そば処 木鶏で「とうじそば」@東筑摩郡山形村2017年12月26日 21:52

お店。


                    右側を折り畳んでありますが「○○様」と私の
                    名前が書いてあります。
                   「 いいえ、私の方こそお世話になりました。」


                                        卓上の調味料など。


冬の限定。


                    一品料理、福島の珍味もあります。


                                        本日のデザート。



自家製の野沢菜漬け。


                   「シャモつみれとうじそば」と「とうじ篭」の話
                    http://ichigoichienococoro.naganoblog.jp/e1834503.html
                    左下から時計回りに野沢菜漬け、とうじ篭、スプーン、
                    (穴あきスプーンもあり)、お椀、箸。
                    本来は夜のコース料理ですが、我儘を言ってお昼に
                    単品でお願いしました。
                    註) 注文は二人前より


                                        カセットコンロがセットされました。


とうじそば(二人前)    (一人前1,944円 税込)
軍鶏ダシと鰹ダシの合わせスープに、具材はネギ、
短冊切りのニンジン、ダイコン、油揚げ、ゴボウの
ささがき、エノキが少々、軍鶏のむね肉が鍋の底に
沈んでいます。


                    野辺山高原産の十割手打ちそば(二人前)。


                                        取りやすい様にボッチ盛りになっています。


スープが沸騰したらボッチ盛りをとうじ篭に入れて
シャブシャブします。


                    具材と共にお椀に盛ってスプーンでスープを入れ
                    ます。

                                        テーブルの鈴ヶ沢南蛮を掛けると美味しさが増し
                                        ます。


そばをシャブシャブ。


                                        軍鶏肉はツミレではなく一口大のむね肉でした。


シャブシャブの繰り返し。
好みの温度に調節しながらシャブシャブが出来る
のがとうじそばの良いところです。


                                        軍鶏肉と野菜から出た出汁でスープは益々美味し
                                        くなり、ゴボウも柔らかく美味しくなりました。


最後に穴あきスプーンで残った具材を引き上げて、出汁の利いたスープにご飯を入れて軟らかくなるまで煮る。
ご飯が軟らかくなったらギタロウシャモの卵を掛け回して美味しい「おじや」を食べるのを楽しみにしていたのですが・・・。
残念ながら胃袋のキャパが貧弱なので「とうじそば」だけでギブアップ。
最後に複雑な味が混ざり合った出汁の「おじや」を食べられなかったのは本当に残念でした。


スープのそば湯割り。


                                        濃厚なそば湯。


デザートは別腹なので「そば茶ぷりん」を。
                                            (324円 税込)


                    そばの香りがほのかに香ります。
                    右のシロップは甘さ控えめでプリンを引き立てて
                  います。


                                         信州の伝統工芸「みすず細工」の女流工芸家、
                                         三浦吉恵さん作「とうじ篭とそば大ざる」です。
                                         女性の作品らしく繊細な感じがします。


鈴ヶ沢南蛮の一味唐辛子を頂きました(518円 税込)。
初めはピリッと辛いのですが、サッパリとして後に
残らない辛さは独特ですね。
辛さの後に微妙な甘さと旨味が感じられます。






                    お得なコース料理と飲み放題もあります。
                    これは基本的なコースなので、予算や好き嫌い
                    アレルギー等を伝えれば対応していただけます。
                                        (予約は2日前までにお願いします)



場      所       長野県東筑摩郡山形村5511-7
T  E L   0263-98-2099
営業時間       昼のみ営業:(火~日)  11:30~14:30 (Lo14:00)
                   昼夜営業:(木~土)18:00~21:00 (Lo20:30)
                         (昼・夜ともにそばが無くなり次第終了)
定  休 日       毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
                       (臨時休業あり、詳しくはHPをご覧ください)
席      数       カウンター4席・テーブル席4人用3卓・6人用1卓
                   個室(お座敷)6人用1卓





そば処 木鶏の過去トピ
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/12/21/8752466 (卵とじすんきそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/12/12/8747028 (すんきそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/12/05/8742604 (牡蠣つけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/11/10/8724760 (セロリの豚巻き)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/09/22/8681594 (鈴ヶ沢なす天そば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/07/29/8629385 (トマトみぞれそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/07/09/8617435 (トマトみぞれそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/06/06/8586979 (鰯のつみれつけ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/04/15/8482656 (アスパラ天ざる)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/03/10/8399732 (ふきみそかけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2017/02/24/8373970 (キタワセ寒風晒し)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/12/30/8298762 (年越しそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/12/09/8271260 (明太子あんかけ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/10/05/8214232 (なすの肉みそあん)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/08/26/8163483 (シャモつけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/06/23/8117533 (塩だれシャモかけ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/06/10/8108725 (塩だれシャモつけ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/05/26/8096365 (もりそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/04/10/8068798 (アスパラ天ざる)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/03/08/8042697 (もりそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/12/12/7947963 (ぎたろう軍鶏 水炊)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/11/10/7899010 (セロリ豚かけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/10/26/7870377  9月の当選者発表
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/10/21/7859519 (シャモつけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/10/07/7830397 (木鶏丼と小盛そば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/09/16/7794981 (さんまのつみれ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/08/27/7752570 (もりそばと木鶏丼)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/08/19/7736998 (夏の彩り香味そば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/07/15/7708085 (トマトみぞれそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/06/12/7667621 (夏カレーつけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/04/29/7623168 (アスパラ天ざる)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/04/12/7609923 (もりそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/03/12/7589347 (青のりかけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/02/19/7575796 (シャモ卵とじ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2015/01/21/7545810 (かけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/12/31/7528437 (年越しそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/12/18/7519342 (温しぐれシャモ)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/10/08/7453316 (大あさりつけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/10/01/7447587 (もりそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/08/30/7424960 (木鶏丼)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/06/08/7339771 (シャモつけそば)
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2014/04/22/7292022 (もりそば)


そば処 木鶏のHP  
http://ichigoichienococoro.com/


そば処 木鶏のfacebook   
https://ja-jp.facebook.com/sobadokoro.mokkei



「とうじ篭」の過去トピ
http://ahoodori.asablo.jp/blog/2016/02/24/8028025




コメント

トラックバック