青原寺の大賀蓮@安曇野市穂高2016年07月21日 20:25

曹洞宗 安養山青原寺。


                    安養山青原寺は、永禄4年(1561年)6月に武田信玄に
                    攻められ落城切腹した小岩嶽城主である、小岩盛親・
                    盛康親子の菩提を弔う寺として建立されました。


              並木の参道と中門。


中門。


                    お地蔵さまと石碑。


                                        石仏と小さなお社。


山アジサイの花と本堂。


                    平成15年に再建した本堂。


                                        境内の山アジサイの花。


大賀蓮の池。
大賀蓮とは、昭和26年(1951年)に大賀一郎博士が、
古蓮の実を発掘し発芽させたもので大賀博士の名に
ちなみ「大賀蓮」と名づけられました。

特徴は花弁数が14~20枚の一重咲きで花芯は
黄色、花色は鮮やかなピンク色で大輪の花を次々
と咲かせます。































               花の命は2~3日ですが、次々と咲いていくので、
               もうしばらくは楽しめそうです。



  曹洞宗 安養山青原寺
    場    所      安曇野市穂高有明3461
    T   E  L      0263-83-2823




コメント

トラックバック