬けとネギをトッピング。
                                      玉子の黄、赤かぶ赤、ネギの緑でビジュアル的にも
                                      綺麗です。
                                      右側の漬物は赤かぶの甘酢漬けです。

そばは野辺山高原産の十割で手打ち。
トッピングの赤かぶの甘酢漬けは、温まると
酸味が丸くなり口当たりが優しくなります。

                     熱いそばつゆとすんきの旨味と酸味、玉子の旨味が
                     渾然一体となり、最後まで完飲してしまいました。                

                                         〆はやはり濃厚なそば湯で。


        寒い冬にふさわしく、身体が温まり美味しくいただいた一杯でした。

        ところで、いつも元気な女将さんが体調不良でお休みです。
        お昼は店主さんと花番さんがお二人でとても忙しそうです。
        女将さん、早く元気になられるよう願っております!!。


場      所         長野県東筑摩郡山形村5511-7
電話番号     0263-98-2099
営業時間         昼のみ営業:(火~日)  11:30~14:30 (Lo14:00)
                     昼夜営業:(木~土)18:00~21:00 (Lo20:30)
定  休 日        毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
                       (臨時休業あり、詳しくはHPをご覧ください)
席      数        カウンター4席・テーブル席4人用3卓・6人用1卓
                    個室(お座敷)6人用1卓
駐  車 場        有り(2ヶ所 11台)
                                    
そば処 木鶏のHP  
http://ichigoichienococoro.com/

そば処 木鶏のfacebook   
https://ja-jp.facebook.com/sobadokoro.mokkei



そば処 木鶏の過去トピ
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2019/11/28/9182566(やまがた伝承そば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2019/08/29/9147072(鈴ヶ沢なすと信州吟)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2019/08/17/9142116(蕎麦屋のかつ丼)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2019/08/09/9139299(しゃもつけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2019/06/22/9090523(トムヤム風つけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2019/05/19/9074509(三店コラボこってり)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2019/05/18/9074147(三店コラボあっさり)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2019/04/19/9061710(玄挽き田舎+アス天)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/12/31/9019545(年越しそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/12/08/9010055(長野朝日放送出演)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/12/07/9009287(玄挽き卵とじすんき)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/11/15/8999123(もりそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/09/05/8956918(信州サーモンと・)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/06/24/8902457(グリングラス×木鶏)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/04/27/8834482(アスパラ天そば(冷))
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/04/11/8823691(三店舗食べ比べ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/01/31/8779870(あいもり)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/12/31/8759029(年越しそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/12/26/8755548(とうじそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/12/21/8752466(卵とじすんきそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/12/12/8747028(すんきそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/12/05/8742604(牡蠣つけそばと一味)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/11/10/8724760(セロリの豚巻き)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/09/22/8681594(鈴ヶ沢なす天そば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/07/29/8629385(トマトみぞれそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/07/09/8617435(トマトみぞれそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/06/06/8586979(鰯のつみれつけ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/04/15/8482656(アスパラ天そば(冷))
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/03/10/8399732(ふきみそかけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/02/24/8373970(キタワセ寒風晒し)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/12/30/8298762(年越しそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/12/09/8271260(明太子あんかけ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/10/05/8214232(なすの肉みそあん)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/08/26/8163483(シャモつけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/06/23/8117533(塩だれシャモかけ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/06/10/8108725(塩だれシャモつけ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/05/26/8096365(もりそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/04/10/8068798(アスパラ天そば(冷))
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/03/08/8042697(もりそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/12/12/7947963(ぎたろう軍鶏 水炊)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/11/10/7899010(セロリ豚かけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/10/26/7870377 9月の当選者発表
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/10/21/7859519(シャモつけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/10/07/7830397(木鶏丼と小盛そば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/09/16/7794981(さんまのつみれ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/08/27/7752570(もりそばと木鶏丼)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/08/19/7736998(夏の彩り香味そば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/07/15/7708085(トマトみぞれそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/06/12/7667621(夏カレーつけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/04/29/7623168(アスパラ天そば(冷))
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/04/12/7609923(もりそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/03/12/7589347(青のりかけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/02/19/7575796(シャモ卵とじ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/01/21/7545810(かけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/12/31/7528437(年越しそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/12/18/7519342(温しぐれシャモ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/10/08/7453316(大あさりつけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/10/01/7447587(もりそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/08/30/7424960(木鶏丼)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/06/08/7339771(シャモつけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/04/22/7292022(もりそば


そば処 木鶏で「鈴ヶ沢なすと信州吟醸豚の酸辣湯そば」@東筑摩郡山形村2019年08月29日 23:30

お店。

                   今年も南信州阿南町より信州伝統野菜の「鈴ヶ沢なす」が
                   入荷しました。

                                      「鈴ヶ沢なすと信州吟醸豚の酸辣湯そば」の話。
                        http://ichigoichienococoro.naganoblog.jp/e2412816.html

子供さん連れの家族に人気のお座敷席。

                      テーブル席。

                                         釜前の店主さん。

鈴ヶ沢産の野菜のレクチャー。



                                         今朝入荷したばかりの鈴ヶ沢なす。
                                         まな板からはみ出すほど大きく瑞々しいですね。

鈴ヶ沢なすと信州吟醸豚の酸辣湯そば (1,512円 税込)
右の小鉢は夏野菜をトマト味に仕立てた箸休めです。

       鈴ヶ沢なすを皮付きのまま短冊切りして高温でサッと素揚げし、
       信州吟醸豚のひき肉を炒めます。
       そこに濃厚なかつお出汁で仕上げたかけつゆを注ぎ、それぞれの
       具材を入れてから、最後に餡をかけて酢と溶き卵とラー油で仕上
       げてあります。


       具材は素揚げしたなすと、炒めた信州吟醸豚のひき肉の他には
       豆腐の短冊切り、薄切りの椎茸と白髪ネギなど。
       豆腐は美味しかったが少し水っぽかったかな。
       木綿豆腐の水分をしっかり絞り、出汁を沁み込ませればもっと
       美味しくなるのでは?。
       でも、餡かけなので熱々で酸と辣のバランスが絶妙です。
       もし、辣味が足りなかったら鈴ヶ沢南蛮の一味唐辛子を掛けると
       産地が同じなので相性は抜群、もっと美味しくいただけます。

       店主さんのお話によると、お店の休みの日に「信州吟醸豚の酸辣湯」
       を持参して阿南町を訪ね、生産者さんの皆さんに食べていただいて
       感謝の気持ちを伝えたいそうです。
       常に生産者の皆さんをリスペクトし、美味しい具材と工夫を凝らした
       季節のおそばを提供する店主さんのチャレンジ精神に敬意を表します。
       以前の「鈴ヶ沢なす」の生産者と店主さんのふれあい。
       http://ichigoichienococoro.naganoblog.jp/e2159252.html
       今回も生産者の皆さんとの実のあるふれあいを願っています。



場      所         長野県東筑摩郡山形村5511-7
電話番号     0263-98-2099
営業時間         昼のみ営業:(火~日)  11:30~14:30 (Lo14:00)
                     昼夜営業:(木~土)18:00~21:00 (Lo20:30)
定  休 日        毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
                       (臨時休業あり、詳しくはHPをご覧ください)
席      数        カウンター4席・テーブル席4人用3卓・6人用1卓
                    個室(お座敷)6人用1卓
駐  車 場        有り(2ヶ所 11台)


そば処 木鶏のHP  
http://ichigoichienococoro.com/

そば処 木鶏のfacebook   
https://ja-jp.facebook.com/sobadokoro.mokkei


そば処 木鶏の過去トピ
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2019/08/17/9142116(蕎麦屋のかつ丼)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2019/08/09/9139299(しゃもつけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2019/06/22/9090523(トムヤム風つけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2019/05/19/9074509(三店コラボこってり)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2019/05/18/9074147(三店コラボあっさり)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2019/04/19/9061710(玄挽き田舎+アス天)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/12/31/9019545(年越しそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/12/08/9010055(長野朝日放送出演)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/12/07/9009287(玄挽き卵とじすんき)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/11/15/8999123(もりそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/09/05/8956918(信州サーモンと・)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/06/24/8902457(グリングラス×木鶏)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/04/27/8834482(アスパラ天そば(冷))
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/04/11/8823691(三店舗食べ比べ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/01/31/8779870(あいもり)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/12/31/8759029(年越しそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/12/26/8755548(とうじそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/12/21/8752466(卵とじすんきそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/12/12/8747028(すんきそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/12/05/8742604(牡蠣つけそばと一味)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/11/10/8724760(セロリの豚巻き)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/09/22/8681594(鈴ヶ沢なす天そば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/07/29/8629385(トマトみぞれそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/07/09/8617435(トマトみぞれそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/06/06/8586979(鰯のつみれつけ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/04/15/8482656(アスパラ天そば(冷))
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/03/10/8399732(ふきみそかけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/02/24/8373970(キタワセ寒風晒し)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/12/30/8298762(年越しそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/12/09/8271260(明太子あんかけ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/10/05/8214232(なすの肉みそあん)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/08/26/8163483(シャモつけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/06/23/8117533(塩だれシャモかけ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/06/10/8108725(塩だれシャモつけ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/05/26/8096365(もりそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/04/10/8068798(アスパラ天そば(冷))
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/03/08/8042697(もりそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/12/12/7947963(ぎたろう軍鶏 水炊)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/11/10/7899010(セロリ豚かけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/10/26/7870377 9月の当選者発表
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/10/21/7859519(シャモつけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/10/07/7830397(木鶏丼と小盛そば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/09/16/7794981(さんまのつみれ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/08/27/7752570(もりそばと木鶏丼)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/08/19/7736998(夏の彩り香味そば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/07/15/7708085(トマトみぞれそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/06/12/7667621(夏カレーつけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/04/29/7623168(アスパラ天そば(冷))
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/04/12/7609923(もりそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/03/12/7589347(青のりかけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/02/19/7575796(シャモ卵とじ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/01/21/7545810(かけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/12/31/7528437(年越しそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/12/18/7519342(温しぐれシャモ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/10/08/7453316(大あさりつけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/10/01/7447587(もりそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/08/30/7424960(木鶏丼)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/06/08/7339771(シャモつけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/04/22/7292022(もりそば


そば処 木鶏で「トムヤム風セロリつけそば」@東筑摩郡山形村2019年06月22日 15:38

お店。

                     入口の看板。

                                          木鶏。

釜前の店主さん。

                     トムヤム風セロリつけそば
                     http://ichigoichienococoro.naganoblog.jp/e2389231.html

                                          トムヤム風セロリつけそば  (1,512円 税込)

酸味と辛味が各々を主張しながらも、旨味が
たっぷりでバランスが絶妙なスープ。
中には豚とセロリのつみれ、太いネギの斜め
切り、ササガキゴボウとブツ切りの淡竹が潜
んでいます。

                     野辺山高原産の十割手打ちそばは、

                                         繊細で風味が高い細打ちです。

一口目は卓上のヒマラヤ塩でいただきます。 

                     残ったスープは塩味が強いので、濃厚なそば湯で割る
                     と丁度よい味になります。
                   一気に完飲し、底に残った具材の切れ端までいただき
                     ました。

                                         〆は濃厚なそば湯で。


         流石です!!、とり麺や五色と木鶏のコラボには一分の隙も
       ありません。
         最後まで美味しくいただきました。


場      所         長野県東筑摩郡山形村5511-7
電話番号     0263-98-2099
営業時間         昼のみ営業:(火~日)  11:30~14:30 (Lo14:00)
                     昼夜営業:(木~土)18:00~21:00 (Lo20:30)
                           (昼・夜ともにそばが無くなり次第終了)
定  休 日        毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
                       (臨時休業あり、詳しくはHPをご覧ください)
席      数        カウンター4席・テーブル席4人用3卓・6人用1卓
                    個室(お座敷)6人用1卓
駐  車 場        有り(2ヶ所 11台)



そば処 木鶏のHP  
http://ichigoichienococoro.com/

そば処 木鶏のfacebook   
https://ja-jp.facebook.com/sobadokoro.mokkei


そば処 木鶏の過去トピ
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2019/05/19/9074509(三店コラボこってり)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2019/05/18/9074147(三店コラボあっさり)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2019/04/19/9061710(玄挽き田舎+アス天)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/12/31/9019545(年越しそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/12/08/9010055(長野朝日放送出演)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/12/07/9009287(玄挽き卵とじすんき)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/11/15/8999123(もりそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/09/05/8956918(信州サーモンと・)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/06/24/8902457(グリングラス×木鶏)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/04/27/8834482(アスパラ天そば(冷))
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/04/11/8823691(三店舗食べ比べ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/01/31/8779870(あいもり)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/12/31/8759029(年越しそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/12/26/8755548(とうじそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/12/21/8752466(卵とじすんきそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/12/12/8747028(すんきそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/12/05/8742604(牡蠣つけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/11/10/8724760(セロリの豚巻き)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/09/22/8681594(鈴ヶ沢なす天そば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/07/29/8629385(トマトみぞれそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/07/09/8617435(トマトみぞれそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/06/06/8586979(鰯のつみれつけ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/04/15/8482656(アスパラ天そば(冷))
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/03/10/8399732(ふきみそかけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/02/24/8373970(キタワセ寒風晒し)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/12/30/8298762(年越しそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/12/09/8271260(明太子あんかけ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/10/05/8214232(なすの肉みそあん)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/08/26/8163483(シャモつけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/06/23/8117533(塩だれシャモかけ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/06/10/8108725(塩だれシャモつけ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/05/26/8096365(もりそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/04/10/8068798(アスパラ天そば(冷))
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/03/08/8042697(もりそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/12/12/7947963(ぎたろう軍鶏 水炊)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/11/10/7899010(セロリ豚かけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/10/26/7870377 9月の当選者発表
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/10/21/7859519(シャモつけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/10/07/7830397(木鶏丼と小盛そば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/09/16/7794981(さんまのつみれ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/08/27/7752570(もりそばと木鶏丼)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/08/19/7736998(夏の彩り香味そば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/07/15/7708085(トマトみぞれそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/06/12/7667621(夏カレーつけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/04/29/7623168(アスパラ天そば(冷))
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/04/12/7609923(もりそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/03/12/7589347(青のりかけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/02/19/7575796(シャモ卵とじ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/01/21/7545810(かけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/12/31/7528437(年越しそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/12/18/7519342(温しぐれシャモ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/10/08/7453316(大あさりつけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/10/01/7447587(もりそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/08/30/7424960(木鶏丼)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/06/08/7339771(シャモつけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/04/22/7292022(もりそば


根曲がり竹の竹の子ご飯2019年06月21日 21:12

昨日の続きをUPします。
先日、地方局のTV番組の根曲がり竹特集で、地元の
竹採り名人が作っていた「竹の子ご飯」のレシピです。
すごく美味しそうだったし、根曲がり竹も手元にある
ので、記憶をたどりながら自己流で作ってみました。

太めの竹の子、約100gを使います。

                     節や固い部分を切り落とし、食べられる部分を
                     2㎜くらいの厚さに輪切りします。
                     薄く輪切りにするので、少々固くても大丈夫です。

                                        アルミホイルを二枚重ねにします。

お冷ご飯をお茶碗に軽く二杯ほど盛って平に広げて、

                     その上に切った竹の子を広げてのせます。

                                         バター20gを適当な大きさに切り分けて、

切ったバターを竹の子の上に適当にのせます。

                     醤油を適当に掛け回して、

                                        上から二枚重ねのアルミホイルで包み、折り目を
                                        しっかりと押さえます。

フライパンに入れて、中火で7~8分温めます。

                     バター風味の竹の子ご飯の出来上がりました。

                                        混ぜ合わせると「おこげ」が出来て、バター風味
                                        と共に美味しそうな醤油の香りが立っています。

                     根曲がり竹の竹の子ご飯と味噌汁の出来上がりです。
                     どちらも美味しくいただきました。


       竹採り名人と同じように「おこげ」を味わいたくて、アルミホイルで
   包み、フライパンで温めましたが電子レンジではどうでしょうか?
   こんな記事をみつけました。
       「電子レンジでアルミホイルは使用厳禁!」  
       https://www.olive-hitomawashi.com/living/2019/03/post-269.html
      
       旬の味、根曲がり竹の今シーズンのレポはこれが最後とします。
       来年を楽しみにしましょう。




根曲がり竹の味噌汁2019年06月20日 22:35

東筑摩郡生坂村産の根曲がり竹です。

                 約800gで 1,728円(税込)です。
                     今回は太くて軟らかい竹の子が手に入りました。

                                         マルハニチロのさば水煮缶200g 285円(税込)
                田内屋のもめん豆腐 220g 130円(税込)
                県産の玉ネギ 360g 41円(税込)

竹の子の頭を約3㎝ほどカッターで斜めに切り落とし、
根元から頭まで約1㎜くらいの深さで切り込みを入れ
ます。

        切り込みのアップ。            

                切り込みに親指の爪を入れ、左右に回しながら
                                         丁寧に皮を剥き、根元の固い部分を切り落とし
                              ます。
                                          (食べられる部分を多く残し、ビジュアル的にも
                                          綺麗に見せるために、これが一番手間がかかる
                                          作業です。)

約450gになりました。

                     今回は、約350gを味噌汁に使います。
                     (残りの100gについては明日ブログにUPします。)

                                         根元や節の固い部分を切り落とします。
                                         左、食べられる部分。右、捨てる部分。

食べられる部分は約200gになりました。

                     玉ネギを大きめにザクザクと切ります。

                                         皮を剥いたら約300g程になりました。

玉ネギと竹の子を鍋に入れ、

                     水を注いで火をつけ、

                                         煮立ったら火を止めてアクを取り除きます。

そこにサバ缶を汁ごといれて、食べやすい
大きさに身を崩し。

                     火を付けてひと煮立ちしたら、

                                         火を止めてアクを取ります。

次に、豆腐をスプーンで適当な大きさにすくい
ながら鍋に入れます。
(豆腐はあらかじめ、フィルムを切って水切りを
しておきます。)

                     味噌汁の具材が全部入りました。

                                         火を付けてひと煮立ちしたら、

火を止めてアクを取ります。

                     味噌を適量、溶かし込みます。

                                         これで全部の用意が整いました。

ひと煮立ちしたら火を止めて、

                     アクを取り除いたら出来上がりです。

             根曲がり竹の味噌汁が美味しく出来上がりました。





根曲がり竹の味噌汁2019年06月15日 22:41

  毎日利用するスーパーで珍しく根曲がり竹を売っていたので買ってきました。
  今の時季、産直市場では珍しくありませんがスーパーで売っているのは本当に 
  珍しいことです。
  でも折角なのに、一把しか残っていなかったのは残念でした。

松本市奈川産の根曲がり竹 300g (378円 税込)
さば水煮缶 200g (301円 税込)
木綿豆腐 330g (107円 税込)
玉ネギ 350g (51円 税込)

                     カッターで竹の子の頭を3㎝ほど斜めに切り落とし、
                     皮を剥きやすいように根元から頭に向けて切り込み
                     を入れます。
                     親指の爪で皮を開き、左右に回しながら頭まで丁寧
                     に剥きます。            

                約170gくらいになりました。

節などの固くて食べられない部分を切り落とします。
食べられる部分を切る時は包丁がスッと軟らかく入り
ます。
左は食べられる部分、右は捨てる部分です。

                     食べられる部分は約100gになりました。

                                         玉ネギを適当な大きさに銀杏切りにします。

竹の子と玉ネギを鍋に入れて水を適量入れ、

                    ひと煮立ちしたら火を止めます。

                                         そこに、さばの水煮缶を

汁ごと入れて、身を食べ易い大きさにほぐしてから
ひと煮立ちさせます。

                     木綿豆腐はスプーンで適当な大きさにすくい、
                     鍋に入れ、

                                         ひと煮立ちしたら火を止めて、

味噌を適量溶かし込み、

                     ひと煮立ちさせたら出来上がりです。

                                         お椀に盛って「いただきま~す」


                今日も旬の味を美味しくいただきました。
                今シーズン中にもう一度いただけると嬉しいですね。