すんき漬け講習会@木曽町新開 ふるさと体験館きそふくしま2017年11月28日 21:03

すんき漬け講習会会場、ふるさと体験館きそふくしま。


        顔出しパネルで木曽の赤かぶの紹介。
                    開田かぶ(開田地区)、黒瀬かぶ(三岳地区)、細島
                    かぶ(木祖村)、王滝かぶ(王滝村)、
                    この他に、吉野かぶ(上松町)、芦島かぶ(上松町)
                    など、地域ごとに独自のかぶがあります。


                                        会場は旧黒川小学校の体育館を改修した実習室。


実習室。


                    今日の講師と注意事項。
                    講習はかぶ菜3kgで講習料は3,500円(税込)
                    今年は9月の長雨のため、他の野菜と同様に出来は
                  あまり良くなかったそうです。


                                        かぶ菜をお湯で洗い、汚れや傷んだ葉や茎を取り 
                                        除きます。




                    かぶの付け根の部分は乳酸菌が豊富なので
                    切り落として別にします。




かぶ菜を約1cmくらいの長さに切ります。




                                        茎の根本に付いていたかぶを細かく乱切りに
                                        します。




                    約60℃に温めたお湯を用意します。


                                        講師の用意した「すんきのタネ」 約300g。


切ったかぶ菜の三分の一をお湯に浸します。


                    10秒くらいお湯にくぐらせたら引き揚げます。


                                        発泡スチロールの箱に、予めビニール袋をセット
                                        して「タネ」を少し入れておきます。
                                        湯通ししたかぶ菜を入れ、上から「タネ」を少し
                                        振り掛けます。
                                        これを三度繰り返します。


乱切りにしたかぶを湯通しし、上に平に乗せて
残った「タネ」を振り掛け、茹で湯を柄杓で2杯
くらい掛け回します。


                    ビニール袋をしっかりと押さえ、中の空気を完全に
                    抜きます。


                                        空気が入らないように口元をしっかり縛ります。

         すんきの乳酸菌は酸素を必要としない「通性嫌気性菌」なので、
         葉が空気中の酸素に当たらないよう、茹で湯をヒタヒタに入れ、
         口元をしっかりと縛るのがポイントです。

適温を保つために丸めた新聞紙を詰めます。


                    蓋をしてずれない様にクラフトテープで止め、毛布
                    などで包み温度を保つようにします。


                                        講師の作ったスンキの味噌汁をいただいて終了。


元気に遊ぶ子供たちの声が聞こえて来そうです。






帰りに木祖村の道の駅に寄りました。


                    農産物の直売所。


                                        赤カブをget 約3kg超で(450円 税込)
                                        木祖村の「細島かぶ」ではなくて「王滝かぶ」
                                        でした。


                    次の日(29日)の朝に開いて見たら全体から酸味に
                    溢れた美味しい香りがして、ピンク色に染まって
                    いました。
                    今年も美味しく出来ました。






ふるさと体験館きそふくしまHP http://www.taikenkan.jp/




コメント

トラックバック