謹賀新年2020年01月01日 19:45





                    朝7時の気温-7℃、快晴無風でおだやかな年の
                    初めでした。
                    昨年は台風19号の襲来で、長野県北部と東部の
                    千曲川流域は大変な被害を被りました。
                    今年は今日の天候と同様に、平穏無事な一年で
                    ありますよう願っています。



すんき漬け講習会@木曽町新開 ふるさと体験館きそふくしま2019年11月30日 19:55

会場はふるさと体験館きそふくしま(旧黒川小学校跡)。

                     会場入口。

                                       講習会要領。
                                        すんき漬けには樽などに長いまま本格的に漬ける
                                      「長漬け」と、少量を初めから切って手軽に漬ける
                          「切り漬け」がありますが、講習会では初心者でも
                                        手軽に漬けられる「切り漬け」となります。

会場風景。

                     講師の指導のもと、皆さん手際よく進んでいます。

                                         ベテランさんは自分流に手慣れた様子で要領よく
                                         漬け込んでいます。

開田カブのかぶ菜。

                     すんき漬けは赤カブの茎と葉の部分を使います。(3kg)

                                         講師の用意したスンキの種。(約300g)

赤カブの葉を傷んだ部分や汚れを取り除きながら
洗います。

                     葉の先の方を除き、1㎝~2㎝位の長さに切ります。

                                         切った茎と葉の部分。
                                        

カブの根元の部分。
この部分に発酵を促す乳酸菌がたくさん住んでいます。

                     カブの部分を適当な大きさに薄切りにします。

                                切った葉とカブは流水で丁寧に洗い、小さなゴミ
                                        などを落とします。

準備が出来ました。

                    発泡スチロール容器(約10ℓ入り)に厚手のビニール袋を
                    敷きます。

                                         約60℃のお湯を沸かして、

葉の部分の約三分の一を10秒くらい湯通しします。
これは殺菌を目的としており、乳酸菌は生かしそれ
以外を殺菌します。
茹ですぎるのも禁物、葉が柔らかくなり食べた時の
ジャキジャキとした食感が失われてしまいます。
また、70℃以上のお湯だと乳酸菌が死んでしまいます。

                     湯通しした葉をビニール袋を敷いた容器にいれて、

                                          スンキの種を掛け回します。

これを3回繰り返します。

                     カブの部分も湯通しして、

                                         上に均等に載せます。

お湯を少し掛け回し、ビニール袋をしっかりと押して
中の空気を抜きます。

                     口をビニール紐などでしっかりと縛り、空気が
                     入らないようにします。

                                         保温のため古新聞を丸めて詰めます。

蓋をしてクラフトテープ等で密閉し、毛布などで包み
「美味しくな~れ、美味しくな~れ」と呪文を唱えて
一晩保温します。

                                         すんき漬けの保存方法。

すんき漬けの試食コーナーは併設の食堂四季。

                    熱々の味噌汁が用意されています。

                                         七味唐辛子を掛けていただきます。

                     お土産を兼ねて食べ比べ用に、すんき漬けコンクール
                     第10回名人 野口さんのすんき漬けをいただきました。
                                                            (250g 480円 税込)


翌日(12月1日)の朝。
蓋を開け新聞紙を取り除くと、ビニール袋が膨らみ
触ると温かくなってます。

                        袋を開けるとすんき漬けがピンク色に染まり、
                        辺りに甘酸っぱい匂いが漂います。

                                         美味しく完成しました。
                                         4~5日経つと熟成が進み、味が丸くなって
                                         もっと美味しくなります。


参考になるHP
霜が降りたら「すんき漬け」のシーズンですよ! 「王滝かぶの長漬け」
https://www.iijan.or.jp/oishii/sp/products/vegetable/post-2461.php

乳酸菌はヨーグルト超え!?木曽の無塩漬け物「すんき」の作り方と
健康ポイント。 「開田かぶの切り漬け」
https://haccola.jp/2017_03_21_1744/




赤かぶの甘酢漬けの過去トピ
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/11/23/7920253


ふるさと体験館きそふくしまHP http://www.taikenkan.jp/


松本七夕フェスティバル2019@信毎メディアガーデン2019年07月31日 22:50

会場の信毎メディアガーデン。

                     今日は松本七夕フェスティバル2019。

                                        松本七夕フェスティバル2019の内容。
                                    プラネタリウムといろいろなワークショップ。

会場を飾る松本七夕人形のいろいろ。

                     着物姿の人形、紙人形と七夕人形は様々。

                                          子供たちの作った可愛い七夕人形。

兵庫県姫路市の七夕人形の飾り付けを紹介。

                     会場の全景。
                     中央の丸いドームはプラネタリウム。

                                         クラフトコーナーの風景。

カータリづくり (500円 税込)
部品と用具の一部。

                     設計図と、

                                         見本を見ながらも指導員さんに頼り切りで、

悪戦苦闘の末に仕上げたカータリ。


        協賛の人形店さんやスタッフさんが関わり、松本の伝統行事を
          紹介するのに一日だけの企画では勿体ないですね。
          夏休みに県外から訪れる親子連れさんに、松本の七夕まつりを
          体験していただく絶好の機会です。


信毎メディアガーデンのHP
https://www.shinmai-mediagarden.jp/


信州麺友会サテライトショップ@塩尻市2019年06月29日 22:42

信州麺友会サテライトショップの今。
信州麺友会からサテライトショップ終了のアナウンスは
ありませんが、もう終了なのでしょうか?。
終了だとしたら、ファンとしては非常に残念な事です。

                       画像はAPULO塩尻北インター店のHPより

                                         画像はAPULO塩尻北インター店のHPより


場  所    塩尻市大字広丘吉田648番地7
                  APULO塩尻北インター店
席  数    カウンター10席・テーブル席4人用3卓
駐  車 場    有り(APULOと共用)


信州麺友会サテライトショップの過去トピ
令和元年5月のサテライトショップはお休みです。
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2019/05/05/9068895
第76弾  おおぼし (肉盛り味噌らーめん)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2019/04/12/9058837
第75弾  寸八 (出遅れて未食)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2019/03/31/9053969
第75弾、平成31年3月はお休みになりました。
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2019/03/01/9042113
第74弾 らぁ麺にぼしろ (醤油らぁ麺)   http://ahoodori.asablo.jp/blog/2019/02/11/9034885
第73弾 鶏そば屋がじゃがじゃ(ピリ辛鶏炎)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2019/01/11/9024079
第72弾 煮干しラーメン直球屋 (煮干し中華そば)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/12/14/9011849
第71弾 味噌らあめん専門店「ロックスター」(赤豚玉味噌らあめん)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/11/09/8995076
平成30年10月はお休みになりました。
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/10/01/8967540
第70弾は、山形県新庄市鶏中華「山形新旬屋 麺」(つけ鶏中華)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/09/11/8959199
第69弾 麺匠文蔵 (中華そば)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/08/24/8949299
第68弾  ハルピンの味噌  (元祖たれ味噌らーめん)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/07/13/8915209
第67弾  麺匠うえ田  (醤油つけめん)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/06/10/8891573
第66弾 この道×寸八コラボ (闘魂炙り長州らーめん)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/05/11/8849076
第65弾 この道らーめん (この道らーめん)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/04/13/8824975
第64弾  麺匠文蔵 (辛さがあとひく豚骨味玉らぁめん(赤))
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/03/02/8796735
第63弾 寸八堀江の研究結果2018春 (スパイスが効いてる煮干し担々麺)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/02/03/8781520
第62弾 寸八×どん八  (中華そば)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2018/01/12/8768229
第61弾 三代目 紀守 (らあめん (黒))
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/12/01/8738247
第60弾 中華そば 箍弥 (煮干しそば)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/11/04/8720937
第59弾 海鮮丼どん八 (未食)
第58弾 S.S.しろがね  (あっさりとした中華そば)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/09/07/8672227
第57弾 とんこつ家ZUN  (豚骨醤油らあめん)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/08/30/8662344
第56弾 海鮮丼どん八 (未食)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/07/31/8636287
第55弾 気まぐれ食堂 (醤油らーめん)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/06/08/8588890
第54弾 海鮮丼どん八 (未食)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/05/31/8581679
第53弾  さくら食堂 (醤油ラーメン)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/04/06/8446911
第52弾 らーめん天火 (豚骨醤油らーめん)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/03/28/8424354
第51弾 らーめん天火 (酢・山椒らーめん)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/02/10/8356722
第50弾 とんこつ家 然(ZEN)  (豚骨醤油らあめん)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/01/06/8306072
第49弾  山形村の「ひげ農場 ご飯屋」
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/12/02/8267149
第48弾 麺匠うえ田 (港の中華そば)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/11/04/8241931
第47弾 凌駕イベント部  (煮干し醤油ラーメン)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/10/01/8206730
第46弾 寸八プロデュース神童(kappa)  (らあめん)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/09/09/8176599
第45弾  おお✩ぼし G系-山王軒 (つけ)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/08/20/8156472
第44弾 麺奏 弥栄(いやさか) (ヒヤニボつけ麺)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/07/08/8127534
第43弾 まぜそば専門店 まぜ王  (じゃぽん)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/06/14/8111407
第42弾 燕黒 (ごくにぼしぼり)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/05/06/8084515
第41弾  助屋 (白らぅめん) 
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/04/02/8063667
第40弾  寸八 (ホタテ豚骨)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/03/12/8047186
第39弾  寸八 (横浜豚骨醬油)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/02/12/8016752
第38弾 ラーメンバル凌駕ドロップス (凌駕とハルピン混ぜちゃいました!) 
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/01/08/7982196
第37弾  ラーメンバル凌駕ドロップス (鴨脂と白トリュフオイルの醤油ラーメン)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/12/06/7938370
第36弾  麺屋MURO  (豚骨らーめん(白))
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/11/07/7894910
第35弾  助屋  (黒らぅめん)  
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/10/03/7824543
第34弾  麺屋一秀  (安養寺ら~めん)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/09/02/7771105
第33弾  雷槌  (あっさり中華そば)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/08/04/7724319
第32弾 1日限定コラボ (素材たっぷり原価の出汁塩)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/07/30/7720260
第32弾 第四週・麺処 じゅんき (さば節鶏白湯麺)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/07/24/7715551
第32弾 第三週・中華そば白金 (中華そば)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/07/20/7712882
第32弾 第二週・初代上條祐樹商店 (未食)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/07/10/7705035
第32弾 第一週・麺処 世界の岡部 (豚骨ラーメン)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/07/01/7694762
第31弾 七代目助屋 (白らーめん)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/06/01/7660338
第30弾 とりはち (鶏そば)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/05/09/7630587
第29弾 麺肴ひづき湯きりや (鶏コク醤油) 
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/04/01/7602143
第28弾 創作あってりめん (らーめん(醤油))  
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/03/03/7583685
第27弾 あってりめんこうじ (あってり麺しょうゆ) 
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/02/01/7562410
第25弾 にぼにぼ食堂 (あっさり煮干し中華そば)  
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/12/01/7507984
第24弾 まるもも食堂 (鶏そば)  
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/11/01/7480336
第23弾 極味噌らうめん吟屋 (牛骨生油らうめん) 
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/10/02/7448145
第22弾 麺 うちぼ利 (しょうゆ味) 
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/09/03/7427773
第20弾 麺匠佐蔵 FUBUKI (FUBUKI JUNK)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/07/01/7375778
第19弾 傾奇家本舗 前田慶次朗(濃厚トンコツ醤油お松)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/06/02/7333790
第18弾 にぼにぼ食堂 (あっさり煮干し中華そば) 
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/05/02/7300136
第17弾 青空食堂 (醬油ラーメン)  
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/04/02/7264883
第16弾 麺賊 無我夢中 (豚骨醤油) 
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/03/04/7237505
第15弾 七代目助屋 (安養寺ら~めん) 
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/02/02/7210490
第14弾 らあめんはち (あっさりエビ塩らあめん)    
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/01/22/7201698
第14弾 らあめんはち (支那そば(並))     
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/01/20/7199257
第13弾 麺屋よしつぐ (豚骨魚介あご)  
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2013/12/03/7090273
第12弾 扶桑 (宗田坦々麺)  
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2013/11/22/7065570
第12弾 扶桑 (宗田中華そば) 
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2013/11/06/7045357
第11弾 燕黒 (燕黒らあめん)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2013/10/03/6999580
第10弾 梅の家 燕 (基本(鶏ガラ+豚ガラの醤油味))   
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2013/09/03/6970481
第9弾 666 (鶏ダシの醤油そば)  
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2013/08/21/6953686
第9弾 666 (666の煮干醬油ラーメン)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2013/08/01/6930791
第8弾 あかつきNEO (王様中華そば)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2013/07/24/6917478
第8弾 あかつきNEO (冷やし中華) 
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2013/07/06/6891512
第7弾 江口家菊太郎 (濃厚鶏白湯つけそば)  
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2013/06/01/6831829
第6弾 寸八.怒寸屋流 炎の炒麺屋(炎の炒麺つけ卵付き) 
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2013/05/10/6806093
第5弾 麺喰野郎(ハルピンラーメン)(だしそば中盛り)  
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2013/04/07/6770929
第4弾 七代目助屋 (安養寺ラーメン) 
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2013/03/03/6736406
第3弾 よしつぐ亭一門 (上越とんこつらーめん)
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2013/02/02/6710406
第2弾 ゆいが蔵六 (中華そば) 
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2013/01/19/6695641
第1弾 きむずかし家 (鶏白湯ラーメン) 
 http://ahoodori.asablo.jp/blog/2012/12/22/6667293  


安曇野 田んぼアート「いだてん」@安曇野市豊科2019年06月25日 20:57

場所は安曇野市豊科「安曇野スイス村」の道路沿い
です。

       展望台の下には休憩スペースがあります。

                                         チケットの券売機。

大人一人300円。

                     NHK大河ドラマ「いだてん」で金栗四三を演じている
                     中村勘九郎さんの姿がくっきりと浮かび上がっています。
                     梅雨の合間の晴れの日でしたが、爽やかな風が吹き抜けて
                     います。

                                         休憩スペースには金栗四三を紹介する写真などが
                                         展示してあります。

田んぼアートに使用している稲などの紹介。

                   過去のイベントの紹介。

                                         田んぼアートの手順の紹介。

話は変わりますが、松本のラーメンの名店「しろがね」が安曇野スイス村で
展開していたセカンドブランド「くろがね」が、提供するラーメンを煮干し
由来に変更して「しろがね」として6月27日(木)にNEWオープンするそうです。

                                         豚骨ベースの「くろがね」も人気が有りましたが
                                         NEW「しろがね」も楽しみですね。
                                                       (画像は「らぁ麺しろがね」のHPより)



信州安曇野田んぼアート「いだてん」
https://www.azumino-e-tabi.net/sightseeingtop/tanboart





根曲がり竹の竹の子ご飯2019年06月21日 21:12

昨日の続きをUPします。
先日、地方局のTV番組の根曲がり竹特集で、地元の
竹採り名人が作っていた「竹の子ご飯」のレシピです。
すごく美味しそうだったし、根曲がり竹も手元にある
ので、記憶をたどりながら自己流で作ってみました。

太めの竹の子、約100gを使います。

                     節や固い部分を切り落とし、食べられる部分を
                     2㎜くらいの厚さに輪切りします。
                     薄く輪切りにするので、少々固くても大丈夫です。

                                        アルミホイルを二枚重ねにします。

お冷ご飯をお茶碗に軽く二杯ほど盛って平に広げて、

                     その上に切った竹の子を広げてのせます。

                                         バター20gを適当な大きさに切り分けて、

切ったバターを竹の子の上に適当にのせます。

                     醤油を適当に掛け回して、

                                        上から二枚重ねのアルミホイルで包み、折り目を
                                        しっかりと押さえます。

フライパンに入れて、中火で7~8分温めます。

                     バター風味の竹の子ご飯の出来上がりました。

                                        混ぜ合わせると「おこげ」が出来て、バター風味
                                        と共に美味しそうな醤油の香りが立っています。

                     根曲がり竹の竹の子ご飯と味噌汁の出来上がりです。
                     どちらも美味しくいただきました。


       竹採り名人と同じように「おこげ」を味わいたくて、アルミホイルで
   包み、フライパンで温めましたが電子レンジではどうでしょうか?
   こんな記事をみつけました。
       「電子レンジでアルミホイルは使用厳禁!」  
       https://www.olive-hitomawashi.com/living/2019/03/post-269.html
      
       旬の味、根曲がり竹の今シーズンのレポはこれが最後とします。
       来年を楽しみにしましょう。




根曲がり竹の味噌汁2019年06月20日 22:35

東筑摩郡生坂村産の根曲がり竹です。

                 約800gで 1,728円(税込)です。
                     今回は太くて軟らかい竹の子が手に入りました。

                                         マルハニチロのさば水煮缶200g 285円(税込)
                田内屋のもめん豆腐 220g 130円(税込)
                県産の玉ネギ 360g 41円(税込)

竹の子の頭を約3㎝ほどカッターで斜めに切り落とし、
根元から頭まで約1㎜くらいの深さで切り込みを入れ
ます。

        切り込みのアップ。            

                切り込みに親指の爪を入れ、左右に回しながら
                                         丁寧に皮を剥き、根元の固い部分を切り落とし
                              ます。
                                          (食べられる部分を多く残し、ビジュアル的にも
                                          綺麗に見せるために、これが一番手間がかかる
                                          作業です。)

約450gになりました。

                     今回は、約350gを味噌汁に使います。
                     (残りの100gについては明日ブログにUPします。)

                                         根元や節の固い部分を切り落とします。
                                         左、食べられる部分。右、捨てる部分。

食べられる部分は約200gになりました。

                     玉ネギを大きめにザクザクと切ります。

                                         皮を剥いたら約300g程になりました。

玉ネギと竹の子を鍋に入れ、

                     水を注いで火をつけ、

                                         煮立ったら火を止めてアクを取り除きます。

そこにサバ缶を汁ごといれて、食べやすい
大きさに身を崩し。

                     火を付けてひと煮立ちしたら、

                                         火を止めてアクを取ります。

次に、豆腐をスプーンで適当な大きさにすくい
ながら鍋に入れます。
(豆腐はあらかじめ、フィルムを切って水切りを
しておきます。)

                     味噌汁の具材が全部入りました。

                                         火を付けてひと煮立ちしたら、

火を止めてアクを取ります。

                     味噌を適量、溶かし込みます。

                                         これで全部の用意が整いました。

ひと煮立ちしたら火を止めて、

                     アクを取り除いたら出来上がりです。

             根曲がり竹の味噌汁が美味しく出来上がりました。





うろこ雲2019年06月18日 21:46

18日の午前9時頃の松本上空の雲です。
空一面に秋の象徴的な雲の「うろこ雲」で覆われて
いました。
梅雨の時期に、これだけ綺麗な「うろこ雲」を見ら
れるのは稀有の事なので思わず写真に撮りました。






    
         巻積雲の一種で、俗称「うろこ雲」「いわし雲」「さば雲」は
         どれも秋の季語となっています。
         低緯度から高緯度まで広い地域でほぼ年中見られますが、日本
         では秋は台風や移動性低気圧が多く近づくため特に多く見られ、
         秋の象徴的な雲とされています。
         天気予報によると、明日は午前中は曇りでお昼過ぎから雨になる
         ようで、明後日もぐずついた天気が続くようです。


網戸の張替え2019年06月17日 22:17

先日、NHKの「あさイチ」で網戸の張替えの放送がありました。
我が家の網戸も相当くたびれてきたので、放送を参考に張り替える
ことにしました。

丁度、いつも利用しているホームセンターが5%割引の日だったので
必要な品を買って張り替えました。

様々な仕様の網戸が有る中、基本(一番安い)の
網戸を買いました。
巾91㎝・長さ2m・網目巾0.84mmを3本。
 
                    張り替えた後の撮影なので一本は空になっていす。                 

                                         張替え用品一式。                                       
                                         この他にドライバーやカッター、ハサミなど、
                                         家にある道具を場面に応じて使い分けます。

それぞれの仕様です。

                     張り替えの手順と要領が書いてあるパンフレット
                     もいただきました。

                                         領収書です。

ワンオペで撮影が出来ないので、以下の画像は
NHKより拝借した張り替えの手順です。

                     その理由は、

                                         ローラーの出っ張りの大きい方を、網戸の内側に
                                         して溝を滑らせると張りが強くなります。

そして、

               また、

                                         ポイントは、

      

                    網の余った部分にハサミで切れ目を入れ、

                                        専用カッターで切り落とします。

綺麗に完成しました。

                     ついでにネジの調節やレールの掃除をします。

                                      初めての経験なので網が少したるんだり、切り口が
                                    雑だったりなど気になる部分もありますがマアマア
                                      の出来です。


          時間の関係で張替えは一枚しか出来なかったので、残りは暇を
          見てゆっくりとやる事とします。
          手順や要領が分かってきたので、次回はもっと上手に出来る事
          を期待しましょう。


根曲がり竹の味噌汁2019年06月15日 22:41

  毎日利用するスーパーで珍しく根曲がり竹を売っていたので買ってきました。
  今の時季、産直市場では珍しくありませんがスーパーで売っているのは本当に 
  珍しいことです。
  でも折角なのに、一把しか残っていなかったのは残念でした。

松本市奈川産の根曲がり竹 300g (378円 税込)
さば水煮缶 200g (301円 税込)
木綿豆腐 330g (107円 税込)
玉ネギ 350g (51円 税込)

                     カッターで竹の子の頭を3㎝ほど斜めに切り落とし、
                     皮を剥きやすいように根元から頭に向けて切り込み
                     を入れます。
                     親指の爪で皮を開き、左右に回しながら頭まで丁寧
                     に剥きます。            

                約170gくらいになりました。

節などの固くて食べられない部分を切り落とします。
食べられる部分を切る時は包丁がスッと軟らかく入り
ます。
左は食べられる部分、右は捨てる部分です。

                     食べられる部分は約100gになりました。

                                         玉ネギを適当な大きさに銀杏切りにします。

竹の子と玉ネギを鍋に入れて水を適量入れ、

                    ひと煮立ちしたら火を止めます。

                                         そこに、さばの水煮缶を

汁ごと入れて、身を食べ易い大きさにほぐしてから
ひと煮立ちさせます。

                     木綿豆腐はスプーンで適当な大きさにすくい、
                     鍋に入れ、

                                         ひと煮立ちしたら火を止めて、

味噌を適量溶かし込み、

                     ひと煮立ちさせたら出来上がりです。

                                         お椀に盛って「いただきま~す」


                今日も旬の味を美味しくいただきました。
                今シーズン中にもう一度いただけると嬉しいですね。