小木曽製粉所 村井店で「肉つけそば」@松本市村井町2018年02月15日 21:05

お店。


                    本日のそば粉は栃木県産。


                                        オーダーはカラーチップと品名板で。


そば湯、そばつゆ、天ぷらつゆはセルフで。


                                        いろいろな天ぷら。


「肉つけそば」は22日(木)までキャンペーン中。


                    冬季限定「冬のあったかそば」のいろいろ。


                                       王滝グループ「3大プレミアムデー」のお知らせ。


肉つけそば 並盛り (540円 税込)


                    和風醤油味のつけ汁に具材は薄切りの豚バラ肉、
                    ワカメとゴマ。


                                        栃木県産のそば粉で八二のそば。


中細のそばは並盛りで150g。


                    薬味の「自家製生七味」


                                        「生七味」の説明。


途中から「生七味」を投入。


                    つけ汁のそば湯割り。


                                        そば湯。


                            リーズナブルで美味しい一杯でした。


場         所      松本市村井町南1-28-8
TEL(そば処)     0263-50-6616
営 業 時 間   11:00~21:00 (売り切れ次第終了)
定   休   日       無休
席       数       カウンター32席・テーブル42席
駐   車   場       有り(40台)





そば処 木鶏で「かきのガーリックつけそば」@東筑摩郡山形村2017年12月05日 22:22

お店。
風が強くて暖簾を吹き上げています。


                    卓上の調味料など。
                    一味唐辛子は阿南町鈴ヶ沢の「鈴ヶ沢南蛮」を使用。
                    以前に店主さんが「鈴ヶ沢なす」の生産者を訪ねた
                    際に偶然に知った真っ赤な唐辛子です。
                    右端はそば本来の美味しさを引き出す「ヒマラヤ塩」


               お店でも売っています。(12gで480円 税別)
                                         「鈴ヶ沢南蛮の一味唐辛子」とは。
                                         http://wagoumura.jp/product/tougarashi/


お品書き。


                     冬の限定メニュー。
                     http://ichigoichienococoro.naganoblog.jp/e2189894.html


               お酒のアテにお勧めです。


かきのガーリックつけそば (1,706円 税込)




                                        野辺山高原産のそば粉十割の手打ちそば。


オリーブオイルとニンニクで牡蠣を軽くソテーし、
濃厚な鰹ダシのつけ汁と合わせ、和と洋のテイスト
を掛け合わせた絶妙な味のするつけ汁です。
他の具材は、シンプルに白髪ネギ、削ぎ切りのネギ、
小口切りのネギと葱だけです。
アクセントにレモンのスライスを添えて爽やかな酸味
を加えてあります。


                    旨味たっぷりで大振りの牡蠣が3個入っています。


                                        途中から一味唐辛子を振り掛けてみました。
                                        切れの良いピリッとした辛味が爽やかで、美味し
                                        さが増します。


つけ汁のそば湯割りもコクと旨味が有って美味しい
です。


                    仕上げにルチンたっぷりのそば湯。


                                        釜前の店主さん。


以下は雑談です。
ぎたろう軍鶏。


                    ぎたろう軍鶏を捌く店主さん。


                                        捌いたお肉は、モモ、ムネ、ササミ。
                                        お肉は美味しい食材になり、ガラは美味しい
                                        出汁になります。


今年も12月となり、年越しそばの季節となりました。
そば本体の料金は昨年と同じで据え置きとなっています。


                                        宅配料金の値上がりにより送料が上がりました。


            雑談が多くなりましたが、「かきのガーリックつけそば」は
          木鶏さんのこだわりが十分に味わえる美味しい一杯でした。



場      所       長野県東筑摩郡山形村5511-7
T  E L   0263-98-2099
営業時間       昼のみ営業:(火~日)  11:30~14:30 (Lo14:00)
                   昼夜営業:(木~土)18:00~21:00 (Lo20:30)
                         (昼・夜ともにそばが無くなり次第終了)
定  休 日       毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
                       (臨時休業あり、詳しくはHPをご覧ください)
席      数       カウンター4席・テーブル席4人用3卓・6人用1卓
                   個室(お座敷)6人用1卓



そば処 木鶏の過去トピ
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/11/10/8724760 (セロリの豚巻き)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/09/22/8681594 (鈴ヶ沢なす天そば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/07/29/8629385 (トマトみぞれそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/07/09/8617435 (トマトみぞれそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/06/06/8586979 (鰯のつみれつけ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/04/15/8482656 (アスパラ天ざる)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/03/10/8399732 (ふきみそかけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/02/24/8373970 (キタワセ寒風晒し)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/12/30/8298762 (年越しそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/12/09/8271260 (明太子あんかけ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/10/05/8214232 (なすの肉みそあん)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/08/26/8163483 (シャモつけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/06/23/8117533 (塩だれシャモかけ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/06/10/8108725 (塩だれシャモつけ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/05/26/8096365 (もりそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/04/10/8068798 (アスパラ天ざる)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/03/08/8042697 (もりそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/12/12/7947963 (ぎたろう軍鶏 水炊)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/11/10/7899010 (セロリ豚かけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/10/26/7870377  9月の当選者発表
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/10/21/7859519 (シャモつけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/10/07/7830397 (木鶏丼と小盛そば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/09/16/7794981 (さんまのつみれ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/08/27/7752570 (もりそばと木鶏丼)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/08/19/7736998 (夏の彩り香味そば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/07/15/7708085 (トマトみぞれそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/06/12/7667621 (夏カレーつけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/04/29/7623168 (アスパラ天ざる)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/04/12/7609923 (もりそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/03/12/7589347 (青のりかけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/02/19/7575796 (シャモ卵とじ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/01/21/7545810 (かけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/12/31/7528437 (年越しそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/12/18/7519342 (温しぐれシャモ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/10/08/7453316 (大あさりつけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/10/01/7447587 (もりそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/08/30/7424960 (木鶏丼)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/06/08/7339771 (シャモつけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/04/22/7292022 (もりそば)


そば処 木鶏のHP  
http://ichigoichienococoro.com/


そば処 木鶏のfacebook   
https://ja-jp.facebook.com/sobadokoro.mokkei


高遠そば ますやで「暑中信州寒晒蕎麦(高遠つゆ)」@伊那市高遠町2017年07月30日 21:36

先日いただいた壱刻の「寒晒蕎麦」が美味しかった
ので、今回は同じ高遠の名店「ますや」の寒晒蕎麦
をいただいてみました。

お店は高遠町から茅野市に向かうR152沿いにあり
ます。


        お店。
                    今日も一番乗りですが、店頭の名簿に姓と人数を
              記入して開店を待ちます。
                    待っている間にお品書きの各ページを撮影させて
                    いただきました。
                    開店前なのでまだ暖簾が出ていません。


                                        開店から30分後のお店の前。
                                        下の駐車場は県外車で一杯になり、お店の外には
                                        順番待ちのお客さまの姿が見えます。

                   
テーブル席。


                    テーブル席。


                                       一枚板の大テーブル席。


お品書き。


                    高遠町の4店で開催された「暑中信州寒晒蕎麦」
                    のイベントも、今日が最後の日となりました。
                    ますやのそばの一人前は、生そばの状態で90gの
                    そばが二枚となるので合計で180gとなります。
                    また、1,200円(税込)は「江戸風つゆ」の場合で、
                    独特の「高遠そばつゆ」の場合は1,500円(税込)
                    となります。


                                        「高遠そば」のレクチャー。


初めに「高遠そばつゆ」一式が配膳されます。
専用のそばつゆ、辛味大根おろしと刻みネギ、
焼き味噌など。


                    しゃもじに盛られた焼き味噌。


                                        辛味大根おろしと刻みネギ。


レクチャーに従い、半分の焼き味噌を半分の出汁で
溶かします。


                    スリコギは山椒の木ですが、使い込まれているので
                    独特の香りは感じられません。


                                        一枚目のそばが来ました。


伊那市 入野谷産の寒晒蕎麦粉を十割りで手打ちした
そば。


                    中細で角が立ったそばはコシが強く、歯ごたえと
          風味が十分です。


                                        初めに出汁つゆで焼き味噌を溶かしたそばつゆで
                                        いただきます。
                                        焼き味噌は意外と甘く、出汁つゆで割ったそばつ                                          ゆだけでいただいても美味しいです。


残り半分の焼き味噌、辛味大根おろしと刻みネギ
を全部入れて「高遠そばつゆ」の完成です。


                    そばつゆにドップリと浸けて、辛味大根おろしと
                    刻みネギを十分に絡ませていただきます。
       コシが強く、風味豊かで歯ごたえ十分のそばは
                   「高遠そばつゆ」には負けていません。


                                        一枚目が食べ終わるタイミングで、二枚目が提供
                                        されます。


一人前のそばをわざわざ茹で立ての二枚で提供する
店主さんの心意気が感じられて嬉しいですね。


                                        二枚目も美味しくいただきました。
                                        黒竹平編みのそばざるにも店主さんの拘りが感じ
                                        られ、黒竹平編みのざるに乳白色のそばが映えて
                                        います。


「高遠そばつゆ」のそば湯割り。


                    濃厚なそば湯。


                                        木曽路と異なり、豊かな山林と優れた木地師の
                                        居なかった高遠では、瀬戸から伝わった陶器製の
                                        大きなこね鉢を使っていたようです。
                                        木製で無地のこね鉢だと季節の乾燥状態によって 
                                        水分を吸ったり吐いたりするので、十割のそば打
                                        ちの際の水分の調節が難しいそうです。
                                        漆塗りのこね鉢が全盛ですが、見てくれの他にも
                                      水分調節が楽という実利面もあるようです。



     今回のイベントで「壱刻」さんと「ますや」さんで「暑中信州寒晒蕎麦」
     をいただきましたが、どちらもお店の個性が十分に発揮されていて美味
     しかっでです。 
     伊那「寒ざらしそば」の仕込み
  http://www8.shinmai.co.jp/soba/article.php?id=SOBA20170121007405
                                                                          (信濃毎日新聞より)

     このイベントは毎年続けて欲しいですが、自宅から自動車で片道1時間半
     の道のりはかなりキツイです。
     胃袋のキャパが貧弱のうえ、そば湯までタップリといただくので満腹状態
     となり連食は出来ません。
     お腹いっぱいの状態で次をいただいても美味しくありませんから・・・。
     伊那には個性豊かなそば屋さんが沢山あり、それぞれが個性豊かなそばを
     提供していますが自宅から遠いのが難点です。



場      所      伊那市高遠町東高遠1071
電話番号  0265-94-5123
営業時間      11:00~16:00
定  休 日      火曜日(1~2月は不定休・4月は休み無し)
席      数      カウンター4席・テーブル5卓(20席)
駐  車 場      有り(10台)




高遠そば ますやのHP  http://massya.com/

そば処 壱刻で「暑中信州寒晒蕎麦(高遠)」@伊那市高遠町2017年07月22日 21:42

気になっていた寒晒蕎麦の「高遠」をいただきに再度
訪れました。
10時30分頃に到着し、一番乗りだったので写真撮影も
十分に出来ました。

お店。


                    営業時間と信州寒晒蕎麦。


                                        涼し気な蹲踞。


テーブル席、奥は2人用・手前は4人用。


                    パーテーションで仕切られたテーブル席は4人用。


                                         中央のテーブル席は8人用。
                                         お店が混んだ場合は相席になります。


暑中信州寒晒蕎麦。
先日の高遠1,350円は値段をつけ間違えたそうです。


          そう云えば右の「高遠」の寒晒は1,450円ですね。


                                       「高遠そば」の由来と食べ方のレクチャー。


「寒晒蕎麦」の提供日と数量。


                    壱刻のつゆ。


                                        壱刻のだし。


壱刻こだわりの薬味。
フランス塩・一味唐辛子・七味唐辛子。


                    「高遠」のそばつゆ。
                    上から、普通のそばつゆ・「高遠」の薬味(辛味大根
                    おろし、ネギ、焼き味噌)・辛味大根のしぼり汁。
                    普通のそばつゆが付いているのはありがたいですね。


                                        そばが来ました。


寒晒蕎麦「高遠」一式。 (1,450円 税込)


                    伊那 入野谷産の寒晒しそば粉100%で手打ちした
                    十割そば (生麺で150g)。
                    やや太めで固くてコシが強く香りが立っています。      


                                        一口目はフランス塩でいただきます。


二口目は辛味大根のしぼり汁に、焼き味噌とネギを
入れた「辛つゆ」でいただきます。
辛味大根と焼き味噌でも意外とマイルドで、後味は
甘く美味しいです。


                    更にそばつゆを加えて味を整えます。
                    これで、そばつゆの出汁が加わってもっと美味しく
                    なります。


                                        そばをどっぷりと浸けていただきます。
                                        固めでコシの強いそばは噛むほどに甘味と風味が 
                                        立ち、辛つゆに負けず相性はバッチリです。
                                        江戸流を気取って、そばつゆを先端にちょっと付
                                        けて、スルスルと流し込んでも全く美味しくあり
                                      ません。


そば湯は濃いめでお願いしました。
そばつゆのそば湯割り。


                                        濃厚なそば湯。


壱刻は「信州そば切りの店」


                                        壱刻は「高遠産そば使用の店」


                    初代からの看板が今でも引き継がれています。



そば処「壱刻」は十数年前の開店以来、店主さんは何人か代わったよう
ですが店名や看板、外装、内装など基本のしつらえは開店当初のままで
す。
店主さんが代われば店名や内装が変わるのが普通ですが、開店当初のまま
の状態を引き継いでいるのは極めて珍しい事ですね。

因みに、下は2005年5月13日に初めて壱刻さんを訪れた時の画像です。
高遠で途絶えてしまった「高遠そば」が会津から里帰りしたニュースが
伝えられ、高遠で「高遠そば」を復活する取り組みが本格的に始った頃に
開店した壱刻さんです。
でも、当時の店主さんは「高遠そばはやりたくないんですよ~」と仰って
いた事を思い出しました。
繊細な江戸流のそば打ちを目指していた店主さんにとって、田舎風の高遠
そばは馴染まなかったのかも知れません。


お店。


                    X字木組みのパーテーションの向こう側は4人用の
                    テーブル席。


                                        現在の8人用テーブル席。
                                        当時のお品書は「二八のざるそば 800円」だけ
                                        でした。


二八のざるそば  (800円 税込)


                    細打ちの手打ちそば。
                   

                                        お店の前はJR高遠バスターミナル(当時)。



今の店主さんになって5年程だそうですが、県内のそばの生産者と製粉業者、
そば店に働きかけ、そばの勉強会「蕎匠塾」を発足させ、信州そばの品質と
技術の向上に尽くされています。
http://www8.shinmai.co.jp/soba/article.php?id=SOBA20170707008401
                                                         (信濃毎日新聞 2017/07/07より)

また、今は途絶えた幻のそば「高遠在来種」の復活にも尽力されているとの事
です。
               


場      所     伊那市高遠町西高遠1696
電話番号     0265-94-2221
営業時間     11:00〜15:30(Lo15:00)(売り切れ次第終了)
定  休 日     木曜日(祝日の場合は営業)
                 (註)1月~3月は冬季休業
席      数     テーブル席、2人用2席・4人用2席・8人用1席
駐  車 場     有り(5台)



伊那「寒ざらしそば」の仕込み (信濃毎日新聞より)
http://www8.shinmai.co.jp/soba/article.php?id=SOBA20170121007405





そば処 木鶏で「いわしのつみれつけそば」@東筑摩郡山形村2017年06月06日 21:40

お店。
緑が多くなり初夏らしい風景です。


                    カウンター席。


                                        テーブル席。


お品書き。


                    6月の限定は「いわし つみれつけそば」
                    http://ichigoichienococoro.naganoblog.jp/e2111837.html


                                        お勧めは福島の地酒と信州の地酒。
                                        つまみには店主さんの故郷、福島の珍味もあり
                                        ます。


                    釜前の店主さん。


いわし つみれつけそば   (1,512円 税込)


                    真ん中の小鉢はモロヘイヤのおひたし。
                    シャキシャキ、ネバネバで良い箸休めになりました。


                                        そばは野辺山高原産のそば粉十割の手打ち。


                    冷水で締めたそばは細打ちで角が立っています。


付けつゆは7種類の煮干しをブレンドして丁寧に
処理し出汁を取ったた後、関西風の薄口醤油で
優しいながらも締まった味に仕立ててあります。
具材はゴボウのささがき、斜め切りのネギと短冊
切りにした大根とニンジン、アサツキの小口切り
と針生姜が彩りを添えています。

                                   
                                      イワシのつみれは臭みは全く無く旨味が凝縮し、
                                      ふっくらした口当たりのものが二個入っています。


付けつゆのそば湯割り。


                                        濃厚なそば湯。

                    
                     季節の食材を上手に組み合わせ、丁寧に調理した
                     美味しい一品でした。


場      所       長野県東筑摩郡山形村5511-7
T  E L   0263-98-2099
営業時間       昼のみ営業:(火~日)  11:30~14:30 (Lo14:00)
                   昼夜営業:(木~土)18:00~21:00 (Lo20:30)
                         (昼・夜ともにそばが無くなり次第終了)
定  休 日       毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
                       (臨時休業あり、詳しくはHPをご覧ください)
席      数       カウンター4席・テーブル席4人用3卓・6人用1卓
                   個室(お座敷)6人用1卓
駐  車 場       有り(2ヶ所 12台)




そば処 木鶏の過去トピ
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/04/15/8482656 (アスパラ天ざる)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/03/10/8399732 (ふきみそかけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/02/24/8373970 (キタワセ寒風晒し)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/12/30/8298762 (年越しそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/12/09/8271260 (明太子あんかけ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/10/05/8214232 (なすの肉みそあん)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/08/26/8163483 (シャモつけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/06/23/8117533 (塩だれシャモかけ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/06/10/8108725 (塩だれシャモつけ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/05/26/8096365 (もりそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/04/10/8068798 (アスパラ天ざる)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/03/08/8042697 (もりそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/12/12/7947963 (ぎたろう軍鶏 水炊)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/11/10/7899010 (セロリ豚かけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/10/26/7870377  9月の当選者発表
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/10/21/7859519 (シャモつけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/10/07/7830397 (木鶏丼と小盛そば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/09/16/7794981 (さんまのつみれ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/08/27/7752570 (もりそばと木鶏丼)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/08/19/7736998 (夏の彩り香味そば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/07/15/7708085 (トマトみぞれそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/06/12/7667621 (夏カレーつけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/04/29/7623168 (アスパラ天ざる)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/04/12/7609923 (もりそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/03/12/7589347 (青のりかけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/02/19/7575796 (シャモ卵とじ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/01/21/7545810 (かけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/12/31/7528437 (年越しそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/12/18/7519342 (温しぐれシャモ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/10/08/7453316 (大あさりつけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/10/01/7447587 (もりそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/08/30/7424960 (木鶏丼)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/06/08/7339771 (シャモつけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/04/22/7292022 (もりそば)



そば処 木鶏のHP  
http://ichigoichienococoro.com/


行者そば祭り@伊那市荒井内の萱2016年10月16日 21:40

第30回 行者そば祭り。

開催日:平成28年10月16日(日曜日)午前10時~
          午後2時30分まで(売切れ次第終了)
場所:伊那市荒井区内の萱、内の萱スポーツ公園。


                    荒井地区の皆さんが総出で準備中です。


               準備中の受付周辺。


飲食テーブルのセットも終わりました。


                   そば打ちのブース。


                                        石臼も登場。


釜前もお湯を沸かし準備完了。


                                       TVの取材。


無料のお茶と漬物のブース。

                    漬物は野沢菜の切り漬け。


                                       そば湯の準備もOKです。


 そば祭りの神事。
行者そばは1300年ほど前、修行に向かう行者が
内の萱集落でもてなしを受けたお礼にと、置いて
いった一握りのそばの種を大切に守り育てたこと
が始まりとされています。

                   




午前10時少し前ですが券売開始です。


                    三品を購入。


                    辛つゆの説明。


                                        卓上には七味ときざみネギ。


しょうゆそば。
そばつゆに大根おろしを入れて頂きます。




                                        地粉で打ったそばは八二の手打ちでやや太め。


快晴に恵まれた会場風景。






アフリカ系の外人さんにインタビューする放送局の
スタッフさん。


                  会場は激込。




                    盛り付けのスタッフさんも大忙し!


釜前さんも大忙し!






打ち場の板前さんも大忙し!
水回しをする梅庵の店主さん。

     
        延し。


                                       切り。


地区の名人も総出でそば打ち。






お茶と大量の野沢菜漬け。


                    辛つゆそば。


                                        やや太めで歯ごたえのある八二の手打ちそば。


焼き味噌と辛味大根のおろしの入ったそばつゆ。


                                        そば湯。


農産物の直売所。






 お昼頃には長い行列が出来ました。






お土産用のそば(二人前でつゆ付き)。


                                        午後1時ころの会場入口。                          


伊那市では、「信州そば発祥の地」にちなんで
「そばスタンプラリー」が開催されています。


                    「そば祭り」の案内。


                                        加入そば店の案内。









そば処 木鶏で「塩だれシャモつけそば」@東筑摩郡山形村2016年06月10日 22:00

お店。


                    木鶏恒例の今月のミニギャラリーは
                   「和・輪・笑 wawawa な お着楽服展」by安達真由子さん
                     http://ichigoichienococoro.naganoblog.jp/e1932047.html


                                        テーブル席。


作家さんからのメッセージ。


                    和・輪・笑 wawawa な お着楽服。
                    アフリカらしく強烈な色彩と模様が冴えています。


               オーダーも承ります。


個性的な布と小物類いろいろ。











               柿渋染め、墨染めワークショップのお知らせ。



木鶏さん6月の限定は「塩だれシャモつけそば」


                    会津土産の赤ベコと調味料。


                                        釜前の店主さん。


塩だれシャモつけそば  (1,512円 税込)+
                   シャモの煮たまご半分 (86円 税込)
小鉢は昆布の佃煮、オカヒジキのおひたし。
つけ汁の下の小瓶は途中で追加の酢。


              シャモの鶏ガラから取ったスープに鰹ダシを合わせ、
                    薄口醤油に酸味を加えた夏向きの爽やかなつけ汁。
                    具材はシャモチャーシュー2枚、焼きネギ、オクラ、
                    ナス、輪切りのズッキーニと追加の煮たまご。 
                    旬の野菜はどれも丁寧に処理されていて彩りが良く、
                    盛り付けも綺麗です。         


                                        野辺山高原産の十割手打ちそば。


佃煮の小鉢にとったシャモのチャーシュー。
柔らかいが適度な歯ごたえを残し、しっとりとした
味わいで旨味が十分です。


                     そば湯で割ったつけ汁。
                     鶏と旬の野菜の旨味が溶け出ていて、そば湯との
                     相性はバッチリ。


                                        サッパリながら濃いそば湯。


              夏向きにサッパリしていながらもコクと旨味が十分の、
        木鶏さんらしい意欲的は一品でした。

        2014年6月の「シャモつけそば」
              http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/06/08/7339771
              に比べると、2年間の間につけ汁や具材の扱いに対しての
              素晴らしい進歩を感じます。



場      所       長野県東筑摩郡山形村5511-7
T  E L   0263-98-2099
営業時間       昼の部  11:30~14:30 (Lo14:00)
                   夜の部(火~土)18:00~21:30 (Lo21:00)
                                (日)  18:00~20:30 (Lo20:00)
                         (昼・夜ともにそばが無くなり次第終了)
定  休 日       毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
                       (臨時休業あり、詳しくはHPをご覧ください)
席      数       カウンター4席・テーブル席4人用3卓・6人用1卓
                   個室(お座敷)6人用1卓
駐  車 場       有り(2ヶ所 12台)




そば処 木鶏のHP  
http://ichigoichienococoro.com/


そば処 木鶏のfacebook   
https://ja-jp.facebook.com/sobadokoro.mokkei


小木曽製粉所 筑摩店で「肉つけそば(大盛り)」@松本市筑摩2016年05月20日 20:51

お店。


                    テーブル席。


                                        カウンター席。


三度の美味しさが楽しめる名物「肉つけそば」。


                    丼も出来ます。


                                        限定そばの日もあります。


カラーチップでオーダーします。


                    そばつゆ、そば湯などはセルフ。


                                        トッピングの天プラ。


肉つけそば(大盛り)   (918円 税込)


                    甘辛のつけ汁に豚ロースのバラ肉、ワカメ、白ゴマ。


                                        大盛りは、たっぷりの280g。




                    途中で加えると味の変化が楽しめる自家製の生七味。


                                        そば湯。

     
                  セルフで気軽にそばを楽しめるお店です。



場         所       松本市筑摩2-19-9
TEL(そば処)     0263-26-5789
営 業 時 間   11:00~21:00 (売り切れ次第終了)
定   休   日       無休
席       数       カウンター22席・テーブル28席
駐   車   場       有り(30台)






小木曽製粉所 安曇野IC店で「肉つけそば(大盛り)」@安曇野市豊科2016年04月17日 14:20

お店。


                    信州産のそば粉。
                    パネルはセルフの手順の案内。


                                        メニューなど。


お冷とお茶はセルフ。


                    注文はカラーチップで。


                                        茹で場。


肉つけそば(大盛り) 生七味付き  (918円 税込)
左側は、上から追加の大根おろし  (86円 税込)
中は薬味(ネギとワサビ)、下はそばつゆ。
右側は生七味と肉つけ汁。


                    ごま風味で甘辛のつけ汁にトッピングは豚バラの
                    薄切り・ワカメ・ゴマ・魚粉。
        そば湯で割ればマイルドになります。


                                        長野県産の細打ちそばは自家製麺。


大盛りは普通盛りの約二倍で280g。


                    辛さとコクが増す特製の生七味。 


                                        そば湯。


           肉つけ汁とそばつゆの両方で大盛りの美味しさを味わえるのは
           嬉しいですね。


場         所      安曇野市豊科南穂高133-1
TEL(そば処)     0263-71-2288
TEL(製粉所)     0263-50-8050
営 業 時 間   11:00~15:00 (売り切れ次第終了)
定   休   日       無休
席       数       カウンター25席・テーブル40席
駐   車   場       有り(50台)





そば処 木鶏で「シャモつけそば」@東筑摩郡山形村2015年10月21日 22:36

お店。


                    テーブル席。


                                        黒光りする大黒柱とアカマツのカウンター席。


                    釜前の店主さん。


店主さんの想い。


                    お品書き (一部分)


               福島の地酒いろいろ。


                    調味料いろいろ、左はそば用の藻塩。


シャモつけそば  (1,512円 税込)


        小鉢はモロヘイヤのお浸しと昆布の煮物。


                                        つけ汁はキレの良い醤油味で、ギタロウシャモの 
                                        旨味とダシがしっかりと出ています。
                                        下は後入れで風味付けの柚子胡椒です。


シャモ肉はサッパリした胸肉と、皮つきで脂の載
ったモモ肉の2種類。
その他、ネギ・ニンジン・ゴボウ・大根。


                    野辺山産の新そばは自家製粉の十割手打ち。
                    新そばらしく緑がかった色をしています。


                                        始めにヒマラヤ岩塩でいただきました。


つけ汁のそば湯割り。
塩味やシャモ肉の脂分がそば湯でマイルドになり
飲み易くなります。


                    ルチンたっぷりの濃いそば湯。


                                        足付きのソバざるは上品な民芸品みたいです。


                    編み目の綺麗なそばザルとそばを挟むのに絶妙な
                    長さと太さの箸。



              ギタロウシャモのコクと旨味が十分に味わえるうえに、
              新そばの風味が心地良く味わえる美味しい一杯でした。




場      所       長野県東筑摩郡山形村5511-7
T  E L   0263-98-2099
営業時間       昼の部  11:30~14:30 (Lo14:00)
                   夜の部(火~土)18:00~21:30 (Lo21:00)
                                (日)  18:00~20:30 (Lo20:00)
                         (昼・夜ともにそばが無くなり次第終了)
定  休 日       毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
                       (臨時休業あり、詳しくはHPをご覧ください)
席      数       カウンター4席・テーブル席4人用3卓・6人用1卓
                   個室(お座敷)6人用1卓
駐  車 場       有り(2ヶ所 12台)






そば処 木鶏のHP  
http://ichigoichienococoro.com/


そば処 木鶏のfacebook   
https://ja-jp.facebook.com/sobadokoro.mokkei